「東京リベンジャーズ」稀咲はタイムリープしている?黒幕なのかについても

東京リベンジャーズの主人公花垣武道は、現在を変えるために何度もタイムリープをしています。

武道の人生唯一の彼女橘ヒナタを助けるために、過去に戻って会わなければならない人物は、佐野万次郎(マイキー)と稀咲鉄太。

この2人の出会いがなければ、ヒナタが生きている現在を作れるのです。

武道が過去に戻ってマイキーと稀咲と会ってみると、怪しいのは稀咲でした。

稀咲をマイキーから遠ざけ、ヒナタを救うことができるのでしょうか。

東京リベンジャーズの稀咲はタイムリープしているのか、また本当に黒幕なのかについてまとめました。

東京リベンジャーズ:稀咲鉄太はタイムリープしている?

稀咲とマイキーが出会わなければ、現在の東京卍會は出来上がっていないはず。

それならヒナタの運命も変わっているはずだと思えたのですが、どうだったでしょうか。

稀咲とマイキーが出会ってはいけない理由は?

稀咲とマイキーの出会いを阻止するというミッションの理由は、ヒナタが東京卍會の抗争に巻き込まれて死んだからです。

東京卍會のトップはマイキーと稀咲です。

稀咲とマイキーの出会いは東京卍會を大きくしてしまい、現在では警察の手に負えないほどになっているのです。

東京卍會は極悪非道なもので、抗争ばかりを繰り返し激化しているのでした。

この2人の出会いがなければ卍會の抗争は起こらず、ヒナタが抗争に巻き込まれて死ぬことを回避できるということ。

マイキーと出会うことに成功

武道はヒナタの弟のナオトを介して12年前にタイムリープしました。

タイムリープした先は12年前の喧嘩賭博の会場。

そこで奴隷として喧嘩をさせられていた武道は、マイキーと出会うことに成功します。

12年前の東卍はヤンキーではありますが、仲間を大事にする集団であり、現在とは違って東卍の名前を落とすようなことはしていませんでした。

武道が少し過去を変えたぐらいでは、現在の東卍幹部ぐらいしか変化はありません。

武道は現在と過去を行き来しながら、東卍を元に姿に戻そうとします。

タイムリープしてもヒナタを助けられない

現在の東卍のトップのマイキーが、12年前と変わったのはドラケンが死んだことがきっかけでした。

ドラケンはキレたマイキーに歯止めが出来、マイキーの間違いを正すことができる唯一の友人です。

武道はドラケンが死んだ日にタイムリープし、どうにかドラケンを助けることが出来ました。

ドラケンを助けた武道が現在に戻ると、ナオトから連絡がありヒナタは無事に生きているとのこと。

ヒナタに会えた武道は、2人話をしヒナタが今でも自分に好意を持っていることが判明します。

頭を落ち着かせたい武道は、一旦ヒナタから離れトイレへ。

ヒナタは武道を車の中で待っています。

トイレから戻った武道の視界に入ってきたのは、ヒナタが停車している車の後ろから猛烈なスピードで追突してくる車。

ヒナタはぺしゃんこになった車に挟まれ身動きできない状態です。

車は爆発炎上し、ヒナタはやはり死んでしまいました。

稀咲鉄太がヒナタを狙う理由

ヒナタの車に追突してきたのは武道の友達のあっくん。

あっくんは死に間際に「東卍のやつらは稀咲の言いなりで、稀咲が怖い」と言います。

武道が何度タイムリープをして過去を変えても、ヒナタは死ぬのです。

ヒナタが死ぬ原因は東卍の抗争ではなく、単に稀咲がヒナタを狙っていたから。

稀咲とヒナタは小学校時代の塾が一緒で、稀咲はヒナタのことが好きだったのです。

ヒナタは武道のことが好き。

勉強家でもある稀咲は武道のことを調べ、武道が日本一の不良を目指していることを知ります。

ヒナタの好みが不良だと思っていたんですね。

日本一の不良になる決意をした稀咲は、10年後東京卍會のトップになります。

日本一の不良になった稀咲は、ヒナタにプロポーズするのですが断られました。

稀咲はプライドを壊された腹いせにストーカーとなり、ヒナタを殺そうとします。

ヒナタの死因は卍會の抗争でも、事故でもなんでもいいのです。

ただ稀咲が振られた腹いせにヒナタを殺したいだけなのでした。

稀咲鉄太はタイムリープしている?

稀咲は過去にも未来にも武道の前に現れては、妨害を繰り返しています。

武道は稀咲も自分と同じようにタイムリープしているのでは?と思うようになりました。

関東事変のあと、稀咲はヒナタに対する気持ちを武道に言い逃走しようとしました。

武道は「もう二度とオマエを未来に返すワケにはいかねぇんだよ!!」と言います。

すると、稀咲は自分がタイムリーパーではないこと、そして自分が何者なのかを伝えようとしたその時、トラックに轢かれて死んでしまいました。

稀先鉄太はタイムリープをしていないということがわかりましたが、最後に伝えようとした「俺は・・」の続きが気になります。

東京リベンジャーズ:稀咲鉄太は本当に黒幕?

東京リベンジャーズの武道が正そうとしている世界を邪魔している黒幕は稀咲でしょうか?

稀咲鉄太は黒幕!

稀咲は武道のタイムリープをする件に関しては黒幕と言えます。

ヒナタを助ける目的は稀咲が死んだことで達成できたのです。

しかも稀咲はヒナタを殺すのに自分の手を汚さず、汚い手を使って他人に実行させるのですから、黒幕としか言いようがありません。

それに、武道が何度タイムリープして過去を変えようが、順応して必ずヒナタを殺すのですから、ヒナタに対する執着も恐ろしいものです。

稀咲鉄太の目的はヒナタだけじゃない

稀咲鉄太が黒幕だという理由は「ヒナタを殺し続ける人物」だけではありません。

稀咲は日本一の不良になるため、不良のことを調べた結果マイキーにたどり着きました。

最初はマイキーに心酔していたかのようでしたが、そのうちトップを狙うようになるにつれマイキーを憎み始めます。

ストーカー的要素がここでも発揮されていますね。

ですのでマイキーの大事にしているモノ全てを奪おうとしているのです。

橘ナオト黒幕説

武道が過去から戻り、ヒナタと12年ぶりに再会したとき、公園でばったり半間とすれ違いました。

公園に連れて行ったのはナオトです。

武道がトイレ行っている間にヒナタが車の運転席に乗っていて、武道を待っているところでした。

武道が車に戻ろうとしたとき、すれ違った半間が「あれ?車乗ってねーじゃん」と言ってすれ違います。

そして、ヒナタの車に突進していったあっくんも「なんでお前が乗ってねーんだ?」と言いました。

駐車場になぜ半間がいて、あっくんにヒナタ殺害の的確な指示が出せたのか不明ですが、公園に2人がいることを知っているのはナオトだけ。

ですのでナオト黒幕説が急浮上しました。

まとめ:「東京リベンジャーズ」稀咲はタイムリープしている?黒幕なのかについても

  • 武道がヒナタを救うにはマイキーと稀咲の出会いを食い止めないといけない
  • 武道が過去で出会ったマイキーは仲間を大事にする性格で現在の東卍からは想像できない
  • 武道が何度タイムリープしてもヒナタは殺されてしまう
  • ヒナタを殺し続けているのは稀咲鉄太
  • 稀咲鉄太はヒナタのことが好きだったがフラれてしまいストーカー化した
  • 武道は稀咲もタイムリーパーだと思っていたが実は違っていて、稀咲が何かを言おうとしたときにトラックに轢かれ死んでしまった
  • 稀咲はヒナタ殺害の黒幕で、マイキーの人生を狂わした黒幕でもある
  • 駐車場でヒナタが殺されたときの状況でナオト黒幕説が急浮上した

 

東京リベンジャーズが安く読める

東京卍リベンジャーズを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

東京卍リベンジャーズが安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です