映画東京リベンジャーズはグロいしえぐい?実写版の暴力シーンなど感想や口コミまとめ!

2021年9月に公開された映画「東京リベンジャーズ」。

ヤンキーや半グレ集団が主人公ということで、グロい・えぐい・暴力シーンなどが想像できますね。

グロい暴力シーンが苦手という方にとって、映画東京リベンジャーズはどうなんでしょうか。

楽しんで見れるのか、見ない方がいいのか感想や口コミをまとめてみました。

映画東京リベンジャーズはグロいしえぐいと言われる理由は暴力シーン?

映画東京リベンジャーズの大半は暴力シーンだと言っても過言ではありません。

主人公タケミチは過去のケンカが失敗でトラウマになり、逃げていた人生をやり直すつもりでタイムリープしています。

トラウマの原因を乗り越えるために暴力シーンは欠かせないのです。

実写版の暴力シーンがリアルでグロい

タケミチの過去は、他校に喧嘩を売りに行くようなヤンキー学生でした。

つまり最初から喧嘩シーン=暴力シーンなのです。 喧嘩相手が東卍という集団に入ってるキヨマサで、一方的にボコられるシーンがあります。

過激な暴力や流血が苦手な人は、この辺りでギブアップかもしれません。

また、喧嘩に負けてしまったあとはキヨマサの奴隷として喧嘩賭博に駆り出されてしまいます。

そして東卍とメビウスという2つの組織の抗争まで描かれており、映画のほとんどが暴力シーンと言えます。

思ったより暴力シーンがしっかり描かれていて、ナイフやバット、殴る蹴るのオンパレード。

思わず目をそむけたくなるようなグロさもありますね。

年齢制限PG12がつくほどグロい

映画東京リベンジャーズには「PG12」という年齢制限が設けられています。

  • PG12・・・12 歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要

確かに、数々の暴力シーンは子どもには刺激が強く感じ、恐怖を覚えてしまう子もいるかもしれません。

小学生に見せるのはちょっと厳しいかも。中学生でもどうかな、という感じです。

地上波で放送されるとなると、暴力シーンや流血シーンなどグロい場面は子どもには見せない方が良いかもしれませんね。

キャストがえぐい

映画東京リベンジャーズで「えぐい」と調べてみると、キャストがえぐいという声が多いです。

豪華キャスト過ぎてえぐいとのこと。例えば、

  • 主人公タケミチ・・・北村匠海
  • マイキー・・・・・吉沢亮
  • ドラケン・・・・山田裕貴
  • キヨマサ・・・・鈴木信之

など、イケメン俳優ばかりを約2時間半見ていられるわけです。

そしてヒロイン橘日向はめちゃくちゃ可愛いと評判の今田美桜。

全員が主役級のキャストが集められているってある意味えぐいですね!

俳優陣の演技がえぐい!

暴力シーンの迫力やグロさが際立って見えるのは俳優陣の演技が上手すぎるから!

演技が下手だったり躍動感がなかったり、自然な動きでなければ暴力シーンなんて成り立つわけがないですね。

マイキーのヤバさや、ドラケンの強さ、キヨマサの半グレ感など、中途半端な演技だったら見れたもんじゃない。

東京リベンジャーズがグロい、暴力シーンがひどいと言われる理由には演出の他、俳優陣の演技がえぐいのでしょう!

映画東京リベンジャーズ:ネットユーザーの感想や口コミまとめ!

映画東京リベンジャーズの口コミや感想をまとめてみました。

原作漫画を知らなくても楽しめる

映画東京リベンジャーズは原作漫画を知らなくても楽しめます。

タイムリープについても解説もしっかりあるし、タイムリープする目的もその都度明確にされています。

直人が出したミッションがクリアできるのか、という目線で見れるのです。

傷つきながらも1人で奮闘する姿や、友情のために体を張る姿などいつの間にか応援してしまいますね。

またハッピーエンドで終わるというのも良いのだと思われます。

暴力シーンが苦手な人にはおすすめ出来ない

映画東京リベンジャーズは先述しましたように、暴力シーンや流血シーンが多いです。

その上俳優陣の演技が上手とあって、思わず目を背けてしまうような描写もあります。

暴力シーンが苦手な人は、ノーカットのDVDや地上波放送など見ない方が良いと思われます。

苦手の度合いは人それぞれですが、苦手という時点で進んでみなくても良いのではないでしょうか。

タイムリープものだから見れた

ヤンキー・半グレ・暴力に興味がなくてもタイムリープものだったから映画を見た人も多いようです。

タイムリープものって過去を変えてやり直せるという魅力がありますね。

でも東京リベンジャーズの場合、1回1回のタイムリープがものすごく重要で、ミッションに失敗すると未来がさらに悪くなったり、死人まで出てしまう。

毎回のタイムリープすべてが見どころなため、最後まで気を抜かずに見ることができるようです。

中途半端な終わり方でガッカリ

原作漫画の東京リベンジャーズを読んでいる人からすると、映画版の終わり方が中途半端でガッカリするようです。

映画のラストでは、タケミチがミッションをクリアし橘日向が生存している世界に導いたように見えていましたが、原作漫画では9回目のタイムリープまでずっと死亡し続けています。

また、日向とタケミチを狙っている黒幕である稀咲がところどころに登場しているのに、これといった出番がありません。

まだ完結していない作品の映画化ですので、終わり方が難しいですよね。

まとめ:映画東京リベンジャーズはグロいしえぐい?暴力シーンなど感想や口コミまとめ!

  • 映画東京リベンジャーズは暴力シーンや流血シーンが多くてグロい
  • 年齢制限があるので小学生や中学生には少しキツイかもしれない場面がある
  • えぐいという口コミはキャストが豪華すぎるという声だった
  • 東京リベンジャーズは原作漫画を知らなくても楽しめる
  • 暴力シーンや流血シーンがあってもタイムリープものだったから違う視点で楽しめた
  • 原作漫画を知っている人からすると、終わり方が中途半端でガッカリしたとの声もある

 

東京リベンジャーズの漫画が安く読める!

東京卍リベンジャーズの漫画を読むのにおすすめなのはAmebaマンガ!

初回登録でもらえる100冊まで40%オフクーポンやお得なサービスを紹介しています。

東京卍リベンジャーズが安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です