東京リベンジャーズのドラケンは死亡?8月3日誰に刺されたのかについても

東京リベンジャーズに登場するドラケンこと龍宮寺堅は、8.3抗争と言われる8月3日に刺されて死亡してしまいます。

ドラケンが死亡してしまったのは、抗争の最中にナイフで刺されたからでした。

ドラケンが死んでしまったあとマイキーは闇落ちしてしまうため、何が何でもドラケンを助けないといけないのですが、タケミチはドラケン死亡を回避できるのでしょうか。

またドラケンが誰にさされたのかについてもまとめました。

東京リベンジャーズ:ドラケンは8月3日に抗争で死亡?

8月3日に行われた抗争は8.3抗争と言われ、タケミチがタイムリープをするようになって初めての大きな抗争です。

8月3日の抗争とは

東卍とメビウスが抗争する原因となったのは、東卍の参番隊長パーちんの親友とその彼女が、メビウスのメンバーから暴行を受けたり金銭的被害に遭ったからです。

親友の彼女に至っては心身ともに傷を負ってしまったので、社会復帰が危ぶまれるほどでした。

パーちんは、東卍の集会でメビウスとの抗争を望み、マイキーたち幹部がそれに応える形で起こった抗争です。

タイムリープ前のドラケンは8月3日に死亡している

タケミチがタイムリープする前の世界では、ドラケンは8.3抗争中に刺されて死亡しています。

ドラケンがいなくなったため、稀咲が東卍の№2になり、現代で警察も手を付けられない凶悪な半グレ集団になってしまいました。

直人がマイキーと稀咲の出会いを止めてくれ、と言った理由ですね。

出会いを止めるには、ドラケンの死亡を阻止する必要があるのです。

背後から刺されて死亡?

8.3抗争は、メビウスの稀咲がドラケンを殺すために仕向けた抗争で、ドラケンが死ぬことを知っているタケミチは抗争を止めるように説得しますが、意見が通りませんでした。

ドラケンやマイキーが話し合っているとき、メビウスの長内たちが奇襲をかけてきます。

最初はパーちんが親友の敵討ちのため、長内に挑みますが歯が立たずマイキーの出番となります。

マイキーは長内を1発の蹴りで倒し、メビウスを東卍の配下にすることを宣言。

あっさりと抗争が終わったかのように見えました。

ところが、火種はまだ残っており、ドラケンに不満を持つものやメビウスの残党が手を組み、大きな抗争に発展しました。

大乱闘で混乱する中、ドラケンは背後から刺されて倒れてしまいました。

ドラケンが刺されて死亡することを知っていたタケミチは、すぐにドラケンに駆け寄りますが生存しているかわからない状態です。

しばらくするとドラケンが息を吹き返したので、死亡には至りませんでした。

東京リベンジャーズ:ドラケンは8月3日誰に刺された?

ドラケンを刺したのは元東卍のキヨマサです。

タケミチがキヨマサを倒す

ドラケンを刺したのは、元東卍三番隊に所属していたキヨマサです。

キヨマサは物語の冒頭で喧嘩賭博を開催していた人物。

喧嘩賭博は、東卍の名前を落とす行為として咎められ、ドラケンから東卍を追い出されていたのです。

ドラケンに逆恨みをして刺したということになります。

*現代のドラケンはこの傷が致命傷となって死亡。

タケミチはドラケンを背負って病院へ運ぼうとしますが、そこへキヨマサが現れタケミチと喧嘩賭博のタイマンの続きをすることになりました。

負けるわけにはいかないタケミチは、キヨマサに必死でくらいつき倒しています。

手術は成功して死亡回避!

キヨマサを倒したあと、病院に運ばれたドラケンは緊急手術をすることになりました。

一時は心肺停止状態に陥ってしまいましたが、手術は無事に成功します。

手術終了時、0時を過ぎて8月4日になっていましたので、ドラケン死亡は完全回避したということになります!

ただ、抗争を仕組んだ稀咲がいる限り、ドラケンには「死亡」がつきまといます。

死刑囚になったり、銃殺されたりと何度か死亡していますが、東京リベンジャーズにおいてドラケン死亡のまま物語が終了なんてあり得ないでしょうから、死亡しても復活してくれると思っています。

まとめ:東京リベンジャーズのドラケンは死亡?8月3日誰に刺されたのかについても

  • 現代のドラケンは8月3日のメビウスとの抗争時に刺されて死亡している
  • メビウスと抗争が起きるように仕向けたのは稀咲
  • メビウスの長内を仕留めたマイキーはメビウスを東卍の傘下にすると発表
  • 納得いかないメビウスメンバーと反ドラケンが手を組んだ結果8.3抗争に発展した
  • 大乱闘の中、ドラケンは背後から刺されて大けがを負ってしまう
  • 緊急手術が無事に成功したドラケンの死亡は回避できた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です