「蜘蛛ですがなにか」転生者のスキルとは?n%I=Wについて解説!

蜘蛛ですがなにかの転生者たちは、生まれながらにして特別なスキルを持っています。

その中でも「n%I=W」というのは、転生者自身も一体何なのかわかっていないスキルのようです。

ですが「n%I=W」は、転生者にとってなくてはならない大事なスキルということが判明!

蜘蛛ですがなにかの転生者のスキル「n%I=W」についてまとめました。

蜘蛛ですがなにか:転生者のスキルとは?

転生者はシステムに支配された異世界の、人族と魔族の戦いの力に巻き込まれ「若葉姫色」がいたクラス全員が死亡しました。

転生者は特別なスキルを持っている

システムが起こした事故のせいで、教室にいた先生と生徒は死亡してしまい、全員異世界で生まれ変わることになりました。

転生者たちは生まれ変わったと同時に、過去の記憶と特別な能力を持っています。

過去の記憶を持って生まれたという点だけでも、かなり大きな能力です。

赤ん坊でありながら中身は高校生なので、言葉を理解するスピードや、魔法の説明を理解する頭脳が残っています。

またシュレインが初めて鑑定したときに驚かれたのが、スキルポイントがレベル1で10万ポイントもありました。

スキルポイントはレベルアップしなければ手に入らないものなので、初鑑定時にポイントがあるという時点で異常なのでした。

名前転生前の名前特典スキル備考
主人公「私」なし韋駄天ステータス向上スキル
ソフィア・ケレン根岸彰子吸血鬼
ラース笹島京也武器錬成MPを消費し武器を生み出す
シュレイン山田俊輔天の加護あらゆる状況で自身の望む結果が得られやすくなる
ユーゴー夏目健吾帝王
サジン草間忍忍者発生させた分身と瞬時に本体の位置を入れ替えるなど各種忍術が使える
カティア大島叶多転換
フェイルーン漆原美麗地竜
フィリメス岡崎香奈美生徒名簿生徒の過去・現在・未来が見られる

転生者全員が強いわけではない

生まれながらにして特別なスキルを与えられている転生者ですが、生まれた環境によって差が開いていきました。

シュレインやカティア、ユーゴーたちは侯爵令嬢や、王子という立場ですので最初から最低限の剣の扱いや魔法の練習をしていました。

ですので経験値を積み順調にレベルアップすることが出来ました。

ところが、エルフに転生した先生ことフィリメスのスキル「生徒名簿」に載っていた死亡間近の生徒たちは、エルフの里に隔離されていたため、特に能力を伸ばすことが出来ず成長します。

また、魔王軍側についたソフィア(吸血鬼)やラース(鬼人)は、魔王軍で英才教育を受けたこともあり、転生者の中でも1,2を争う強さに成長しています。

与えられたスキルを活かせる環境と、何に生まれ変わったのかでかなりの差がでるようです。

蜘蛛ですがなにか:転生者に「n%I=W」が与えられている理由

生まれ変わった環境や種族は違っても「n%I=W」が備わっているのは、みんな同じようです。

転生者に「n%I=W」が与えられているのには理由がありそうです。

「n%I=W」はシステムで生きるために必要なスキル

「n%I=W」は転生者とシステムをつなげるスキル。

本来であれば、地球上で死んだ転生者たちは、地球上で輪廻を繰り返すはずだったのです。

ところが、転生者の魂を無理やり異世界のシステムの中に押し込め、第二の人生を始めさせたのです。

転生者はあくまでもシステムの世界の客人扱いとうことですね。

転生者が生まれ変わった異世界は、スキルやステータスといったものが備わっているのが当たり前の世界。

「n%I=W」がなければ、転生者たちはまったく無防備なただの人間で弱者になります。

その弱さは子供にも殴り負けしてしまうほどなのだとか。

「n%I=W」というのは転生者を異世界で生きるために補助するスキルということです。

「n%I=W」のせいで地球に帰れない?

エルフの里を制圧したあと、ソフィア(根岸彰子)は、元クラスメイトを集めて今までの経緯を説明しました。

そして説明会の最後に「帰りたいなら地球に帰ればいいんじゃない?できるでしょ?」と言います。

ですが転生者は「n%I=W」のスキルがあるため、地球に帰ることは出来ません。

n%I=Wのスキルは、転生者を世界のシステムに紐づけるというもの。

スキル=魂に付随したもので、n%I=Wは転生者とシステムをつなぐ架け橋なので、切断することはできません。

ですので転生者をシステムがあるこの星から連れ出すことはできないのです。

スキルを奪うスキルでも残る「n%I=W」

転生者が地球に帰るには、システムが崩壊するか、「n%I=W」を失うか、ということになります。

ユーゴーが学園でシュレインを暗殺しようとしたとき、フィリメスにスキルの力を奪われました。

ところが「n%I=W」のスキルだけは残っていたのです。

ということは転生者から「n%I=W」を無くすというのはムリだということになります。

転生者から「n%I=W」がなくなるのは死んだときだけなのでした。

まとめ:「蜘蛛ですがなにか」転生者のスキルとは?n%I=Wについて解説!

  • 「n%I=W」が転生者に与えられているのは、システムの世界で生きるための補助スキル
  • 転生者は最初から現地人よりもスキルポイントが高く与えられている
  • 転生者がレベルアップできるかどうかは、生まれた環境によって大きな差ができる
  • 転生者は「n%I=W」があるため地球に帰ることが出来ず、死なないと「n%I=W」は消えない

 

蜘蛛ですがなにか?が安く読める

蜘蛛ですがなにか?を50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

蜘蛛ですがなにか?が安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です