ただ離婚してないだけのドラマは原作漫画と違う!結末や終わり方を考察!

テレビ東京で放送されているドラマ「ただ離婚してないだけ」

このドラマはただ離婚していないだけの状態の夫婦が、夫の不倫をきっかけに最悪の事態を呼んでしまうというサスペンスです。

原作は本田優貴さん作の漫画です。

ところがドラマが始まってみると、原作とは設定が違うところが見られるようです。

ただ離婚してないだけのドラマと原作漫画の違うところと、結末や終わり方を考察していきます。

ただ離婚してないだけ:ドラマと原作が違うところは主人公のキャラ

ドラマが始まってからの口コミを見てみると、原作漫画とドラマの違うところは、主人公正隆夫婦のキャラ。

かなり違う設定になっています。

原作漫画ドラマ
・正隆が普通の男
・浮気は萌だけ
・萌に対して優しい
・自分から堕胎を迫らない
・正隆がモラハラすぎ
・萌以外に浮気相手がいる
・萌に対してキツイ
・堕胎を迫る
・雪映が正隆よりしっかりしている
・子供はすでに諦めている
・雪映がおとなしい
・不妊治療中
・浮気シーンはあっても濡れ場はない・濡れ場がガッツリ
萌を殺したあと警察に通報しようとしたのは正隆で雪映は普段通りに生活することを希望する普段通りに過ごすように正隆が雪映に命じる

主人公柿野正隆のキャラが違う

「ただ離婚してないだけ」の原作漫画の主人公正隆のキャラは、普通のどこにでもいるような男性です。

正隆は妻雪映(ゆきえ)と結婚7年目で子供がいません。

夫婦の会話がないことからストレスが溜まっている状態です。

ストレス解消のために不倫をしている、という他、特に目立つところがない普通の男性なのです。

正隆は不倫に対して「悪いことをしている」という自覚はあるようで、妻のゆきえにお金の使いどころを指摘されドキドキしています。

ところがドラマの正隆は、怒鳴ったり不貞腐れたりとかなり暴力的な様子。

原作漫画の正隆はゆきえや萌に対して、声を荒げるような性格ではありません。

また、ドラマの正隆は子どもがいらない人だと思わせるようなシーンがありました。

原作の正隆は、子供ができた萌の相談にのったり、雪映の妊娠が発覚したときにはありがとう、と言ったりするような人です。

そして不倫相手が萌だけではないような描写もありました。

ドラマ版の正隆は、とことんクズなのです。

 

妻雪映(ゆきえ)のキャラが違う

そもそも原作漫画では正隆と雪映は、過去に不妊治療の末に流産しており、それをきっかけに夫婦の距離が離れていったのです。

ですがドラマでの雪映は不妊治療を続けています。

雪映は正隆との間に子どもを作ることで、夫婦の繋がりを保とうとしているように見えました。

原作漫画のゆきえは、正隆にすがるような性格ではなく、しっかりと自立している女性です。

正隆が萌を殺してしまい動揺しているときも、ゆきえは冷静に死体処理を正隆に指示します。

ドラマ冒頭で殺人後雪映が号泣シーンがありましたが、原作では号泣などしないのです。

雪映のキャラも原作とは違っていて、少しがっかりしました。

今後の展開で正隆が殺人を犯してから、雪映の怖さが発揮されるのを期待します。

 

濡れ場がいらない

ドラマ版のただ離婚してないだけの口コミを見ると濡れ場がいらないという声が多く見られます。

原作では濡れ場はなく、不倫関係があるんだな、とわかる程度の描写。

しかも不倫相手は萌だけだったはずなのに、予告では正隆が萌とは別の女性と関係があるかのようなシーンがあるようです。

登場人物が同じで、萌や佐野という人物が正隆のトラブルに巻き込まれるのは同じでも、主人公正隆のキャラが違うと、別物のドラマのような感じがします。

濡れ場に時間を割かないでほしかったですね。

 

普通の人が選択を間違えるのが原作の面白さ

ただ離婚してないだけの怖さと面白さは、どこにでもいる普通の人が自分のエゴのために殺人を犯し、罪を重ねていくところだと思います。

原作5巻の「ifの物語」では、正隆がもし殺人をしなかったら、という物語が描かれています。

ですので、普通のどこにでもいるような人物が殺人を犯してしまう、ところが良かったのです。

ところが主人公正隆が暴力的だと、いかにも「カッとなって殺してしまう」というのが連想されます。

正隆が暴力的で陰気で怖い、こいつならきっと邪魔になった萌ちゃん殺しちゃうよね、という描かれ方では面白さが半減しますね。

ヘタレと言われている正隆と、学校の先生をしている妻ゆきえが、まさか殺人をして自主しない選択をする、そして罪を重ねるという、人間の怖さを描いてもらいたかったです。

 

ただ離婚してないだけ:結末や終わり方はどうなるのか考察

原作漫画の結末は、正隆が警察に捕まり雪映は知らないフリをします。ドラマ版の結末はどのような終わり方をするのでしょうか。

原作漫画の結末と終わり方

原作では萌を夫婦で殺害し、その後行方不明になった萌を探しに柿野家にやってきた佐野を監禁。

ついには佐野も殺して自宅に埋めてしまいます。

そして事件から数年、正隆夫婦は事件後に生まれた子供と一緒に「幸せな家族」になっています。

ところが、萌の足取りを追っていた警察が正隆の元にやって来て、正隆はその場で崩れるように自白しました。

その場に居合わせた雪映は、子供の未来を守るため自分はまったく知らないという素振りを見せるのです。

そしてうなだれる正隆を涙目で見ながら「あなたその子を知ってるの?」と聞きます。

それはまるで「そもそも不倫をした正隆のせいなんだから、1人で罪を被って警察に行け」と言わんばかりでした。

ドラマの結末は正隆が雪映を守る?

現段階のドラマ版の雪映には、正隆を突き放すような怖さやしたたかさを感じることはありません。

正隆が自分から罪を被り、雪映を守るという展開になるのではないでしょうか。

今まで不倫をし、暴言やモラハラしてきた自分を反省し、雪映を巻き込むわけにはいかないということで、自分から「僕1人でやりました」って言いそう

とことんクズに仕立て上げた正隆を、最後は良いところもあったんだという部分を見せるのかもしれませんね。

正隆が悪いのはもちろんですが、本当は雪映も怖いという「人間の内面の怖さ」が描かれてほしいです。

まとめ:ただ離婚してないだけのドラマは原作漫画と違う!結末や終わり方を考察!

  • ドラマ「ただ離婚してないだけ」は原作と主人公のキャラがかなり違う
  • ドラマは主人公正隆をとことんクズにしている
  • ドラマの雪映から現段階では怖さやしたたかさを感じない
  • 原作の「普通の人が選択を誤り道を踏み外していく」様子が描かれて欲しかった
  • ドラマ版の結末がどういう終わり方をするのか期待

 

ただ離婚してないだけが安く読める!

ただ離婚してないだけを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

ただ離婚してないだけを安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です