「蜘蛛ですがなにか?」ユリウスは死亡する?人魔対戦のエピソードについて

蜘蛛ですがなにか?に出てくる転生者、シュレイン王子の兄は勇者ユリウスです。

シュレイン王子にとって、兄のユリウスは強くて優しい尊敬する存在。

ユリウスは冒険者なので戦いから逃げることはできません。

魔族との戦いで生き残ることができるのでしょうか。

ユリウスが死亡するのか、人魔対戦でのエピソードについてもまとめました。

蜘蛛ですがなにか?:ユリウスは死亡する?

ユリウスは人族最強の勇者ですが、残念ながら人魔対戦で死亡してしまいます。

ユリウスは勇者として人魔対戦に参加

人族と魔族は昔から宿敵同士。

しばらくの間、小さないざこざはあったけれど、大きな戦いにはなっていませんでした。

ところが、魔族に動きがあり明日にはユリウスたちがいる領域に侵入してくるとのこと。

ユリウスは人族最強の勇者として人魔対戦に参加します。

先代の勇者が亡くなってから、戦いばかりしてきましたが、これほどの規模の戦いは初めてです。

ユリウスだけでなく、今回ほどの戦いの規模を知っている人族はほとんどいないのです。

比べて魔族は長命な生き物ですから、前回の経験を知る魔族が今回の戦いの中にいるかもしれません。

ユリウスは経験の差が戦いにどのような影響が出るか心配でしたが、勇者である自分が不安を口にだしてはいけないと思っていました。

魔族ブロウ討伐に成功

ユリウスたちは魔族軍を討ち取りながら、大将格の魔族まで行こうとしています。

そのとき魔族第7団長のブロウが勝負を挑んできました。

ブロウとの戦いはユリウスを本気にさせ、聖光の力を何度も使いました。

ブロウは血を流し倒れますが、何度も回復の魔法を使って立ち上がります。

ですが回復の力が途切れたときがブロウの最期でした。

魔王の目的は勇者を倒すこと。

魔王はブロウがユリウスに倒されるだろうと予測し、白を送り込んでいました。

「白ちゃんがいる限り勇者が生きて帰ることはない。絶対に」だそうです。

ユリウスは何の抵抗もできずに死亡

第7団長のブロウを倒すことに成功したユリウスたちでしたが、その直後に現れた白い少女。

白い少女はゆっくりとユリウスに近づきます。

ユリウスは焦りながら、そして仲間を庇うように移動しました。

次の瞬間、ユリウスは塵になって消えました。

ユリウスは人族最強の勇者でしたが、何の抵抗もできずに一瞬にして死んでしまったのです。

ハイリンスはユリウスを死に追いやった攻撃は、腐食攻撃ではないかと言っています。

人魔対戦のエピソードについて

ユリウスはハイリンスに不死鳥の羽を渡していた

シュンの元に、ハイリンスがやってきました。

ハイリンスはシュンの顔を見るなり「すまなかった」と言って土下座をします。

本来ならば、死んでいたのはハイリンスの方で、ユリウスは助かっていたのだと言います。

ハイリンスはボロボロになった赤い羽根を差し出し、シュンに見せました。

赤い羽根はユリウスが持っていた不死鳥の羽です。

不死鳥の羽は所有者に一時的に不死の効果を与えるアイテム。

ユリウスは、自分は勇者でハイリンスは勇者を守る盾の役割。

なので、ハイリンスの方が危険だからといって、ハイリンスに不死鳥の羽を渡していたのです。

ユリウスが首に巻いていた首巻を持ち帰る

ユリウスは腐食攻撃を受けて死んでしまいました。腐食攻撃を受けると塵になるのは体だけ。

ハイリンスはユリウスがいつも身に着けていた首巻をシュンに持ち帰りました。

首巻は亡くなったユリウスの母親が、クイーンタラテクトの糸で編んだ首巻で、ユリウスへの最後のプレゼントでした。

まとめ:「蜘蛛ですがなにか?」ユリウスは死亡する?人魔対戦のエピソードについて

  • 人魔対戦にユリウスは勇者として参加する
  • ユリウスは魔族第7団長のブロウを討伐するのに成功した
  • ブロウを討伐したあと白と呼ばれる少女がでてきてユリウスは何もできずに消滅した
  • ユリウスは不死鳥の羽をハイリンスに渡していた
  • ハイリンスはユリウスが身に着けていた首巻を持ち帰った
  • 魔王は勇者を倒すのが目的だとしてブロウの軍隊に白を入れていた

 

蜘蛛ですがなにか?が安く読める

蜘蛛ですがなにか?を50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

蜘蛛ですがなにか?が安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

関連記事はこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

らのすぽ!『蜘蛛ですが、なにか?』トートバッグ[KADOKAWA]《発売済・在庫品》
価格:1980円(税込、送料別) (2021/6/6時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です