「蜘蛛ですが、なにか?」ソフィアの正体とは?強さや能力についても

蜘蛛ですが、なにか?に登場するソフィア・ケレン

ソフィア・ケレンと主人公の初めての出会いは、両親が何者かに襲われているとき。

主人公がソフィアの両親を助け、まだ赤ちゃんだったソフィアと主人公が対面します。

ジッと主人公を見つめる赤ちゃんソフィアの目が印象的でした。

この赤ちゃんは何者なんだ?

ただ者ではなかったソフィアの正体と能力についてまとめました。

蜘蛛ですが、なにか:ソフィアの正体とは?

ソフィア・ケレンはサリエーラ国のケレン領の領主の娘として転生しました。

ソフィアの正体は転生者

ソフィアの正体は転生前の主人公とともにクラスにいた転生者で名前は根岸彰子。

前世の根岸彰子は、超がつくほど細身の体に青白い肌、そして長い犬歯があることから不気味がられ、リアルホラー子と言われていました。

容姿に自身が持てず、暗い性格となりクラスでも少し浮いた存在でした。

転生したあとは美貌に恵まれ、良家の娘に生まれます。が、戦争に巻き込まれ家と両親を亡くしてしまうのです。

ソフィアは吸血鬼として転生した

ソフィアは転生時「吸血鬼の始祖」として生まれます。(両親は普通の人)

ステータスは不明です。

戦争で両親を失い、自身も殺されかけたところ、主人公とアリエルによって助けられます。

その後アリエルや主人公と行動を共にする際に、戦闘の英才教育を受け幼少の頃からステータスをぐんぐん伸ばしていきました。

性格は自己顕示欲が強く、相手によって態度を変えるという子どもっぽさがあります。

ソフィアの吸血鬼としての能力について

ソフィアは主人公に英才教育を受けて強くなっていますから、主人公側についている人物ですね。

転生者の中で一番強い?

ソフィアの強さは転生者の中では、主人公を除いて一番強いです。

戦闘では神話級の魔物フェンリルの爪から作られた剣を使い、水と氷の魔法を操ります。

ソフィアは管理者dの計らいで吸血鬼の弱点と言われるものをすべて克服していました。

幼少期から徹底的に仕込まれた訓練で、見た目の幼さからは想像できない強さです。

ソフィアのスキル

ソフィアが持っているスキルは

  • 嫉妬・・・相手のスキルを封印
  • 天鱗・・・肌に鱗のようなものができ防御力を上げながら相手の魔法を封じます

よって、ほとんどの魔法がソフィアには効きません。

吸血鬼としての能力は、吸血鬼独特の不死があり、HP0になっても1日1回生き残ることができます。

自分の血を水魔法と組み合わせ、酸攻撃で相手を溶かすこともできる能力があります。

まとめ:蜘蛛ですが、なにか?ソフィアの正体や能力について

  • ソフィアは転生者で人間のときの名前は根岸彰子
  • 根岸彰子は容姿にコンプレックスがあり、クラスでも根暗で孤立していた
  • 根岸彰子はソフィアとして転生し、dの計らいで吸血鬼の始祖となっている
  • 吸血鬼の弱点と言われるモノを克服していて、同時に幼少期から主人公たちによる英才教育を受けているため、転生者では主人公の次に強い
  • ソフィアは嫉妬のスキルがあるため、相手の魔法はほとんど効かない
  • 吸血鬼の能力で死ぬこともない

 

蜘蛛ですがなにか?が安く読める

蜘蛛ですがなにか?を50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

蜘蛛ですがなにか?が安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

関連記事はこちら

 

 

 

 

2件のコメント

なろう が連載止まっていて 楽しみが減っていたので
楽しく拝読いたしました。
後期のOP、勇者山田が、さも主人公面しているので
腹立たしい限りですわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です