名探偵コナン羽田浩司殺人事件を考察!何巻で読めるのかについても

名探偵コナンの黒の組織の№2と言われている「RUM」の正体が、いろは寿司の脇田兼則だということが確定しました!

黒の組織がどんどんコナンに近づいて来ています。

脇田兼則を知ろうとすると、欠かせないのが17年前に起こった羽田浩司殺人事件です。

羽田浩司殺人事件はRUMが抜かった仕事だとジンが話していました。

羽田浩司殺人事件とはどんな事件だったのか、今後どんな展開を見せるのか考察します。

また羽田浩司殺人事件が何巻で読めるのかについてまとめました。

名探偵コナン:羽田浩司殺人事件を考察!

羽田浩司殺人事件を考察するには、まず羽田浩司とは何者だったのかも振り返ります。

羽田浩司についてわかっていること

羽田浩司について
  • 羽田浩司という人物は将棋の棋士で、7冠に最も近いと言われた棋士
  • 17年前当時は4冠。
  • 羽田浩司の父親と赤井務武(赤井秀一の父親)は知り合いだった
  • 黒の組織の死亡リストでは、工藤新一の2つ下に羽田浩司の名前が記されている
  • 羽田秀吉の義兄
  • アポトキシン4869で殺された

羽田浩司は17年前に趣味のチェスの大会に出場するためにアメリカに行っていました。

アメリカで滞在していたホテルで何者かによって殺されてしまうのです。

羽田浩司が殺された理由を考察

羽田浩司が何者に殺されたのか、なぜ殺されたのかはまだ明らかにされていません。

羽田浩司が殺されたのは、アマンダ・ヒューズという人物が関係しているようです。

アマンダ・ヒューズはアメリカへチェスの大会が行われるホテルに滞在していました。

アマンダは羽田浩司の大ファンで、羽田浩司とも顔見知りでした。

羽田浩司は、ホテルの部屋でアマンダ・ヒューズと会っていた形跡があり、お茶をしていたようです。

ですがそのアマンダも殺されており、羽田浩司が殺されたのはアマンダ・ヒューズが殺害されるのを目撃したからなのではないか、とされています。

アマンダ・ヒューズが殺されたのは?

アマンダ・ヒューズという人物は、FBIやCIAにコネがある人物だったようで、黒の組織にとっては邪魔な存在だったようです。

アマンダの部屋と羽田浩司の部屋の違い

アマンダ・ヒューズが殺された部屋は、間違いなく黒の組織の犯行だと思えるほど、部屋が全くあらされていませんでした。

黒の組織の犯行は、灰原哀がよく言っているように全く痕跡を残しません。

組織は元々アマンダ・ヒューズを抹殺する目的があったため、計画通りの犯行だったのではないでしょうか。

一方で羽田浩司の部屋というのは、荒れ放題であり、羽田浩司の遺体にも抵抗したあとが残っていたりと、行き当たりばったり感があったようです。

そして羽田浩司は暗号と思われるものを残していました。

羽田浩司が残した暗号は組織の人間の名前

ホテルで手に入れた手鏡には「PUT ON MASCARA」の文字が入っており、羽田浩司は手鏡を割る事で暗号を作りました。

羽田浩司が手鏡を割って残した文字は「P・T・O・N」

「PUT ON MASCARA」から「P・T・O・N」を除くと、「UMASCARA」

「UMASCARA」からアマンダの秘書の名前「ASACA」を除くと「UMR」

「UMR」を並び替えると「RUM」になるのです。

羽田浩司を殺害したのは黒の組織の№2RUMだと思われます。

羽田浩司の部屋が散らかっていたのは、組織の連中に暗号だとバレないようにするために、羽田浩司が散らかした、とも言えます。

羽田浩司が残したダイイングメッセージには他の名前もあった!

後に、羽田浩司が残したダイイングメッセージは、「RUM」という名前だけでなかったことが判明!

コナンの父親工藤優作と赤井秀一が話した結果「UMASCARA」は、ラムと浅香ではなく、

黒の組織の№1である烏丸蓮耶の「KARASUMA」ではないかとのこと!

アマンダの秘書浅香は失踪中

アマンダはアメリカへくるときに浅香というボディガードと一緒に来ていました。

浅香というボディガードは、アマンダ・ヒューズと羽田浩司が殺されたあと、行方不明になっています。

警察は重要参考人として行方を追っていますが、現在も行方不明中。

RUM候補は脇田兼則と若狭先生でしたが、RUMが脇田兼則と確定したことで、若狭先生がRUMと言う説は消えました。

ということは、いつも将棋の駒を持ち歩いている若狭先生が浅香という人物ではないでしょうか。

若狭先生の右目の負傷は、RUMと対決したときのものではないかと思われます。

羽田浩司事件はRUMが抜かった仕事

あるとき羽田浩司の霊を呼びだし、事件の真相を解決するというテレビ番組に毛利小五郎がゲストで呼ばれました。

ところが、霊媒師はテレビ収録の前に殺されてしまいました。

降霊術師の死を知った人とウォッカは、羽田浩司の事件について「RUMが抜かった仕事」だと言います。

黒の組織の仕事は「形跡を残すことなく処理をする」です。

羽田浩司の殺害現場には、羽田浩司が頭から血を流している写真があったり、部屋が散らかっていたり、殺人事件のあとFBIの赤井務武が動きだしたりと、組織の仕事にしては抜かりだらけです。

そして、ラムが羽田浩司殺人事件で抜かったのは、以上のことだけではないようです。

ラム(脇田兼則)は、いろは寿司でのコナンとの会話で、「在るべき物がなくなると気になる、例えば将棋の駒とか」と、コナンに打診しているシーンがあります。

ラムの抜かった仕事には、将棋の駒が大きく関係していると思われます。

将棋の駒は若狭先生が持っている

ラムが探している?将棋の駒というのは、羽田浩司が生前お守りにしていた将棋の駒のことだと思われます。

殺害現場から将棋の角の駒が1つ無くなっているのです。

ラムは17年間も羽田浩司の角の駒を探しているということになります。

今のところラムにとって角の駒が何を意味するのかは、明らかにされていませんが、角の駒を持っているのはコナンの学校の先生、若狭先生のようです。

若狭先生のズボンのポケットに将棋の駒だと思われる描写がありました。

若狭先生の様子から、羽田浩司事件を知ってはいるものの記憶をなくしていると思われます。

今後若狭先生が記憶を取り戻していくにつて、将棋の駒とラム、若狭先生とのつながりなど、羽田浩司事件の真相が明らかになっていくのでしょう。

羽田浩司事件に赤井秀一が関わる理由

羽田浩司事件を追いかけているのはコナンだけではありません。

赤井秀一も羽田浩司殺人事件を追いかけています。

羽田浩司の父親と赤井秀一の父親は元々知り合いだったため、羽田浩司が殺されたあと、羽田浩司の父親が赤井務武に事件の真相を依頼していたのです。

赤井務武が事件の真相を調べているうちに、大きな組織(黒の組織)が関わっていることがわかりました。

危険を感じた赤井務武は、家族を日本へ避難させます。(当時赤井秀一はまだ一般人)

そして羽田浩司事件を調べていた赤井務武は組織によって殺害され死亡したとされています。

ですので赤井秀一は、父親の死を突き止めるため=羽田浩司事件を解決するべくFBIに入ったのです。

赤井秀一もコナン同様に、羽田浩司の暗号解読に成功していますが、RUMと言う人物が脇田兼則だということは一致していません。

名探偵コナン:羽田浩司殺人事件は何巻で読めるのか

羽田浩司殺人事件は、ラムや若狭先生を解明するのに欠かせない人物なのですが、回想シーンばかりなので多くは登場していません。

17年前の殺人事件なのに、羽田浩司の名前が登場するのが最近なんですね。

羽田浩司初登場は

羽田浩司が初登場したのは89巻file10のラスト。

ですが登場は羽田浩司の名前と、殺人事件の概要説明のみ。

灰原哀が、アポトキシン4869の死亡者リストの中に羽田浩司の名前が、工藤新一の2つ下にあったことを思い出しています。

ということは、羽田浩司はラムに薬を飲まされ死亡した、ということになりますね。

ところが、羽田浩司の名前は、ずっと遡って18巻でも登場しています。

灰原哀が阿笠博士のところに住むようになった頃、コナンに組織の人間は工藤邸に2度ほど潜入捜査をしている、と言っていたシーンがあります。

その時にも死亡者リストが登場しており、工藤新一の2つ下にしっかりと羽田浩司の名前も記載されているのです。

18巻の伏線が89巻で姿を現したことになります。

羽田浩司関連の登場回

  • 90巻file2~file5「切り取られた文字」~「暗がりに鬼を繋ぐが如く」

90巻での羽田浩司の登場は本人の顔などは登場しません。

コナンと沖矢昴が別の事件の真相を解く際に、羽田浩司のダイイングメッセージを読み解き、ラムという人物を割り出した、ところです。

そして、羽田浩司事件を追っている霊魂探偵が殺され、ジンとウォッカが「ラムの抜かった仕事」と会話しているシーンです。

 

  • 93巻file8「ブザービーター」

若狭先生のズボンのポケットに将棋の駒だと認識できる?初の描写があります。

 

  • 97巻file8「幸運のお守り」

若狭先生が少年探偵団が発した「お守り」という言葉から、生前の羽田浩司の言葉を思い出し、殺人現場までも思い出しています。

file8のラストでは、コナンが若狭先生に対する怪しい気持ちが固まった、といった感じです。

 

  • 98巻file6「思い出のジンギスカン」
  • file6は羽田浩司の事件とは関係ないストーリーですが、ラストで羽田浩司の家が大金持ちで御曹司だったことが判明します。

 

  • 99巻file4「不気味な牧場」:file10「暗号の理由」

コナンたちが若狭先生と一緒に牧場にいった際に事件に巻き込まれるというストーリーで、牧場には安室透も来ていました。

若狭先生が将棋の駒を落とし、それを拾った安室透が公安の研修で「未解決事件」として羽田浩司事件を取り扱っているときに、将棋の駒を見た。と思い出します。

 

その後若狭先生が安室透に不意打ちをかけ、将棋の駒を取り戻している、というところまで。

 

file10では、ラムである脇田兼則がコナンに「在るべきものが無くなっているのがおかしい、例えば将棋の駒とか」と言っているシーンがあります。

どんどん将棋の駒とラム、若狭先生と羽田浩司殺人事件が近づいていますね。楽しみです。

まとめ:名探偵コナン羽田浩司殺人事件を考察!何巻で読めるのかについても

羽田浩司殺人事件を振り返ってみると、すでに1998年に発売された18巻から伏線が張られていました。

羽田浩司殺人事件は黒の組織№2であるラムが抜かった仕事であり、事件をきっかけに赤井務武が死亡しました。

事件の真相を解明するために赤井秀一がFBI捜査官になるきっかけになった事件です。

羽田浩司が殺された理由は、アマンダ・ヒューズ殺害現場を見てしまったことで、ラムが計画外の殺人をしてしまった。

羽田浩司が残したダイイングメッセージから、ラムの名前や組織のボスの名前まで明らかになっています。

そして、若狭先生が持ち歩いている将棋の駒が、今後事件の解明に大きくつながりそうです。

 

コナンが安く読める!

名探偵コナンを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

名探偵コナンが安く読めるオススメ電子書籍サービス!最大50%オフの最安値サイトも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です