「コナン」諸伏高明と景光兄弟の過去とは?両親の事件についてネタバレ!

名探偵コナンに登場する人気刑事の1人、長野県警の諸伏高明の弟は公安のスコッチこと景光です。

残念ながら景光は公安の潜入捜査の途中で殉職してしまいました。

諸伏兄弟が警察官になったのは、2人の過去に悲しい事件があったからです。

諸伏高明と景光兄弟の過去と、両親の事件についてまとめました。

コナン:諸伏高明と景光兄弟の過去とは?

長野県警に勤務する諸伏高明は優秀な刑事です。

県警本部に行かずに長野県警に入ったのは、過去の事件が解決していないからだと思われます。

諸伏高明と景光兄弟の過去には何があったのでしょうか。

諸伏高明と景光は過去に両親を殺されている

諸伏景光は小学校1年生のとき、両親を殺されています。

当時兄の高明は中学校の林間学校で留守にしていました。

親子3人で夕飯をとっていると、玄関のベルを乱暴に鳴らす人がいました。

父親は玄関で殺され、母親は景光を押し入れに隠したあと犯人に殺害されました。

その後景光は、押し入れに入ったままの状態で朝まで眠ってしまいます。

翌日、林間学校から戻った高明が、押入れに隠れていた景光を発見しました。

その後、景光は東京の親戚に預けられ、兄弟は別々に暮らすことになります。

景光は諸伏高明と同じ警察官になる

高明と景光は両親の事件があったからか、2人とも警察官を目指します。

兄の高明は東都大学法学部を首席で卒業後、長野県警に入りました。

本来ならキャリア試験を受け、県警本部に所属してもおかしくないほど優秀なのですが、高明はキャリア試験を受けませんでした。

県警本部に行かなかったのは、両親を殺害した犯人がまだ捕まっていなかったためだと思われます。

弟の景光も、兄の高明と同じく警察官を目指します。

景光は事件のあと、恐怖とショックで失声症になってしまい、軽い記憶喪失になっていました。

東京の親戚に預けられた景光は安室透と出会い、徐々にトラウマを克服します。

その後安室透と一緒に警察官を目指しました。

景光死亡

警察学校を卒業した景光は、無事警察官になります。

警察官として数年勤務したあと、高明に「警察を辞めた」と連絡をし、しばらく高明とは音信不通。

景光は公安に配属になり、安室透と一緒に黒の組織の潜入捜査をしていたのです。

景光は、黒の組織でスコッチというコードネームをもらうほどの実力がありましたが、正体がバレてしまい、仲間や高明の連絡先が入っているスマホごと胸を拳銃で撃ち抜き自決しました。

後に景光の遺品となるスマホは、安室透が差出人を明かさず高明に送ります。

穴の空いたスマホを見た高明は、弟が公安に配属され潜入捜査中に命を落としたのだと知りました。

 

コナン:諸伏兄弟の両親の事件についてネタバレ!

景光は警察学校に入学したころ、両親が死んだ日のことを思い出すのが多くなります。

景光の両親の事件は「長野県夫婦殺害事件」として、まだ未解決だったため、自分で調べていました。

景光が覚えている犯人の特徴

景光が覚えている犯人の特徴は

  • 左肩にゴブレットのような形の入れ墨があった
  • 両親を殺害した後に、犯人が歌いながら「有里ちゃん出ておいで」と言っていた

 

景光は最近になって思い出したことを兄の高明に連絡をしていましたが、そもそも景光が住んでいた長野の家は押し入れがありません。

押し入れがあるのは東京の親戚の家で、小学生の景光は家の造りがごっちゃになって記憶していたのでした。

景光は、押し入れの襖を少し開けて犯人の入れ墨を見た、と記憶していましたが、実際には押し入れではなくクローゼットから犯人を見ていたのです。

ですので、景光が見た隙間は縦ではなく、クローゼットのスリットから見た横だった、ということになります。

ということは、ゴブレットのような入れ墨は、少し違った形だったと思えますね。

容疑者は3人に絞られた

景光と警察学校の同期たちは、ある誘拐事件をきっかけに東京で犯人らしき人物にたどり着きます。

調べてみると肩にゴブレットのような入れ墨がある人物は3人に絞られました。

金物店の店主・・・肩にゴブレットの入れ墨が入っていますが、10年前に入れたということで、計算が合わず、容疑者から外れます。長野出身

クリーニング店店主・・・二の腕に入れた向かい合った観音の入れ墨は、20年前に母親と奥さんを亡くした時に入れたそうです。長野出身

バイク屋の店員・・・首の後ろにスコーピオンの入れ墨。場所が違うので容疑者から外れました。

景光が見たクローゼットの隙間から見えた入れ墨は、観音が向かい合っている上下がスリットで隠れたため、ゴブレットに見えたのです。

犯人は長野出身で、20年前に入れ墨をいれたクリーニング店店主でした。

犯人の動機

景光の両親はなぜ犯人に殺害されなければならなかったのか。

犯人には有里という名前の子供がいて、少し前に病気で亡くなっていました。

景光の父親は当時小学校の教師。

小学校の遠足のとき、有里ちゃんは腹痛を起こして病院に連れて行かれます。

有里ちゃんを病院に連れて行ったのは、景光の父親です。

有里ちゃんは病院に行ったものの、手遅れで亡くなってしまったのでした。

犯人は、有里ちゃんの死を受け入れることが出来ず、実は景光の父親がさらったと思い込んでいたのです。

犯人が都合よく景光の近く(東京)にいた理由

景光の両親が殺されたのは、15年前で長野県。

景光は事件のあと東京の親戚に引き取られています。

なぜ都合よく犯人が景光の近くにいたのか疑問でした。

犯人は事件当日クローゼットで眠っている景光に気づきましたが、殺しませんでした。

景光が有里ちゃんと仲良く遊んでいたことを知っているため、景光の近くにいると、有里ちゃんが現れると思っていたのです。

犯人が景光の近くにいたのは、偶然ではなかったのでした。

まとめ:「コナン」諸伏高明と景光兄弟の過去とは?両親の事件についてネタバレ!

  • 諸伏兄弟は過去に両親を殺されており、長野と東京で離れて暮らしていた
  • 兄弟ともに警察官になっており、弟の景光は後に公安の潜入捜査で殉職している
  • 警察学校時代に両親の事件について思い出した景光は、犯人を見つけて捕まえた
  • 犯人の動機は娘を病気で亡くしたことを認めておらず、病院まで運んだ景光の父親がさらったと思っていた
  • 犯人逮捕の決め手はゴブレットのような入れ墨だった

 

コナンが安く読める!

名探偵コナンを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

名探偵コナンが安く読めるオススメ電子書籍サービス!最大50%オフの最安値サイトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です