名探偵コナン赤井秀一の声が合わない?声優が下手な理由についても

アニメの名探偵コナンに登場する赤井秀一が、太閤名人の将棋盤で登場しました。

赤井秀一の姿で久しぶりに登場とあって楽しみにしていたのですが、ちょっと声が気になりますね。

顔と声が合わなくなっている感じです。まるでおじいちゃんのよう。

また声優が下手だと言われてもいるようですが、どういった理由があるのでしょうか。

アニメ名探偵コナンの赤井秀一の声が合わないのと、声優が下手だと思える理由についてまとめました。

名探偵コナン:赤井秀一の声が合わない?

赤井秀一の声が顔と合わないと感じる一番の理由は年齢だと思われます。

赤井さんの声が合わないのはおじいさんみたいだから

FBI捜査官の赤井秀一は永遠の32歳です。

現実世界で考えると仕事でも人間的にも乗りに乗ってる年齢ですね。

ところが声優の池田秀一さんの年齢は72歳で前期高齢者。

赤井秀一から出てくる声がおじいさんではやはり合わないと感じるのは無理ないでしょう。

コナン君に「坊や」っていうセリフがもうおじいちゃんにしか聞こえない。

人によっては50代前後ぐらいから声が出にくくなることがあり、若い頃と同じように発声するのが難しいです。

声優さんは「声」が職業なので、なんらかのトレーニングはされているとは思いますが、人間ですから限界がありますよね。

しかも名探偵コナンでは「赤井秀一は既に死亡」している設定ですから、久しぶりの登場には違和感を感じるのも仕方がないのかもしれません。

セリフがゆっくり過ぎる

久しぶりに見た赤井秀一のセリフは、話すスピードがゆっくり過ぎ!

羽田秀吉を救出するときに名ゼリフである「了解」を言ってくれたのは嬉しいのですが、了解のセリフにキレがなくちょっと残念に感じました。

セリフ1つ1つがゆっくりで危機感や緊迫感を感じることができず、ストーリーから気持ちが離れてしまいます。

太閤名人の将棋盤では犯人が一般人ということもあって、手ごわい相手ではなかったものの、ゆっくり過ぎるセリフのせいで緊迫感もなければ狙撃の見せ場も半減でした。

名探偵コナンはアニメ放送開始から25年を突破していますので、声優さんが高齢化していくのも仕方がないかもしれませんね。

ネットユーザーの声

久しぶりに赤井秀一の声を聞いた人や、初めて聞いた人からすると特に顔と声の年齢的なギャップを感じるようですね。

コナンのアニメ放送開始は1996年で、当時池田秀一さんは47歳ごろ。

この時点で赤井秀一と声優の年齢差が15歳もあるわけです。

47歳から赤井秀一役がスタートなので、おじさん化やおじいさん化は当然で、 滑舌が悪くなっていくのも仕方がないと思われます。

名探偵コナン:赤井秀一の声優が下手に思える理由

赤井秀一の声優が下手だと感じるのは、

  • 沖矢昴とのギャップがありすぎる
  • ガンダムのシャアのイメージが払拭できない

という2点があまりにも大きいと思われます。

沖矢昴とのギャップがありすぎ!

赤井秀一は来葉峠で既に死亡したことになっているため、普段は沖矢昴の姿で登場しています。

沖矢昴の声優は置鮎龍太郎さん。

置鮎龍太郎さんは現在52歳で、池田秀一さんとは約20歳の年齢差があります。

ですので先にも述べましたが「セリフのスピード」が違い過ぎるのです。

例えば、記憶に新しい映画「緋色の弾丸」では、沖矢昴から赤井秀一になるシーンがありましたが、赤井秀一に変わった途端セリフがゆっくりになるのです。

さっきまでスムーズな流れだった会話がゆっくりになってしまうためちょっとガッカリ。

「赤井秀一はかっこいい」というのが崩れてしまいます。

沖矢昴とのギャップがありすぎて、ひっ迫したシーンも一気に崩れてしまうほどでした。

赤井秀一のセリフが棒読み?

赤井秀一のキャラというのは、冷静沈着で感情の起伏がほとんどありません。。

焦らず動じず、冗談を言うでもなくいわゆるポーカーフェイスですよね。

世良真純が子供の頃に「笑わせようとしたけどダメだった」と言っていたこともあり、赤井秀一のキャラというのは無表情な感じです。

赤井秀一のキャラに加えて池田秀一さんの声が紳士的でクールな感じなので、余計に棒読み風に聞こえるのかもしれませんね。

赤井秀一は100巻でも黒の組織と対決していますので、今後もアニメ放送で登場してくると思われます。

キレのある赤井さんの声で対決して欲しいですね!

ガンダムのシャアを思い出す

赤井秀一の声が下手だと言われる理由の一つに、ガンダムのシャアを連想させるというところにあります。

どうしてもシャアのイメージが強いため、赤井秀一の顔と声が合わず下手に聞こえてしまうというもの。

赤井秀一が「了解」と言っても「坊やだからさ」が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、今の若い人からするとシャアって誰?という人も多いでしょうから、赤井秀一の声が下手に聞こえるのは年代によって違うかもしれませんね。

赤井秀一はシャアの声ありき!

赤井秀一の声は原作者の青山剛昌先生たっての希望というのは有名な話ですね。

青山剛昌先生は大のガンダムファンで、赤井秀一は完全にシャアの声(池田秀一)ありきで考えられたキャラ。

名前も「赤い彗星のシャア」と「池田秀一」が組み合わさっているように、赤井秀一の声は池田秀一でしかありえないのです。

下手に聞こえようとおじいちゃんだろうと、青山先生と池田秀一さんが納得している以上はそのままでしょう。

まとめ:名探偵コナン赤井秀一の声が合わない?声優が下手な理由についても

  • 赤井秀一の声が顔と合わないのは、声優が高齢化していておじいさんの声だから
  • セリフがゆっくり過ぎて緊迫感が感じられない
  • 了解のセリフが残念にしか聞こえない
  • 赤井秀一の声優が下手に感じるのは、ガンダムのシャアが連想されてしまう
  • 赤井秀一のキャラ自体、感情の起伏がないため一本調子になるから下手に聞こえる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。