コナン「ピアノピアノソナタ月光殺人事件」が悲しい理由を考察!

名探偵コナンで神回と言われている「ピアノソナタ月光殺人事件」

これは長いコナンの歴史の中でも悲しい事件の1つとなっています。

ピアノソナタ月光殺人事件は、コナンが月影島で起こった連続殺人事件を解決する内容です。

コナンは毎回事件を解決していますが、ピアノソナタ月光殺人事件が悲しいとされるポイントはどこにあるのでしょうか。

ピアノソナタ月光殺人事件がコナンの歴史上、悲しい事件の1つと言われている理由を考察してみました。

コナン「ピアノソナタ月光殺人事件」が悲しい理由を考察

犯人浅井成実が月影島にやってきた理由

ピアノソナタ月光殺人事件の犯人は浅井成実という医師です。

浅井成実は女性医師として月影島に赴任していましたが、実は男性だったのです。

性別を隠して月影島に来たのには理由がありました。

浅井成実は、12年前に月影島で両親と妹を火災で亡くしています。

浅井成実の父親は月影島の出身で有名ピアニストでした。

地元に凱旋して演奏会が終わったあと自宅に火を放ち一家心中して亡くなりました。

当時、浅井成実は病気療養中のため、1人東京に残っていたのです。

彼は浅井家に引き取られたあと医師免許をとり、かねてからずっと不審に感じていた父親の死について調べるために性別を女と装い月影島にやってきました。

殺害計画から実行まで2年間

2年前月影島にで医師として働きだした浅井成実は、父親の同級生の鴨山村長に自分は麻生圭二の息子だと名乗ります。

そして父親の死について聞いたところ、麻生圭二の息子に驚きながらも鴨山村長は全部話してくれました。

鴨山村長の死因は心臓発作。

浅井成実は、鴨山村長に葬送曲としてベートーベンの「月光」を弾いているときに、父親の死に関係した残りの3人を殺そうと連続殺人を計画しました。

計画通り、父親の死に関係した他の3人も殺害することに成功。

ですが、計画から実行までに2年間経過していることと、毛利探偵にわざわざ殺害予告を出したのはなぜ?

計画から実行までの2年間は、父親が殺されたのは許せない。

けれど、犯人たちを許すことが出来ないという葛藤期間なのかもしれません。

ですから、毛利探偵に殺害予告を出して犯行を止めてほしかったのではないか、とラストでコナン君が言っていますね。

浅井成実の自殺を止められなかった

ピアノソナタ月光殺人事件の悲しい理由の一つに、コナンは事件を解決しても犯人は死なせないというが新一の信条。

ピアノソナタ月光殺人事件の犯人浅井成実は、コナンが唯一自殺を止められなかった人です。

コナンは「犯人を追い詰めて自殺させてしまうのは、殺人者と変わらない」とずっと後悔しています。

もう少しうまくやれば、浅井成実を助けられたかもしれない、と悔やんでいます。

ピアノソナタ月光殺人は被害者から加害者になるという、とても悲しい事件でした。

ネットユーザーの声

犯人の浅井成実という人物が、優しくて可愛いということもあって、悲しい事件だという感想が多いように思えます。

コナンたちがもっと早く気づけて犯行を止められたら・・という悲しさもあるようです。

まとめ:コナン「ピアノソナタ月光殺人事件」が悲しい理由

  • ピアノソナタ月光殺人事件の悲しい理由は犯人浅井成実が元々は被害者だった
  • 父親の復讐で連続殺人事件を実行するのに迷いから2年かかっていた
  • 毛利探偵に殺害予告をだしたのは犯行を止めてほしかったから
  • コナンの歴史上唯一犯人を死なせてしまった悲しい事件
  • ネットユーザーからもピアノソナタ月光殺人事件は悲しい事件との声が多い

 

コナンが安く読める!

名探偵コナンを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

名探偵コナンが安く読めるオススメ電子書籍サービス!最大50%オフの最安値サイトも

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です