「異次元の狙撃手」世良真純のベッドの膨らみは何?領域外の妹の意味も

劇場版「名探偵コナン」異次元の狙撃手に登場する世良真純。

世良真純はホテルで暮らしている女子高生です。

異次元の狙撃手で、世良真純がホテルの部屋で徹夜明け、みたいなシーンがありましたね。

ベッドが2つ並んでいるのと、手前のベッドに膨らみがあるのに「ん?」となりました。

異次元の狙撃手で登場する、世良真純のベッドの膨らみについてまとめました。

異次元の狙撃手:世良の部屋のベッドの膨らみは何?

ベッドの不自然な膨らみ、たった数秒のシーンだったので気づかない人も多かったそうです。

世良の部屋にはベッドが2つ

世良真純が徹夜明けして、朝になったことに気が付いたシーンで、寝室の全体が映っていました。

広い部屋で大きなベッドが2つ。

世良真純は1人暮らしだと言っていたような。。

世良が住んでいるホテルは50階建ての大きなホテルで、世良が住んでいるのは30階。

父親の友人がお金持ちなので、ホテルに住むことが出来るということらしいです。

ベッドの膨らみは原作者の暗示演出

ベッドの膨らみは原作者の青山剛昌監修による暗示演出だそうです。

異次元の狙撃手では、ベッドの膨らみだけの登場で、登場人物としてもカウントされていません。

ベッドの中の人物は、映画公開後からテレビアニメに登場しています。

これから登場する人物に気付かせるための演出ですね!

ベッドの中で寝ているのは世良の領域外の妹

世良真純がいたツインルームの手前のベッドの膨らみは、やはり人が入っていたんですね。

ベッドの中で寝ている人物は、世良真純の領域外の妹です。

領域外の妹は実は世良のお母さんでメアリー・世良!

世良のお母さんもどうやらコナンと同じアポトキシン4869を飲んだとされ、幼児化しています。

世良がコナンにお母さんを紹介するときに困らないように、世良の妹となっています。

ですが、メアリー・世良から真純に言った言葉は、領域外の妹と紹介しろとのこと。

異次元の狙撃手:領域外の妹とは?

異次元の狙撃手で暗示演出で登場?しているメアリー・世良が言う領域外の妹って、どういう意味なんでしょうか。

領域外の妹とはコナンに対する暗号

 

領域外の妹というのは、メアリー・世良が言った言葉です。

真純がコナンに誰?と聞かれたら、領域外の妹と言え、と指示しました。

領域外というのは、メアリー・世良の正体を意味するものです。

妹は英語で=SISTER

領域は英語で=TERRITORY

領域の略称は=TER

領域外なので、SISTERからTERを外します。⇒⇒するとSISになります。

SISは旧MI6ということで、メアリー・世良がSIS(旧MI6)に所属していることが、コナンに解けるかを試したのです。

メアリー・世良はコナンを警戒している

メアリー・世良はコナンを試すために、真純に領域外の妹として紹介させました。

世良真純からコナンのことは聞いているはずですが、メアリー・世良は、今一つコナンを信用していません。

メアリー・世良は、コナンと黒の組織との繋がりを警戒しているのです。

コナンはロンドン編のときに、体を元に戻す薬を使って工藤新一として入国審査をパスした経歴があります。

そのことからメアリー・世良は、薬を作っている人間と何らかの関わりがあるのではないか、と感じているのです。

自身の体が組織の手によって小さくなってしまったことから、コナンに無防備に近づく娘(真純)を心配してのこともあると思います。

また、組織から逃げている身のメアリー・世良が、コナンに近づくことで見つかるのではないか、とも思っているのではないでしょうか。

メアリー・世良と真純がコナンに近づく理由

メアリー・世良が警戒していながらコナンに近づく理由は、元の姿に戻るヒントがコナンにあるからと考えてのことです。

メアリー・世良と真純は10年前にコナンに出会っていたことがあります。

まだコナンが7歳で工藤新一の頃。

それから10年後の現在、イギリスで開催されたテニスの国際試合の中継で、コナンが大きくテレビで映ったことがありました。

テレビに映ったコナンの姿は10年前と変わらない姿のままです。

国際試合でコナンがサッカーボールを使って、犯人を捕まえた姿をテレビで目撃したメアリー・世良と真純。

コナンが10年前の姿のままの工藤新一だと気付いたのです。

2人は元の姿に戻る手掛かりを得るために日本に帰国し、コナンに接触しました。

メアリー・世良は灰原哀の叔母だった!

メアリー・世良の幼少期の姿は、灰原哀と似ていると話題になりましたが、実は両者には血縁関係がありました。

メアリー・世良は、灰原哀の母親宮野エレーナと姉妹だったのです!

宮野エレーナは組織の科学者、メアリー・世良はMI6であり、組織の薬で幼児化した被害者ですので、姉妹とはいえ複雑な関係です。

ですのでメアリー・世良は灰原哀の叔母になり、世良真純と灰原哀はいとこになります。

まとめ:異次元の狙撃手世良のベッドの膨らみは?領域外の妹についても

  • 世良真純のツインルームの手前のベッドには不自然な膨らみがある
  • ベッドの膨らみ原作者の指示で描かれている
  • ベッドの膨らみには世良の領域外の妹が寝ている
  • 領域外の妹は世良のお母さんで、アポトキシン4869を飲んで幼児化している
  • 世良のお母さんメアリー・世良は異次元の狙撃手では登場しない
  • 領域外の意味はメアリー・世良が元MI6の人間だったという暗号
  • コナンが領域外の意味が解けるか試した
  • メアリー・世良はコナンが薬を作っている組織と関係があるのではないかと警戒している
  • コナンがテニスの国際試合でテレビに映り、10年前と姿が変わらない工藤新一に気づく
  • 元の姿に戻る手掛かりを得るために日本に帰国し、コナンに近づいている

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です