コナン「天国へのカウントダウン」感想まとめ!見どころについても解説!

2001年4月に公開された劇場版名探偵コナン「天国へのカウントダウン」、歴代のコナン映画の中でも面白いと評判です。

天国へのカウントダウンは劇場版シリーズ5作目で、コナンと蘭のラブコメは控えめ、アクションシーンが豊富なストーリーになっていますね。

いつまでも人気の高い「天国へのカウントダウン」の感想と、見どころについてまとめてみました。

コナン:天国へのカウントダウン感想まとめ!

劇場版コナン「天国へのカウントダウン」は、5作目で、劇場版の5周年記念作品です。

記念作品とあって、面白くて感動するシーンが沢山ありましたね!

「10年後の姿」がファンサービス

コナンたちは、西多摩市のツインタワーのオープニングセレモニーに招待されている、毛利小五郎について中に入ります。

中にはTOIWAの専務でもあり、優秀なプログラマーでもある原さんが作った、10年後の顔を写すというコンピューターがありました。

写真を撮った歩や元太、光彦の10年後の顔が描かれています。

園子はショートカットのキャリアウーマン風。

蘭は残念ながら10年後の写真は描かれていませんでしたが、かなり美人になっている様子で、写真を見たコナンが照れてしまっていました。

灰原哀とコナンも写真を撮りましたが、コンピューターエラーとなります。

灰原哀とコナンの10年後の姿は、宮野志保と工藤新一だということはファンは知ってますね。

何年たっても小学生の探偵団の10年後の姿を見ることが出来て、嬉しいという声も多いようです。

灰原哀のカウントダウンの声が良い

ラストシーンで30秒をカウントするときの、灰原哀のキリッとした声がとても良い!

天国へのカウントダウンでの灰原哀は、孤独と戦っている最中で、姉の宮野明美の留守電の声を聞いたり、自分の居場所がないなど、少し自暴自棄な気持ちになっています。

死を覚悟し、吹っ切れた様子でカウントダウンを読み上げる声が好きですね。

声だけで感動させる灰原哀人気はスゴイです。

アクションシーンが多い

劇場版コナンの見せ場でもあるアクションシーンが、天国へのカウントダウンではいつもより多く感じました。

  • コナンが灰原たち探偵団が取り残されている60階にスケボーで戻るシーン
  • 蘭姉ちゃんが消火ホースを体にくくりつけ、窓を蹴り破るシーン
  • ラストのカーアクション
  • 灰原が車から投げ出されるところを光彦がキャッチするシーン
  • ラストでヘルメットを柱にぶつけて灰原哀を傷つけないようにするシーン

 

天国へのカウントダウンはラストシーンにたどり着くまでの間に、何度も見せ場があり、ハラハラし通しで楽しめると思います。

ネットユーザーの声

 

数あるコナン映画の中でも天国へのカウントダウンは、かなり上位の人気を維持しています。

アクションシーンが豊富で、犯人と黒の組織が絡んでコナンの推理も冴えていますね。

コナン:天国へのカウントダウン見どころ

ラストで犯人を突き止め、屋上の火が消えるのを待つだけ、というところ時限爆弾が発見されました。

取り残された犯人とコナンたちは、爆破まで4分しか残っていませんでした。

ラストのカーアクション

天国へのカウントダウンはの見どころは、やはりラストのカーアクション!

車のスピードで窓を突き破り、爆風で隣のビルに飛び移るという脱出作戦です。

それをたった4分で、見事に計算し犯人までも確保しながら成功させるというのはハラハラし通し。

絶対に成功するとわかっていても、息をのむ迫力があります。

コナン以外の登場人物に見せ場がある

天国へのカウントダウンはコナン以外の登場人物にも多くの見せ場があります。

蘭が炎が迫る中、消火用ホースを体にくくりつけ、コナンを抱えて脱出するアクションは、素晴らしかったです。

今回は蘭の空手技は対犯人ではなく、窓を蹴り破るという見せ場でした。

見せ場の一つに車で隣のビルに飛び移る際の、灰原哀の落下と距離の計算。

暗算であんなにスラスラ間違えることなく、答えを出せるなんて超人的頭脳の持ち主でした。

そして、ラストシーンは歩の30秒カウントが成功しなければ成り立ちませんでしたね。

灰原哀と光彦と元太

時限爆弾の残り時間をカウントしていくなか、時間になっても灰原哀は車に戻って来ません。

灰原哀は、自分が犠牲になってカウントしようとしていました。

元太は残り時間が少ない中、「米粒1つでも残したらダメなんだよ」というお母さんの教えを言いながら、灰原哀を車に連れ戻しました。

そして、窓を破ったあと、シートベルトで固定されていなかった灰原哀は、車から浮いて外に飛ばされそうになります。

光彦は灰原哀の手を掴み「絶対に離しませんよ」と言って踏ん張ります。普通の小学生にはなかなか出来ないのではないでしょうか。

車が到着する先にはとがった柱があり、コナンのキック力増強シューズで柱を粉々にし、灰原哀は無傷でした。

柱スレスレを横切るシーンもかなりハラハラします。

黒の組織が絡んでいる

灰原哀が姉の宮野明美の留守電に声を残すシーンや、園子がシェリーに間違われて殺されそうになるなど、コナンも気が抜けない状況が続いています。

最初とパーティでの殺人は、日本画家の如月豊水が犯人。

2番目の殺人は黒の組織。

トキワビルの専務である原さんが黒の組織の人間だったとは驚きでした。

ビルの爆破は、シェリー抹殺とコンピューターの証拠を消滅させるための、黒の組織の仕業でした。

ジンのポルシェが登場しただけで、おおっ!ってなりますね。

まとめ:天国へのカウントダウン感想まとめ!見どころについても解説!

  • 天国へのカウントダウンは数ある劇場版の中でも、人気が高い内容になっている
  • 永遠の小学生の探偵団たちの10年後の姿がファンにとっては嬉しい
  • アクションシーンがいつもより多い気がして、見ごたえがある映画になっている
  • 天国へのカウントダウンの見せ場は、ラストシーンのカーアクション
  • 灰原哀を車に連れ戻す元太や光彦のアクション?も見どころ
  • ラストシーンのカーアクションは歩の30秒カウントがあって成功した
  • 灰原哀の落下の計算は天才的というところも見どころ

 

関連記事はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です