鬼滅の刃遊郭編で宇随天元は最後に死亡する?強さや呼吸と柱引退についても

鬼滅の刃遊郭編で音柱の宇随天元が派手に登場したのは、炭治郎たちが単独任務から帰ってきたときでした。

宇随天元は鬼の情報収集のため、遊郭に行ったっきり消息が途絶えた3人の嫁を探すため、炭治郎たちを連れて遊郭へ潜入しました。

遊郭の鬼は2人で1人という上弦の陸の鬼、堕姫と妓夫太郎です。

宇随天元が柱とはいえ、味方の鬼殺隊が階級の低い炭治郎や伊之助ということで、上弦の鬼2人を相手にするのはちょっとキビシイと思われます。

宇随天元は遊郭編で最後に死亡するのでしょうか。音柱の強さや呼吸と柱引退についてまとめました。

鬼滅の刃:遊郭編で音柱の宇随天元は最後に死亡するのか

堕姫と妓夫太郎は上弦の鬼というだけあって、かなり強敵です。2人同時に倒さないといけないのが厄介ですね。

遊郭に潜入した宇随天元の3人の嫁とは

鬼の情報を掴むため、宇随天元は3人の嫁を遊郭に潜入させました。

3人の嫁は元女忍者で優秀なくノ一でした。(宇随天元も元忍です)

  • 須磨・・・・ときと屋
  • まきを・・・荻本屋
  • 雛鶴・・・・京極屋

炭治郎と伊之助、善逸は遊郭で宇随天元の嫁たちを探すため、女装し遊郭に潜り込むことに成功しました。

堕姫の帯に閉じ込められていた

宇随天元は遊郭の外から鬼の動きを見張り、炭治郎たちはそれぞれ引き取られた先で探りを入れます。

炭治郎はときと屋、伊之助は京本屋、善逸は京極屋で宇随天元の嫁を探します。

京極屋では足抜けする花魁が多かったり、体調を崩す子、自殺する子が増えたりしていました。

鬼は遊郭で蕨姫花魁として京極屋に住みついている堕姫。

堕姫は気性が激しく、気に入らない子や美しくない子には厳しく当たり自殺に追い込みます。

そして美しい子を好んで喰っているため、彼女たちは足抜けという形になっているのでした。

堕姫は帯を遊郭に散りばめることによって、遊郭内の状況を把握しています。

荻本屋にいたまきをは、帯に天元宛ての手紙を見られてしまい、部屋に閉じ込められていました。

須磨もまきを同様に、遊郭の地下に作られた堕姫の「食糧庫」の帯に閉じ込められています。

京極屋の雛鶴は堕姫に見破られそうになったため、毒を飲んで病にかかったフリをします。

堕姫に帯を持たされ、切見世に送られています。

堕姫の兄妓夫太郎が登場

上弦の鬼の堕姫自体の強さはそれほどではありません。

宇随天元はあっさり堕姫の首を切り落とします。

ところが首を切ってもずっと喋りっぱなしで、わめきっぱなしの堕姫。

すると堕姫の背中から、兄の妓夫太郎が現れます。

妓夫太郎の反射速度や強さは堕姫とは比べものにならず、宇随天元は妓夫太郎の血鎌の毒を喰らってしまいます。

妓夫太郎の圧倒的な強さ

宇随天元と炭治郎たちは、堕姫と妓夫太郎を倒すため2手に分かれて戦います。

堕姫の方が弱いため、炭治郎と伊之助、善逸で倒せるだろうとのこと。

妓夫太郎は宇随天元が相手をします。

堕姫を倒してから宇随天元の応援に行き、4人で妓夫太郎を倒そうという作戦です。

作戦通り、伊之助と善逸は堕姫の首を切り落とすことに成功!

復活しないように伊之助は堕姫の首を持ったまま遠くへ走ります。

すると宇随天元と戦っていたはずの妓夫太郎が、伊之助に追いついてしまい背中から鎌を一突きされてしまったのです!

振り向くと、宇随天元は地面に倒れていました。

最初に受けた毒が致命傷になったのでしょうか。

宇随天元は生きていた!

宇随天元が倒れ、伊之助も心臓を一突きされ生死不明、善逸も衝撃で崩れた瓦礫に埋もれたことで、炭治郎だけが妓夫太郎と戦っています。

炭治郎は妓夫太郎の隙をついて藤の花の毒がついたクナイを妓夫太郎の足に刺します。

動けなくなった妓夫太郎の首に日輪刀で切ろうとしますが、硬くてなかなか切れません。

すると善逸が瓦礫から抜け出し、堕姫の首を狙いにいきます。

妓夫太郎は毒から回復し、炭治郎の刀を押し戻していきます。

上弦の鬼ということで毒の分解も回復も速いのですね。

炭治郎がピンチと思われたとき、死亡したと思われてた宇随天元が復活。

宇随天元は生きていましたね!

「譜面」が完成したとのことで、妓夫太郎との戦いに勝ちが見えたようです。

そして、最後は堕姫の首を伊之助と善逸が切り、妓夫太郎の首は宇随天元のサポートを得た炭治郎が切り落としました。

妓夫太郎にやられた毒はどうなった?

宇随天元は元忍ということもあり、「俺に毒なんか効かねえよ」と言っていました。

普通の一般人よりは耐性があるのかもしれません。

妓夫太郎の毒は、宇随天元が一時的に心臓を筋肉で無理矢理止めていたようです。

心臓を止めることによって毒の巡りも一時的に止まるのですね。

死んだふりしている間に妓夫太郎を倒す譜面を考えていたのでした。

堕姫と妓夫太郎を倒した後、妓夫太郎の血鎌の毒が本格的にまわり出し、宇随天元は死を覚悟します。

嫁たちに遺言をしようとしますが、毒で舌も回らなくなってきました。

そこへ禰豆子がひょこっと現れ、血鬼術「爆血」で毒を燃やし毒死は免れています。

鬼滅の刃:音柱宇随天元の強さと呼吸

妓夫太郎に倒されたあと、「譜面」が完成した!と言って、妓夫太郎との戦いに復活しました。

音柱宇随天元の譜面とは

譜面というのは宇随天元独自の戦闘計算式のことで、分析に時間がかかるようです。

敵の行動動作の律動を読み、音に変換することで癖や死角もわかるのです。

唄に合いの手を入れるように、音の隙間を攻撃すれば敵に打撃を与えられるのでした。

妓夫太郎戦では、血鎌の毒によって大きなダメージを受けていることから、宇随天元はサポートにまわり攻撃するのが炭治郎でした。

宇随天元の強さは

宇随天元の強さは元忍という独特な訓練をしてきた「忍耐力」と「精神力」だと思われます。

もちろん戦闘術も堕姫の首を何度も切り落としていることから、武術も相当な腕前です。

鎖でつながった大包丁のような日輪刀を二刀流で使い、その太刀は爆発する桁違いの威力。

今まで宇随天元の太刀を喰らって生き延びた者がいないため、二刀流の仕組みは不明です。

また、宇随天元は妓夫太郎戦で受けたダメージは、毒の他に片腕、片目を失っています。

それなのに戦闘後は3人の嫁たちと一緒に歩いて帰っていることから、救護班の隠したちもドン引きでした。

並の強さではありませんね!

音の呼吸の技

音の呼吸の使い手宇随天元は聴覚が非常に優れており、わずかな音で敵や味方の位置を把握できます。

音の呼吸の技は遊郭編では3つの型が披露されています。

  • 壱ノ型:轟(とどろき)

爆発しているかのような轟音が出る斬撃。地面をえぐるほどの破壊力があります。

  • 肆ノ型:響斬無間(きょうざんむげん)

目の前に斬撃と爆発による巨大空間を作り出し、広範囲の攻撃をする。敵の攻撃を無効化することも可能。

  • 伍ノ型:鳴弦奏々(めいげんそうそう)

2本の刀の刃が回転することで爆発しながら斬撃を繰り出す。

鬼滅の刃:宇随天元は音柱を引退するのか

音柱の宇随天元は堕姫と妓夫太郎との戦いで、左腕と左目を失う重傷を負ってしまいました。

宇随天元は柱を引退

上弦の陸との戦いで重傷を負っている天元の元に蛇柱の伊黒小芭内がやってきました。

復帰までどれだけかかるのか、これからどうやって戦うつもりか、など聞いてきます。

宇随天元は、さすがにもう戦えないということで引退を決意しました。

鬼殺隊の柱は、無限列車で炎柱の煉獄が死んでいるということで、柱がこれ以上抜けるのは困るとのこと。

宇随天元は炭治郎や伊之助、善逸など若手が育っているから大丈夫だと言い、遊郭編で引退となりました。

引退後の宇随天元

宇随天元は、引退後も鬼殺隊と関わっています。

若手の育成に励んでおり、柱稽古で鬼殺隊員の体力向上を目的とする厳しい指導をしています。

鬼舞辻無惨との決戦時には、産屋敷家の護衛担当でした。

無惨との決戦終了後には3人の嫁たちと温泉巡りをするなど、楽しく仲良く過ごしています。

まとめ:鬼滅の刃遊郭編で宇随天元は最後は死亡する?強さや呼吸と柱引退についても

  • 音柱宇随天元は遊郭編で上弦の鬼、堕姫と妓夫太郎と戦う
  • 遊郭には宇随天元の3人の嫁が潜入捜査をしていた
  • 妓夫太郎の血鎌の毒によって途中で倒れてしまう
  • 死亡したかと思われたが、毒の巡りを止めるため一時的に筋肉で心臓を止めていた
  • 復活した宇随天元は「譜面」を完成させ、炭治郎と一緒に妓夫太郎を倒した
  • 遊郭編の最後に宇随天元は柱を引退し、若手の育成にあたっている
遊郭編は9巻から11巻で読める!

鬼滅の刃を最大50%オフで読めるサービスを紹介しています

鬼滅の刃の漫画が電子書籍安く読める!最大50%オフで読めるサイトも紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です