鬼滅の刃堕姫と兄妓夫太郎の強さや血鬼術とは?最後の死亡シーンについても解説!

鬼滅の刃遊郭編で炭治郎や宇髄を苦しめる鬼は十二鬼月の上弦の陸の鬼、堕姫と妓夫太郎です。

2人で1つの鬼なので、上弦という強さに加えて、同時に首を切った状態でなければいけないということでかなり手ごわいと思われます。

遊郭編の鬼殺隊は、柱の宇髄天元と、炭治郎、善逸、伊之助に禰豆子。

宇髄の嫁たちも戦いに貢献しました。

総力戦にならざるを得なかった堕姫と妓夫太郎の強さや血気術、最後の死亡シーンについてまとめました。

鬼滅の刃:堕姫と兄妓夫太郎の強さと血気術

堕姫と妓夫太郎は上弦の陸ということで、かなりの強さが伺えます。

堕姫は今までに鬼殺隊の柱を7人、妓夫太郎は柱を15人殺してきました。

堕姫の強さ

遊郭編で堕姫と最初に遭遇したのは、京極屋に派遣された善逸でした。

あまりの威圧感に善逸は震えてしまいます。

花魁姿の堕姫に殴られ、受け身を取ることは出来ましたが失神してしまいます。

そして次に堕姫と遭遇したのは炭治郎ですが、炭治郎も怯えて手足に力が入りませんでした。

ところが音柱の宇髄天元は、あっさりと堕姫の首を切り落とします。

宇髄が言うには「お前は上弦じゃない。弱すぎ」とのこと。

遊郭編の伊之助や炭治郎の階級は、10個あるうちの下から4番目の庚。

そして上弦の鬼は柱3人分の強さと言われています。

あっさりと宇髄に首を切られた堕姫の強さは、上弦の鬼レベルではないと言えますね。

柱を7人殺しているというのは、堕姫だけの力ではなく兄妓夫太郎の力もあってのことでしょう。

鬼殺隊の階級は

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と10階級あり、甲が柱、癸が新人になります。

堕姫の血鬼術:八重帯斬り

堕姫の血鬼術は帯を使うものであり、人間を帯の中に閉じ込めてしまったり、硬い刃のように変えて相手を切ることができます。

美しい人間は帯の中に閉じ込めて、食料として保存しておくのです。

また、帯をバラバラにして吉原遊郭中に張り巡らせることで、情報収集の役割を果たしています。

堕姫の血鬼術である帯が堕姫の体に戻ると8本の帯になり、堕姫の姿も変貌します。

堕姫の血鬼術:八重帯斬りは、花街に分裂させておいた帯を自分の体に戻すことで帯の攻撃速度を速めます。8本の帯を交叉させることで、逃げ場をなくさせ斬るというもの。

8本の帯が13本にまで増えることで硬度も上がり、日輪刀でも簡単に切れません。

切ろうと思っても帯がしなるため、炭治郎たちは苦戦を強いられます。

堕姫の帯を切るには、堕姫より速いスピードで帯を張り、しなる前に首を切る必要があります。

堕姫が上弦の鬼なのは妓夫太郎の強さ

堕姫は炭治郎に何度か首に日輪刀を入れますが、帯のしなりが攻略できず切り落とすまではいきませんでした。

堕姫も炭治郎や善逸にトドメを刺すことができません。

今までに柱を7人殺した上弦とは思えませんね。

堕姫が上弦の鬼なのは、兄の妓夫太郎の強さがあってこそなのだと思われます。

兄の妓夫太郎は、音柱の宇髄天元がかなり手こずるほどの強さで、しかも妹の堕姫を庇いながら戦えます。

炭治郎は妓夫太郎の殺気に圧され身動きが取れませんでした。

堕姫と妓夫太郎は情報を共有でき、堕姫の額に開眼させることで堕姫の強さもパワーアップするのです。

共有すると、別々に戦いながらも堕姫の体を通して会話もできます。

妓夫太郎の目を通すことで堕姫の視界が広がり、戦いやすくなるようですね。

妓夫太郎は本当に強くて、宇髄と炭治郎が2人がかりで切りかかっても、首をぐるんと真後ろに動かして攻撃を食い止めたり、首を切られた堕姫を助けるため、一瞬で移動したりします。

妓夫太郎の血気術は血鎌の毒

妓夫太郎の血鬼術は血鎌を使っています。

血鎌自体も猛毒が仕込まれているため、かするだけでも致命傷を負ってしまいます。

妓夫太郎の血鬼術は3つ

  • 飛び血鎌・・・血の斬撃で妓夫太郎の意思で軌道を変えることができ、何かに当たるまで追い続けます。
  • 跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)・・・四方八方に血鎌を飛ばす技で、防御しながら攻撃できるという優れ技です。
  • 円斬旋回・飛び血鎌(えんざんせんかい・とびちがま)・・・腕の振りなしで斬撃が広範囲に出せる。威力は建物を破壊するほど。

鬼滅の刃:堕姫と妓夫太郎の最後の死亡シーンについて解説!

堕姫と妓夫太郎を倒すには、2人の首を切らないといけません。

どちらかの首が繋がっていれば死なないのです。

最終局面で炭治郎の頭突きがさく裂!

堕姫と妓夫太郎との戦いは、堕姫に伊之助と善逸、妓夫太郎に音柱の宇髄と炭治郎が分かれて戦います。

ですが炭治郎の踏ん張りがきかず、宇髄が妓夫太郎、炭治郎・善逸・伊之助が堕姫と戦うことになります。

3人で先に堕姫の首を切ってから、宇髄の方へ加勢しようという作戦になりました。

善逸と炭治郎が堕姫の帯をかわし、伊之助は堕姫の首めがけて直進します。

伊之助のノコギリ状になっている日輪刀で、堕姫の首を切り落とすことに成功。

伊之助は堕姫の首を持って遠くに走り出しますが、宇髄を倒した妓夫太郎が伊之助に追いつき、心臓を一突き。

伊之助の次に狙われたのは炭治郎でしたが、善逸がかばって瓦礫の下敷きになってしまいます。

動けるのは炭治郎だけになってしまいました。

妓夫太郎は妹1人も守れない炭治郎を情けない、みっともないなどと言い、仲間ももう終わりだと炭治郎の心を折るような言葉を連発します。

炭治郎は悔しさで空を仰いだかと思いきや、妓夫太郎に頭突きをかまします。

人間の頭突きなど鬼にはどうってことないのですが、妓夫太郎は動けなくなります。

炭治郎は宇髄の嫁の1人雛鶴から、藤の花の毒が仕込まれたクナイを渡されており、頭突きと同時に妓夫太郎の体に刺したのです。

妓夫太郎と堕姫は同時に首を切られる

身動き出来なくなった妓夫太郎の首を炭治郎は日輪刀で、押さえつけます。

なかなか切れないところ、堕姫が近づこうとするのですが、瓦礫から抜け出した善逸が霹靂一閃の神速で堕姫の首を捉えます。

すると毒を分解した妓夫太郎が、炭治郎の刀を押上げ完全に復活!

そこへ倒したはずの宇髄が妓夫太郎の攻撃を止め、炭治郎が首を狙いに飛びかかります。

あごに血鎌を貫通させられながらも攻撃を諦めない炭治郎は、妓夫太郎の首を切り落とすことに成功。

一方の堕姫の首は、善逸が善戦していましたが、そこへ心臓を刺されたはずの伊之助が加わります。

最後は堕姫と妓夫太郎の首を同時に切ることに成功!

切られた2人の首は同じ場所に向かい合うような形で落ちました。

心臓を刺されたはずの伊之助が無事だったのは、山で育ったため内臓をずらすのなんて簡単なのだとか。宇髄天元は心臓を筋肉で止め、死んだふりをしていたようです。

首を切られた堕姫と妓夫太郎の最後

上弦の鬼というのは首を切られてから消滅するまで少し時間がかかります。

その間、堕姫と妓夫太郎は向かい合った首のまま兄弟げんかをしています。

なんで助けてくれなかったとか、上弦を名乗るなら手負いの下っ端ぐらい始末しろとか。

アンタみたいな醜いのがあたしの兄のはずがない、出来損ないのお前がいなければ俺の人生は違ってたなど、しまいにはお前なんか生まれてこなけりゃ・・とまで言う始末。

炭治郎に喧嘩の仲裁をされ、余計悔しくなった堕姫はお兄ちゃん悔しいよぉよ言いながら塵になって消滅。

堕姫が消滅したことで、人間時代を思い出しながら妓夫太郎も消滅。

気が付くと妓夫太郎は人間時代の姿で、真っ暗闇の中にいました。

そこへ堕姫が人間時代の姿で現れ、お兄ちゃあん!と叫びながら近づいてきます。

妓夫太郎は堕姫を地獄に連れて行きたくないため、向こうへ行けと冷たくあしらいますが、堕姫はさっきのケンカで酷いことを言ったのを謝り、妓夫太郎についてきます。

堕姫は何回生まれ変わってもお兄ちゃんの妹になる!と言い、ずっと一緒にいると泣きながら妓夫太郎にしがみつきます。

子どもの頃に俺たちはずっと一緒だと言っていたのを思い出した妓夫太郎は、堕姫をおぶって地獄へ行きました。

まとめ:鬼滅の刃堕姫と兄妓夫太郎の強さや血鬼術とは?最後の死亡シーンについても解説!

  • 堕姫の強さは、炭治郎たちより少し強く、柱よりは弱い
  • 堕姫は異能である帯を花街全体に張り巡らせ、支配し美しい人間を食べるため帯に閉じ込めている
  • 堕姫の血鬼術は八重帯斬りで、散らばっていた帯を体に戻し、硬度が上がった8本の帯で攻撃する
  • 堕姫の強さは兄の妓夫太郎の力があってこそ発揮する
  • 妓夫太郎の強さはとんでもなく、堕姫を庇いながら余裕で音柱の宇髄天元と戦える
  • 最後は総力戦で堕姫と妓夫太郎の首を切り落とすことに成功
  • 堕姫と妓夫太郎は2人一緒に地獄へ行った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です