惑星のさみだれアニマの正体とは?アニムスとの関係や過去と未来についても

惑星のさみだれに登場する精霊アニマ。アニムスとの戦いの途中で突如現れましたね。

無表情で何を考えているかわからないですね。

アニマはアニムスと過去から戦い続けているようですが、アニマの正体とは何者なのでしょうか。

アニムスとの関係と過去や未来についてもまとめました。

惑星のさみだれ:精霊アニマの正体とは?アニムスとの関係も

精霊アニマの正体は「人間」と言っていますが、ちょっと違う感じがしますね。

さみだれと契約を交わした精霊アニマ

アニマは朝日奈さみだれと契約を交わした精霊です。

基本的にはアニマが契約者(さみだれ)の意識を乗っ取るはずなのですが、アニマは眠っていて特別な力はさみだれの意志で使われています。

戦いの中盤で目覚め姿を見せるようになりました。

対ビスケットハンマー用カウンター小天体兵器としてブルース・ドライブ・モンスターを作り出しています。

サイキック能力の持ち主で神様?

アニマはサイキック能力があり、通常ではできないような超能力を持っています。

浮遊したり時間を超越したり天変地異まで操ることができるうえ、超回復能力もあります。

普通の人間からしたら神様の領域。

アニマは能力を封印して普通の人間として生きようとしたことがありますが、アニムスが地球を破壊しようとしているため、阻止するためサイキック能力を使っています。

アニマはアニムスの双子の妹

アニマはアニムスの双子の妹で、アニムスと同等の力を持っています。

アニマの頭の上に浮いている輪っかは「0Gリング」は誕生日にアニムスからもらったもの。

仲の良い兄妹だったのですが、アニムスは元々持っていいた知識欲が膨らみ「破壊神」となってしまいました。

アニムスの破壊行動(ビスケットハンマー発動)を阻止するため、ゲームと称したルールでアニムスのサイキック能力を封じています。

ビスケットハンマーを発動させる条件(ルール)
  • 旧ルール:騎士の全滅か姫の死亡でハンマー発動。12体の泥人形が全滅したらアニムスが戦闘に参加できる。
  • 新ルール:12体の泥人形が全滅したらハンマー発動で、12体目を破壊したとき、雨宮夕日が生存していたらアニムスの戦闘なしでハンマー発動。夕日が死亡していたら、ハンマー発動なしでアニムスとの戦闘のみ。

アニムスと100年戦い続けている

アニマとアニムスはかれこれ100年ほど戦っています。

何度負けてもあきらめることなく死ぬまで続けると言っています。

アニマがアニムスと直接戦えば獣の騎士団たちが巻き込まれることはなかったのですが、アニマはアニムスとの戦いをその時代の者が生きる意志を持ってやるべきだ、と考えたのです。

どの時代が戦場になっても指輪の騎士が出現するということですね。

ビスケットハンマーの対抗措置ブルース創造者

アニマはアニムスのビスケットハンマーに対抗するべく、ブルース・ドライブ・モンスターを作っていました。

今までの騎士の中にブルースを目視できた者がいなかったため発動できませんでした。

ブルース・ドライブ・モンスターが目視できるのは、ビスケットハンマー(絶望)を認識しても、希望が持てる者。

アニマはずっとブルースが認識できる者が現れるのを待っていたのだとか。

夕日たち騎士団はブルースの存在が見えたので、今回初めて発動されることになりますね!

氷雨と東雲半月の子孫

アニマがさみだれに目を付けたころ、病院ですれ違った氷雨と母親に「こんにちはご先祖様」と言っている描写がありました。

アニマは朝日奈氷雨と東雲半月の子孫で、32世紀からやってきた未来人でした。

彼らの先祖は21世紀中期には教科書に名前が残るような医学者・スポーツ選手・物理学者がいたようです。

半月の運動神経と27歳で博士号を取得するほどの優秀さが受け継がれたのですね。

惑星のさみだれ:アニマの過去や未来について

アニマは時間を超えたりしていますが、過去や未来はどうなっているのでしょうか。

過去に月面事故で両親を亡くしている

アニマは過去月面のシャトル事故で両親を亡くしています。

幼少期はサイキック能力を隠しながら生活していたようですが、ありえない状況で生き残り回復したので病院関係者から宇宙人?と言われていました。

シャトルを壊したのはアニムス。

アニムスの知識欲は幼い頃からあり、シャトルの壁の感触を触ってみたいという欲望に駆られ、壁に触れてしまったのでした。

アニマとアニムスは事故の生存者として入院し、院長からサイキック能力を見抜かれ養子にならないかと持ち掛けられます。

その際、院長がアニムスたちを神のような存在と言ったため、アニムスの暴走が始まり、アニマがそれを止めるという戦いになったのでした。

32世紀でもう生まれない

アニマは夕日のいる時代を選んで戦いを始めました。

そしてその戦いで半月は氷雨と付き合う前に死亡してしまいます。

そのため、夕日たちが存在している未来(32世紀)ではアニマとアニムスは生まれないことになります。

まとめ:惑星のさみだれアニマの正体とは?アニムスとの関係や過去と未来についても

  • アニマの正体は32世紀からやってきた氷雨と半月の子孫
  • 指輪の精霊でさみだれと契約している
  • 魔法使いアニムスとは双子の兄妹という関係
  • アニムスの破壊欲を阻止するため戦い続けている
  • アニマは過去に月面事故で両親を亡くしており、その時の入院がきっかけでアニムスと対決するようになった
  • 半月が死亡したため、雨宮夕日がいる歴史(未来)ではアニマとアニムスは生まれない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。