サマータイムレンダ菱形家と影の関係とは?青銅の目的や窓の母親についても

サマータイムレンダの主人公小舟潮が影に殺されたとき、首には吉川線がありました。

本来なら殺人事件の可能性があるため、検死するはずなのですが、潮の死は状況証拠から事故死と断定されました。

どう考えてもおかしい。

しかもこのような不可解な死は14年前にもあったようで、そのときの検死をしたのも菱形院長でした。

菱形院長と影にはなんらかの繋がりがあると思われますね。

菱形青銅の目的と、影に関係ありそうな窓の母親についてもまとめました。

サマータイムレンダ:菱形家と影の関係とは?

菱形院長は日都ヶ島で代々受け継がれている病院の院長で、島でただ一人の医師です。

菱形院長について

菱形院長(菱形青銅)は日都ヶ島で代々受け継がれている菱形医院の院長で窓と朱鷺子の父親です。

日都ヶ島でただ一人の医師ということで、今回のような事故死や変死の検分も菱形青銅が行っています。

菱形家は古代から日都ヶ島の祭祀を司っていましたが、江戸時代の中頃、医者の真似事を始めた先祖がいました。

それが菱形医院の原点です。

菱形青銅には他に兄弟がいましたが、父親から後継者に選ばれ菱形医院を継いでいます。

現在では看護師の根来さんも実は影ということで、菱形家と影の繋がりは深いようですね。

菱形家は影の協力者

菱形医院が影と関わり始めたのは300年前で、ヒルコが海岸に流れ着いてからです。

一言でいうと菱形青銅(菱形家)は影の協力者ですね。

島で亡くなった人の遺体をすり替えて、ヒルコ(ハイネ)に食餌を与えてきました。

シデが殺し、菱形院長が遺体をすり替え、ハイネに食餌として与えるという流れですね。

裏カルテには、ハイネの食餌となった人たちの名前があり、そこには慎平の両親の名前も載っています。

表向きの死因を「カプグラ症候群」とし、影の病と似せているようにしていました。

旧菱形医院の地下にヒルコ像があったり、影シオリがいたりしたのも偶然ではなかったのです。

菱形家が影と関わっていることは秘密事項で、後継者は1人だけ。

青銅の次は朱鷺子が後継者となります。

菱形家と影の関係は親戚

菱形家が影と関わっている理由は、実は菱形医院の創始者(初代院長)がシデ(菱形紙垂彦)だから。

*医者の真似事を始めたのはシデの父

菱形紙垂彦は300年前、雁切波稲がヒルコに食べられるのを見たのち、ハイネの守護者になります。

その後、ハイネの夫となった紙垂彦は「神の夫」と自称し、雁切を名乗り始めました。

ハイネが出産したのち菱形家は分家し、雁切(シデ)が祭祀をし、菱形医院は紙垂彦の兄が継いだ、ということになります。

ですので、菱形家と雁切紙垂彦は親戚ということで、影であるハイネとも親戚ということになりますね。

ハイネが産んだ子を取り上げたのは青銅の父

日都ヶ島には医院が一つしかないということと、影の秘密を知っているという点から、ハイネが産んだ子供を取り上げるのも菱形家です。

ハイネが産んだ子供は影の性質から、父親のクローンが生まれます。

現在の紙垂彦である雁切真砂人を取り上げたのは菱形院長の父でした。

紙垂彦は、ハイネに自分のデータをコピーさせ、生まれてきた子に移植することで生き続けてきました。

菱形院長はそういった影の秘密を知り、協力してきたのです。

サマータイムレンダ:菱形青銅の目的と窓の母親について

菱形青銅が影に協力するのには目的がありました。妻の千登勢(窓の母親)に関係があります。

窓の母親も影だった

菱形青銅は妻の千登勢をものすごく愛しており、千登勢がいなければ生きている意味がない、というほどです。

窓の母親千登勢は、普段車椅子に乗って窓と会話をしていますが実は影。

オリジナルの母親は2013年の1月3日に病気で亡くなっていました。

菱形院長はハイネに頼んで影で千登勢を作ってもらったのです。

千登勢は自分が影だと知らず生きてきました。

朱鷺子は菱形家の後継者なので、千登勢が影だということは知っていましたが、窓は全く知りません。

菱形青銅が影に協力してきたのも、千登勢と一緒にいたいからだったのですね。

青銅の目的は家族で影になること

青銅の目的は、自分も影となって常夜へ行くこと。

常夜は時間のない永遠の国です。

青銅は常夜で千登勢と永遠に生きるのを目的としていたのです。

最終的には窓と朱鷺子も影にして常夜へ、という自分勝手な都合で島民を欺いていたのです。

菱形青銅は免疫が出来ていた

菱形院長は目的を果たすため、影の秘密に近づいてきた慎平たちを殺そうとしました。

慎平たちを殺すことで、もう一度シデやハイネの信用を得ようとしたのです。

自分の目的のためなら、朱鷺子も簡単に銃で撃ててしまう青銅でしたが、シデにいいように利用されていただけということが判明します。

青銅は既にコピーされており、免疫が出来ていたのです。

ですので例えハイネが復活したとしても常夜に行くことが出来ないのです。

事実がわかった青銅は千登勢の説得もあり、償いとして今後は慎平に協力し始めるのでした。

サマータイムレンダの原作漫画が一番安く読めるのはAmebaマンガ!

 

2022.12.3時点でサマータイムレンダ全巻が一番安く買えるのはAmebaマンガ!

Amebaマンガは、amebaブログを運営しているサイバーエージェントの漫画サービスです。

1冊あたりの単価が他のサービスに比べると10%ほど安いのも魅力です。

 

 呪術廻戦怪獣8号花より男子
Amebaマンガ418円456円418円
eBookJapan
459円501円459円
amazon460円502円460円
紙コミック484円528円484円

 

*新規登録すると100冊まで40%オフというクーポンがもらえます。

サマータイムレンダ全13冊の場合、7439円が4463円で購入できます。

クーポンには有効期限がありますので、ゲットするまえに欲しい漫画を書き出しておくと買い忘れが防げますね!

 

 

 

*2022年12月3日時点では100冊40%オフクーポンはもらえますが、不定期なキャンペーンなためいつ終了するかわかりません。この機会にクーポンをもらっておくのをオススメします

 

 

電子書籍サイトを比較して購入したい方はこちら

サマータイムレンダの漫画を安く買えるクーポンを紹介しています。

サマータイムレンダの漫画が電子書籍で安く読める!最大50%オフのおすすめサイトも紹介!

まとめ:サマータイムレンダ菱形家と影の関係とは?青銅の目的や窓の母親についても

  • 菱形院長と影の関係は親戚で、代々影(ハイネ)の協力をしている
  • 菱形医院の創始者はシデで菱形紙垂彦(雁切真砂人)
  • 現在のシデ(雁切真砂人)の肉体を取り上げたのは菱形院長の父
  • 菱形と雁切は元々は同じ家だったが、ハイネが出産したあと分家し、紙垂彦は祭祀をする雁切になった
  • 菱形青銅の目的は影になって常夜で妻千登勢と永遠に生きること
  • 窓の母親千登勢は病気で亡くなっており、ハイネに頼んで影として作ってもらっていた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です