サマータイムレンダ・ヒルコの正体はクジラ?最後はどうなったのかも

サマータイムレンダの舞台となる日都ヶ島では、ヒルコ様という神様が祀られています。

惨劇が起きた7月24日は御海送りの日でした。

境内にいた人たちが死亡したあと姿を現したのはヒルコノミコトという神でしたが、その正体はクジラだとも言われています。

慎平がループを繰り返すうちに明らかになったのは、惨劇の始まりが300年以上前に日都ヶ島に流れ着いたクジラにあると判明します。

ヒルコの正体はクジラなのか、最後はどうなったのかもまとめました。

サマータイムレンダ:ヒルコの正体はクジラ?

ヒルコの正体はクジラ、とされていますが、クジラもまたヒルコにコピーされていたようです。

ヒルコは日都ヶ島の神様

日都ヶ島で信仰されているヒルコ様は、島の北部にある日都神社に祀られている神様。

日都ヶ島には影の病という言い伝えがあり、影の病にかかったものは、ヒルコ様でお祓いしてもらうのです。

*戦前まではよくあったことらしく、現在では迷信や怪奇話の類になっているようです。

日都ヶ島の宮司は代々受け継がれており、現在は雁切真砂人が宮司をしています。

御海送りの儀式について

惨劇が起きた7月24日は御海送りという儀式で、日都ヶ島に古くから伝わっています。

日都ヶ島では、「海から流れついたモノに神が宿る」という漂着神信仰がありました。

その神がヒルコノミコト(蛭子命)で、漁業の神様とされています。

ですので浜に流れついた漂着物はゴミではなく、神様として扱われます。

それらを集めて焚き上げ神様を返す、という儀式が御海送りで、夏と冬の2回行われます。

ヒルコ伝承の始まり

ヒルコ伝承の始まりは享保の大飢饉の年。

1732年の夏、凶作なため漁に出る大人が死んでしまい、島民たちは魚を獲ることができなくなりました。

そんなとき海に流れ着いたのがヒルコ(クジラ)です。

日都ヶ島では海に流れ着くものを神と信じていましたから、ヒルコはまさに神そのものでした。

ヒルコ伝承では、「ヒルコ(クジラ)が人を喰う代わりに豊漁をもたらした」とされていますが、現実はそうではありませんでした。

菱形紙垂彦が言うには、島民の何人かを影に変えただけ。

影なら猟師でなくとも魚が獲れるので、飢えた人たちを救うことが出来たのだとか。

ヒルコの正体はクジラ?

ヒルコの正体はクジラということがわかりましたが、クジラもまたコピーされたものだと思われます。

南方ひづる曰く、ヒルコの最初は「どこかから来た生命体」ではないかとのこと。

生命体は地球以外のどこかからやってきて、地球の海に落ちた。

そして海の中の生命体をコピーし続けた結果クジラになり、日都ヶ島に流れ着いたと考えられています。

海から流れ着いたあとは、ヒルコ伝承として伝えられた通りなのでしょう。

ヒルコの源は地球外の生命体かもしれない、ということですが、日都ヶ島の島民からすれば影の病の始まりはクジラ。

ですので、ヒルコの正体はクジラですね!

サマータイムレンダ:ヒルコ(クジラ)は最後どうなったのか

慎平とウシオがヒルコとの戦いを終わらせるには、元であるクジラを消去しなければなりません。

ヒルコは弱っていた

ヒルコの食餌は人間の情報で、味覚を楽しむために人間を食べています。

長年の食糧不足なうえに分娩やコピーを繰り返したせいか、最近のヒルコは弱っている状態でした。

復活の儀式として御海送りの日に、100人の人間を食べたのです。

ところが慎平がループして、現在を何度もやり直していたので、慎平を探すのに復活した力を使ってしまいました

最終決戦のヒルコ洞では力を使い果たし、両目を失って赤ん坊のような姿になってしまいます。

*残っていた片目はウシオに行っちゃったのでした。

クジラの最後は消去

常夜でのシデとの戦いのあと、慎平とウシオはクジラが流れ着いた海辺にループします。

クジラが浜に流れ着く限り、同じことが繰り返されるため、消去しないと終わらないのです。

ヒルコがこの輪廻を終わらせるため、常夜から過去へ慎平とウシオを連れてきたのでしょう。

ループしたところは、ヒルコ伝承の始まりとされる雁切波稲がクジラに近づいていく場面でした。

慎平はクジラに近づく雁切波稲の手を掴み、神様に近づくなと声をかけます。

そして最後はウシオの能力で過去のクジラを消去しました。

ヒルコ消滅

ヒルコがコピーしたクジラはウシオの手で消去されました。

するとクジラに最初にコピーされた女の子である波稲も消えます。

慎平が抱いていたヒルコも消滅し、完全にヒルコとクジラはこの世から消えたということになりました。

サマータイムレンダの原作漫画が一番安く読めるのはAmebaマンガ!

 

2022.12.3時点でサマータイムレンダ全巻が一番安く買えるのはAmebaマンガ!

Amebaマンガは、amebaブログを運営しているサイバーエージェントの漫画サービスです。

1冊あたりの単価が他のサービスに比べると10%ほど安いのも魅力です。

 

 呪術廻戦怪獣8号花より男子
Amebaマンガ418円456円418円
eBookJapan
459円501円459円
amazon460円502円460円
紙コミック484円528円484円

 

*新規登録すると100冊まで40%オフというクーポンがもらえます。

サマータイムレンダ全13冊の場合、7439円が4463円で購入できます。

クーポンには有効期限がありますので、ゲットするまえに欲しい漫画を書き出しておくと買い忘れが防げますね!

 

 

 

*2022年12月3日時点では100冊40%オフクーポンはもらえますが、不定期なキャンペーンなためいつ終了するかわかりません。この機会にクーポンをもらっておくのをオススメします

 

 

電子書籍サイトを比較して購入したい方はこちら

サマータイムレンダの漫画を安く買えるクーポンを紹介しています。

サマータイムレンダの漫画が電子書籍で安く読める!最大50%オフのおすすめサイトも紹介!

まとめ:サマータイムレンダ・ヒルコの正体はクジラ?最後はどうなったのかも

  • ヒルコの正体は300年以上前に日都ヶ島に流れ着いたクジラ
  • クジラも何か地球外の生命体によってコピーされていたと考えられている
  • 日都ヶ島では海に流れ着いたモノを神と崇める風習があった
  • 常夜での決戦のあと過去にループしてウシオがクジラを消去
  • クジラが消滅したあとヒルコはお礼を言って消滅した

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です