「ゲド戦記」竜が共食いする理由は?テルーは冒頭シーンのドラゴンなのかについて

ゲド戦記に冒頭シーンからラストシーンまで度々登場する竜。

冒頭シーンではいきなり共食いをしていますね。

竜が現れたことに、人間たちも驚きを隠せない状態です。

またラストシーンでテルーが竜に変身しますが、ひょっとすると冒頭シーンの傷ついたドラゴンがテルーなのではないかとも言われています。

ゲド戦記の竜が共食いする理由とテルーが冒頭シーンの竜なのかについてまとめました。

ゲド戦記:竜が共食いする理由は?

ゲド戦記の冒頭シーンで竜が共食いをするのは、世界の均衡が崩れているという状態をわかりやすく表現しているようです。

竜は元々人間の世界には姿を見せないのです。

竜は人間の世界に姿を見せない

ゲド戦記の舞台アースシーでは、竜と人間は住む世界が違います。

竜が人間の世界に姿を見せることはありません。

その竜が2体も姿を現し、しかも共食いをしているのです。

竜の争いを見た船員たちも驚きのあまり言葉がでませんでした。

竜の共食いは世界の均衡が崩れていることを表わしている

竜が近海に現れたことはアースシーにおいて一大事。

アースシーでは、自然災害や疫病などの被害が次々と起こっていて、調査をしているところです。

そんなときに現れるはずのない竜が2体も姿を現し、共食いをしているとなると、なんらかの現象が起こっていることになるのです。

アースシーの相談役ルードは、自然災害や疫病は世界の均衡がもたらす光が弱っていると言います。

ですから竜を人間の世界に登場させていることで、ゲド戦記の世界が異常をきたしていることを、冒頭シーンで表現しているのでした。

竜の共食いが起きた理由を考察!

ゲド戦記の世界では、命の光が弱まっているとして、自然災害や干ばつ・疫病が広がり、食料も不足し、働くにも働けない状況が冒頭シーンで描かれています。

そして世界の均衡が崩れていることで、アレンの精神にも不安定な状況を生み出しました。

アレンは王国の王子なので、食料不足とは考えにくいことから、命の光が弱まっていることが、精神に影響を及ぼしていると考えられます。

ゲド戦記の世界の竜とは高尚な生き物として捉えられています。

ですからアレン王子と同様に命の光が弱まったことで、精神に異常をきたした。

そして人間界に姿を現してまでも共食いをしたのではないでしょうか。

また、自然災害による食料不足も竜の世界に影響が出ているのであれば、一般的な弱肉強食が描かれているとも考えます。

ゲド戦記:テルーは冒頭シーンのドラゴン(竜)なのか

冒頭シーンで竜に共食いされて海に落ちた竜はテルーではありません。

テルーは人間の両親から生まれた竜の化身

テルーは人間の親から生まれた竜の化身です。

テルーが竜に変身したのは、物語のラストでクモを倒すときのみ。

ハイタカはテルーと対面したときに「まさか、な」と、テルーの顔をガン見しているので、ひょっとするとテルーの正体が竜だと見抜いていたのです。

*ハイタカは大賢人であり、竜と交渉できる者で竜王でもあります。

ですのでハイタカは、クモに殺されそうになった状態でも、夜明けとともに希望の足音が近づいてる、まだ終わりではないという言葉が出たのではないかと思います。

テルー自身も自分が竜だとは思っていなかったけれど、クモに窒息死させられた状態になり、テルーの中に眠っていた竜が現れたのではないでしょうか。

テルーは冒頭シーンの竜ではない

テルーが登場したとき、親代わりであるテナーが「あの子は親からひどいことをされた」とのセリフがありました。

ひょっとすると冒頭シーンの喰われた竜がテルーじゃない?

と、頭をよぎりましたが、テルーは冒頭シーンの竜ではありません。

テルーの顔のアザは、テルーが幼少期(5~6才)に父親から受けた虐待によるものです。

冒頭シーンの竜とテルーの登場が同じ時期ということもあり、テルーと冒頭シーンの竜は別人です。

かつて人間とドラゴンは1つだった

太古の昔、人間と竜は一つでした。

ですが人間はモノを欲し大地と海を選び、竜は自由を欲し風と火を選んだのです。

この時点で、竜に姿を変えて自由を手に入れた者、人間の姿で大地で生きる者が住む世界と東と西に分かれるのです。

ですので、テルーの両親も人間の姿をしているけれど、実は竜の血を引く竜族なのかもしれませんね。

ラストシーンではクモを倒したあと、テルーが上空を見上げ竜を笑顔で見送っています。

原作ではテルーが人間と竜の間に入るキーパーソンとなっているようです。

クモを倒し、世界の均衡が元に戻ったことで、テルーと竜の間で何かしらの念話をしているのでしょうか。

まとめ:「ゲド戦記」竜が共食いする理由は?テルーは冒頭シーンのドラゴン?

  • ゲド戦記の冒頭シーンで竜が共食いをする理由は世界の均衡が崩れていることを表現するため
  • 竜と人間はかつて一つだったが自由を手に入れたい竜と、物欲があった人間とで住む世界が分かれた
  • テルーは人間の親から生まれた竜の化身
  • テルーは冒頭シーンの竜ではない

 

関連記事はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です