千と千尋の神隠しカオナシが出す金は偽物?巨大化して最後はどうなったのかも

千と千尋の神隠しに登場するカオナシが、手のひらから出す金は本物なのか偽物なのか気になります。

金は油屋で疲れを取りに来た腐れ神(オクサレ様)の汚れと共に出てきたものでした。

従業員たちが大喜びする姿を見ていたカオナシが、金を出してばらまくようになるんですね。

そして金を出すことで従業員たちはカオナシに食事をどんどん持っていったことで、カオナシの体は巨大化してしまいます。

ひょっとするとカオナシが出していた金は偽物ではないかと思ってしまいます。

巨大化した体も最後はどうなったのか気になりますね。

千と千尋の神隠し:カオナシが出す金は偽物?

結論から言いますと、カオナシが出した金は偽物です。

カオナシは油屋の周りをウロウロしていますが、八百万の神ではないため湯屋へは入れません。

カオナシとは

カオナシは油屋の橋のところに立っていたり、家屋の外に立っていたりする黒い服に白い顔のお面をつけているキャラクターです。

カオナシは出現自在で姿を消したり現したりでき、湯屋の世界でも八百万の神でもない謎の存在。

千が番台で薬湯の札をもらえなかったとき、カオナシが姿を消して千に渡していました。

本来カオナシは八百万の神ではない=油屋の客人ではないため、油屋には入れないのですが、千尋が「ここ開けときますね」と戸を開けたままに(許可)したため入ってこれたのでした。

コミュニケーション能力が低いため「あ」とか「え」とかしか言えず、千には物を差し出すだけのアピールしかできません。

相手が欲しいものを出すことが出来る

カオナシの能力には「相手が欲しいと思ったものを出せる」があるようです。

オクサレ様が帰ったあと大湯の床には砂金がたくさん落ちていました。

従業員たちが大喜びしていたのを見たカオナシは自分の手をジッと見つめています。

きっと金を出せば千や他の人たちも喜ぶだろうと思ったのでしょう。

手始めに大湯に砂金目当てでやってきた青蛙に手のひらから出した金を差し出します。

青蛙は最初は「客人ではないな」とっていましたが、カオナシが出した金を見て態度を変え寄ってきました。

この件依頼カオナシは金を出せば人が寄ってくると味をしめたようでした。

カオナシの金は偽物だった!

カオナシが出した金は偽物です。

土塊(つちくれ)を変化させていただけだったのです。

湯婆婆が坊が偽物だとわかった瞬間に金も土塊に変化しました。

カオナシがどうやって土塊を金に変化させているのかはわかりません。

カオナシというのは人間の世界でもなく、湯屋の世界でもなく、どこからやってきたかわからない謎の存在とされています。

ひょっとするとカオナシ自体が土塊で人間の姿を擬態しているだけということも考えられます。

ですので見たものを擬態させる能力があるのかもしれません。

千と千尋の神隠し:カオナシは巨大化して最後はどうなったのか

カオナシは金をたくさん出したことで、油屋の従業員たちが群がるようになり食べ物をたくさん持ってきます。

暴飲暴食で巨大化

カオナシは油屋の従業員たちが群がるようになったことで、大量に料理を作らせ暴飲暴食し巨大化しました。

気に入らないことがあると怒るようになったりまるで別人。

巨大化にともない言いたいことが言えるようになり、千にも積極的にアピールするようになります。

カオナシは千を手に入れるのが目的なため、金や食べ物で千に取り入ろうとします。

残念ながら千が欲しいのは両親と共に元の生活に戻ること。

私が欲しいものはあなたには絶対に出せないと言うのでした。

苦団子で元に戻る

手が付けられなくなり油屋を困らせているカオナシに、千は苦団子をカオナシに食べさせます。

カオナシは苦しみだして腹の中のものを吐き出します。

怒ったカオナシは逃げる千を吐きながら追いかけました。

吐くたびに小さくなるカオナシはついには取り込んだ青蛙やナメクジ女など3人も吐き出し、元の姿に戻って行きます。

猛烈な怒りも消え、千を追いかけるスピードもゆっくりになります。

最後は銭婆のところに行く

千はハクを助けるため銭婆のところへ行かなくてはなりませんでした。

りんに駅まで送ってもらうため待ち合わせの場所へ行きます。

カオナシは油屋の外に出て千を見ていました。

千は「こっちだよ」とカオナシに言うと、カオナシは海に飛び込み千について行きます。

カオナシは千と一緒に電車に乗り銭婆の家に到着。

千はハクが盗んだ魔女の契約印を返し謝ります。一緒にケーキを食べるカオナシは完全に元のカオナシに戻っていました。

ハクが千を迎えにきたとき、銭婆はカオナシにお前はここに残れと言います。

意外と手先が器用なカオナシは、銭婆の手助けをすることになりました。

まとめ:千と千尋の神隠しカオナシが出す金は偽物?巨大化して最後はどうなったのかも

  • カオナシが手のひらから出した金は偽物で土塊だった
  • カオナシの能力は消えたり現れたり出来て、相手が欲しがるものを出すことができる
  • カオナシはどこから来たかわからない謎の存在
  • 金を出したことで油屋の従業員に大量の食べ物を作らせ巨大化してしまう
  • 千に苦団子を食べさせられ腹の中のものを吐き出し元の姿に戻る
  • 最後は銭婆の元に残ることになった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。