「ハウルの動く城」かかしの正体とは何者?呪いはいつ解けるのかについても

ハウルの動く城で最初の方から登場しているかかし。

かかしがソフィーに助けられてから、ホッピングのような感じでソフィーについて来たときには驚きました。

このかかしはその後ソフィーを助けてくれる存在になります。

ハウルの動く城のかかしの正体とは何者なのでしょうか?かかしの呪いはいつ解けるのでしょうか。

ハウルの動く城:かかしの正体とは何者?

ハウルの動く城でソフィーがおばあちゃんに姿を変えたあとに登場するかかし。

最初はただのかかしだと思えましたが、実は意思があるかかしだったんですね。

かかしの登場シーン

かかしはソフィーが呪いを解くヒントを探しに、魔法使いがいると言われる山に行く途中で出会います。

ソフィーが山の中腹あたりで休憩をしていると、杖にするのにちょうどいい棒切れを見つけます。

ソフィーが棒切れを引っこ抜くと、頭がカブでできたかかしでした。

かかしが着ている服は燕尾服のような、そして帽子をかぶって蝶ネクタイをしている。

かかしにしては立派な装いなのです。

ソフィーは杖にするつもりだった棒切れがかかしだったので、かかしに別れを告げて再び山頂を目指します。

かかしはソフィーを助けてくれる

ただの棒切れだと思ったかかしは、一本足でソフィーの後をついてきます。

ソフィーに杖を渡したり、今夜泊まる家(ハウルの家)を連れてきたりと、ずっとついてくるのです。

かかしは、その後も洗濯物を干すのを手伝ってくれたり、いつもソフィーのそばにいるのでした。

かかしは言葉が話せないけれど、ソフィーの言うことは理解できます。

物語の終盤では、崖から家が崩れ落ちていくところを、体を張ってソフィーを助けるのです。

かかしの正体は隣国の王子

かかしの正体は隣国の王子です。

かかしのカブのときは黒の燕尾服でボロボロでしたが、人間の姿に戻ったときには明るいクリーム色のスーツ姿です。

王子らしい品のある立ち居振る舞いに、おばあちゃんは何度もいい男だねぇ、を連発していました。

王子はかかしの時に、ソフィーに助け起こされたことで命拾いをしていたのです。

王子は何故呪いがかけられた?

王子がなぜかかしに変身させられていたのか、なぜ呪いがかけられたのかは、劇中で明かされていません。

そして原作では、かかしはかかし。

カブという名前すらついておらず、呪いが解けるということもなく、設定自体がかなり違っているようです。

ハウルの動く城:かかしの呪いが解けるのはラスト

かかしが元の王子の姿に戻るにはどうすればいいのでしょうか。

かかしの呪いはソフィーのキスで解ける

かかしが元の姿に戻ったのはラストシーンです。

ソフィーたちが乗っていた家の床が崖から滑り落ちていく中、かかしが木の足をすり減らしながらブレーキ代わりになって落下を食い止めてくれました。

そこで、ぐったりしているかかしにソフィーが、心配し「新しい木を探してつけてあげる」と言いながらカブの頬っぺにキスをしました。

するとカブはひゅるひゅると回転し、人間の姿に戻ることが出来ました。

かかしには、好きな人のキスで元の姿に戻るという呪いがかけられていたのです。

かかし(王子)のラストは?

ソフィーにキスをもらったおかげで王子の姿に戻れたかかしは、ソフィーにお礼をいいます。

かかしは、ソフィーのことが好きだったのですが、ソフィーの心がハウルにあると知っているので、一度国へ帰ることにしました。

まずは国へ帰って戦争を止めるのです。

そして、ソフィーが心変わりをするのを待つ、と明るく言いました。

ソフィーには言霊を扱える魔力がある

ソフィーは自分でも気づいていないようですが、どうやら魔法の力があるようです。

かかしの呪いはソフィーのキスでしたが、キスの前に新しい足をつけて助けてあげる、と言っています。

かかしの登場シーンでも、かかしは無機質な状態でしたが、ソフィーが言葉をかけてくれることで、

棒切れのかかしが、心を持つかかしになったのではないかと思えます。

まとめ:ハウルの動く城かかしの正体とは?呪いはいつ解けるのか

  • ハウル動く城のかかしの正体は隣国の王子だった
  • かかしはソフィーのことが大好きで、いつもそばにいてピンチには助けてくれた
  • 王子は呪いでかかしに変えられており、好きな人のキスで呪いが解ける
  • 王子に戻ったかかしは国へ帰って戦争を止める
  • ソフィーには自分でも気づいていない言霊を操る魔力があった

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です