映画「銀河鉄道999」ヘビーメルダーとは?トレーダー分岐点やリューズについても

映画「銀河鉄道999」の停車駅惑星ヘビーメルダーは、別名トレーダー分岐点と呼ばれています。

ヘビーメルダーは鉄郎が999号に乗ってから2番目に降りる惑星です。

惑星ヘビーメルダーで鉄郎と出会った人たち、起こった出来事は鉄郎の気持ちに大きな変化を与えました。

惑星ヘビーメルダーでの出会いと鉄郎の新たな決意についてまとめてみました。

映画「銀河鉄道999」惑星ヘビーメルダー:別名トレーダー分岐点の特徴

惑星ヘビーメルダーにはトレーダー分岐点がある

惑星ヘビーメルダーにはトレーダー分岐点があり、あらゆる空間軌道が一点に集まる宇宙の大分岐点です。

宇宙を旅する若者が一度は必ず通りすぎるところです。

大きな夢を抱いた人たちがここを訪れる人たちの分岐点でもあります。

そのままここで土となる人、または夢を抱いたまま違う星へ旅立って行く人で分かれるのです。

惑星ヘビーメルダーの都市部がトレーダー分岐点であり、風景や町並みは西部劇のような感じです。

歩いている人たちの多くも機械化人で、機械伯爵を崇拝している人も多く見られます。

ガンフロンティア山

惑星ヘビーメルダーに下車して初めて鉄郎が立ち寄った酒場です。

機械伯爵を倒すために酒場のマスターに、時間城の居場所や機械伯爵がいつ来るのかを尋ねました。

マスターが紹介してくれたのは、惑星ヘビーメルダーの都市部トレーダー分岐点から10キロほど離れたところにあるガンフロンティア山。

ガンフロンティア山の麓に機械伯爵について詳しく知っている男がいると紹介されるのです。

機械伯爵の時間城がある

時間城は機械伯爵が拠点としているところです。

人間狩りで得たコレクションを飾っていて、コレクションの中には鉄郎の母親の体も飾られてありました。

時間城の中には、時間を操ることができる装置があり、機械伯爵はその装置を使って移動していたと思われます。

トチローから機械伯爵の情報を得た鉄郎は、時間城に乗り込みます。

惑星ヘビーメルダーでのリューズとの出会いについて

ガンフロンティア山のトチローとの出会い

ガンフロンティア山に向かった鉄郎は、そこで自分と同じ帽子をかぶっている男と出会います。

惑星タイタンでおばあさんに帽子と戦士の銃は、その男のものでした。

名前は大山トチロー

トチローは機械伯爵の自分の手で機械伯爵を倒したいと思っていましたが、長い放浪生活で宇宙病に侵されてしまって余命幾ばくも無い状態でした。

鉄郎はトチローから機械伯爵が今夜真夜中にガンフロンティア山の近くに来ること、

そして機械人間は戦士の銃で頭を打ち抜かないと倒せないことを教えてもらいました。

酒場のリューズとの出会い

リューズは鉄郎が訪れた酒場でギターを弾きながら歌を歌っている女性です。

この酒場にくる客は、リューズの歌を聞きながら涙を流しています。

リューズの歌は、遠い昔の自分の若い頃を思い出し、旅路の果てに行きついた者にはやるせなく聞こえるのでした。

リューズは機械伯爵の女

機械伯爵の望むままに機械の体に変身し、改造に改造を重ねて時間を操れる魔女になったと悔やんでいました。

時間城で鉄郎が機械伯爵と戦っているとき、リューズが時間を操るのをやめ、機械伯爵と共に消滅しました。

「機械の体を手に入れる」から「機械の体を無くす」へ決意する

惑星ヘビーメルダーで母親の敵を討ち、機械人間の哀れさを知った鉄郎は、永遠に生きることが幸せではないと気が付きます。

限りある命だからこそ一生懸命生きるし、思いやりや優しさが生まれる。

999号に乗り込んだ当初は亡き母の遺言でもある機械の体を手に入れることに執着していた鉄郎でした。

ですが、ヘビーメルダーでの出来事がきっかけとなり、世の中から機械の体をなくそうとアンドロメダを破壊することを決意しました。

まとめ:映画「銀河鉄道999」ヘビーメルダーでの出会いと鉄郎の決意

  • 惑星ヘビーメルダーにはトレーダー分岐点がある
  • トレーダー分岐点はあらゆる空間軌道があつまる宇宙の大分岐点
  • 惑星ヘビーメルダーにはガンフロンティア山と時間城がある
  • ガンフロンティア山でトチローと出会い機械伯爵について教えてもらう
  • 酒場でであったリューズは、機械の体を手に入れたことを悔やんでいた
  • ヘビーメルダーで時間城を崩壊させ、機械人間の哀れさを感じる
  • 鉄郎は機械の体を手に入れたい気持ちから機械の体を無くすという気持ちに変化する

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です