トモダチゲームのゲーム内容一覧まとめ!順番やルールについても解説!

トモダチゲームは主人公片切友一と友達合わせて5人が、マナブ君の出題したゲームをクリアして借金を返済していくというゲームです。

ゲームと言っても内容は精神的にかなり過酷なゲーム。

5人のうち誰がゲームに参加することを申し込んだのかわからないままの状態で、ゲームを進めていくことになります。

マナブ運営が用意したゲームは4つ!

トモダチゲームの順番や内容と、ルールについてまとめました。

トモダチゲーム:ゲーム内容一覧まとめ!順番やルールについても解説!

トモダチゲームが始まる前、5人にはそれぞれネームプレートを付けるよう指示されます。

ネームプレートの裏には各自の借金額が表示されますが、人に見せると借金額が倍になります。

順番名前概要結果
1コックリさんゲーム全員が10円玉に指を置き、問題に対してはいかいいえを考える。1問でも問題をクリアしたらクリアゲームクリア。賞金200万獲得!
2陰口スゴロク陰口BOXに3分入る。陰口を書かなくてもOK。陰口の内容を神様が判定し進むマスが決まるゴールしたのは友一と天智⇒第三ゲームへ
3友情かくれんぼ森の中で行われた対戦形式のゲーム。相手チームの隠れ役を探す。Kグループの隠れ役が降参したため友一たちの勝利
4友罪ゲーム参加者が弁護人となり犯人役を助ける。裁判にかけられた友達を見捨てることでゲームを拒否することも可能。友一が担任を使って振り込め詐欺を行いクラスメイトから196万円を回収成功。ゲームクリア。
特別ゲーム1弱い者勝ちゲーム肉体的な苦痛に耐えるゲーム弱い者(ゆとり)の代わりに友一が暴力を3回受けた。
特別ゲーム2指切りじゃんけん負けた手の指の本数を切断する。勝てば1000万円。クロキと友一の対決。クロキを誘導し友一がチョキを出して勝ち。クロキの指を切断するところで気絶して終了。

第一のゲーム:コックリさんゲーム

最初のゲームはコックリさん。

10円玉に5人が指を置き、出された問題に対して「はい」か「いいえ」で、自分が正解だと思った方に力を入れます。

5人の答えが同じであれば問題クリアになり、もし、1人でも違う答えを考えていた場合、コックリさんは少数派の味方をします。

問題は全部で5問で、1問でも正解すればゲームはクリアとなります。

ゲームスタート後は声を出すこと禁止。ただし出題するときのみOK。

もしルールを破った場合は、その人の借金は2倍になります。

万が一全問不正解になった場合、最下位ペナルティとして、ゲームオーバーした時点で借金額が一番多かった者が全員分の借金を1人で背負うことになります。

第二のゲーム:陰口スゴロク

学校の屋上で行われた第二ゲームはスゴロクをしてゴールを目指すというもの。

マスを進めるのは「友達の隠しごとをいっぱい暴露した人(陰口)」です。

陰口は用意された個室で陰口ペーパーに記入し、内容を視聴者と言われる神様に内容を判断してもらいます。

神様たちから「この内容は許せない」と思われた人の順番にマス目がもらえ、1位が5マス、2位が4マス、3位が3マス、4位が2マス、5位が1マス進めます。

陰口は一度に誰のでも何個でも書いてOK。神様たちから見て好感度が低い者が一番にゴールする形になります。

誰か1人でもゴールすればゲーム終了で、ゴールした人が第三ゲームに進みます。

もし、陰口ペーパーに全員が白紙で出した場合、5人で1マスずつ進み仲良くゴール。

そして第三ゲームに全員が強制参加することになります。

*嘘の陰口を書いた場合、嘘だとバレれば強制的にスゴロクのトップになります。

第三のゲーム:友情かくれんぼ

第三ゲームの友情ゲームは対戦形式で、友一と天智が戦うのはKグループ。

友情かくれんぼは人数が多いほど有利なゲームです。

チームの中から隠れ役を決めて広大な森の中で隠れ続ける。残りのメンバーは相手チームの隠れ役を探すというもの。

友一たちが不利なのは、隠れ役である天智に食事を運びながら相手チームの隠れ役を探さないといけないためです。

Kグループは5人いますので、隠れ役・探し役・食事を運ぶ役という具合に役割分担ができますね。

ルールは相手チームの隠れ役を先に探した方が勝利!

  • 禁止事項
  1. 暴力
  2. 隠れ役が移動すること
  3. ネームプレートの受け渡し

 

  • 許される行為
  1. 連絡
  2. 食事
  3. 降参(隠れ役だけに与えられる権利)
  4. 寝がえり(探す役だけに与えられる権利)

④の寝がえりをするとゲーム終了。と同時にクリア失敗として個人の借金を敗北チームとなった元仲間に被せることができる

第四のゲーム:友罪裁判

友罪裁判は、友一不在で行われた裁判で被告人は四部、罪状は父親殺しです。

このゲームは四部がルール違反をしたからやることになりました。

弁護人は美笠天智で、裁判がイヤなら拒否することもできます。(四部を見捨てるということ)

ルールはトモダチゲームの運営側が選んだ陪審員を説得して無罪票を集めればゲームクリア。

無罪票というのはお金のことで、運営側が事前に陪審員に渡してあります。

陪審員はクラスメイト28人で集める金額は全部で196万円。1人あたり7万円になります。

7万円は紛失した修学旅行費で、学校側が補償する形で生徒に渡したお金。

無罪票の7万円を28人全員から1週間以内に集めるということです。

トモダチゲーム:友一とクロキの特別ゲームについて

特別ゲームはクロキがトモダチゲームの運営を騙って友一を呼び出したゲーム。

順番は第三のゲーム友情かくれんぼの次になります。

特別ゲーム1:弱い者勝ちゲーム

弱い者勝ちゲームはクロキがトモダチゲームの運営を騙って心木ゆとりを拉致し、友一を呼び出して行ったゲームでした。

ルールは友一が肉体的苦痛を3回受けて、最後まで耐えることができたらゆとりを解放。

友一が暴力を受けなくていい方法は、ゆとりが1回暴力を受けること。

暴力を受ける勇気がない=弱い者(ゆとり)は、全部友一に暴力を受けてもらったので、「弱い者勝ち」となります。

特別ゲーム2:指切りじゃんけん(特別ゲーム2)

指切りじゃんけんは、弱い者勝ちゲームで酷い目に遭った友一が復讐のためクロキにもちかけたゲームです。

じゃんけん1回勝負でクロキが勝てば友一が1000万円あげて、負ければ出した指を切断するというルール。

例えば、チョキで負けると指2本が切断となり、パーで負けたら5本の指を切断することになります。

まとめ:トモダチゲームのゲーム内容一覧まとめ!順番やルールについても解説!

  • トモダチゲーム運営のゲームは第一ゲームから第四ゲームまで
  • コックリさん・陰口スゴロク・友情かくれんぼ・友罪裁判の4つ
  • 第四ゲームは四部がルール違反をしたせいで急きょ行われたゲーム
  • 特別ゲーム1と2は、トモダチゲーム運営を騙ったクロキが友一を呼び出して行ったゲーム。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です