トモダチゲーム・クロキがクズすぎてヤバい!最後はどうなったのかについても!

トモダチゲームの特別ゲーム編で初登場するクロキは見れば見るほどクズで馬鹿な男。

あまりのクズっぷりにクズ中のクズとまで言われています。

クロキはバカなため何者かに買収された挙句、友一に全てを奪われてしまいました。

クロキの馬鹿でクズなところと、最後はどうなったのかをまとめました。

トモダチゲーム:クロキがクズすぎてヤバい!

クロキはトモダチゲームの6巻から10巻までの登場で、大きなインパクトを与えています。

クロキの基本情報

クロキは6巻で初登場します。

心木ゆとりを拉致し、トモダチゲームの運営を騙り友一に「弱い者勝ちゲーム」を持ちかけた人物。

クロキは不良グループのリーダーをしており、頭の良さ・度胸・仲間を裏切らないことがリーダーの条件で、それが俺だと言っています。

過去に大きな事故による怪我のせいで顔を変えており、実はイケメンだったことが判明。

クロキがクズだと言われる理由

クロキがクズだと言われる理由は

  • すぐ暴力に走る
  • お金に汚い
  • 他人を陥れようとする

 

また疑り深く、執念深く自分第一の性格なので、人の忠告にも耳を貸しません。

クロキが友一を呼びだした方法は、心木ゆとりを拉致し囮に使っています。その上トモダチゲームの運営を騙っているのでたちが悪い。

弱い者勝ちゲームという、独自のルールで爪を剥いだり、殴ったりとやりたい放題。

また過去にバイク事故を起こしているクロキは、当時付き合っていた不動みなみが、自分を助けなかったことを逆恨みし、脅したりするような男です。

不動みなみはクロキからお金をせびられ、返してくれなかったため、縁を切りたかったのでしょう。

自分の保身だけを考えるクズ

クロキは自分が不良グループのリーダーをしているのは、頭の良さと度胸、仲間を裏切らないという3つの条件は一番ずば抜けているからだと言っています。

ところがゲームが始まると友一の誘導にひっかかり、1000万を賭けた指切りじゃんけんをすることになります。

じゃんけんにパーで負けたクロキは指を5本落とされることになるのですが、クロキはグループのメンバーに代われと言います。

自分で友一たちを呼び出しておきながら自分の身が危うくなると、下の者に代わってくれというのはあまりにもクズすぎ。

結果指切りじゃんけんに負けたクロキは醜態をさらし、頭の悪さと度胸のなさ、仲間を売るという行動にでましたので、グループのメンバーからも見放されることになりました。

企んでいることがお見通しの馬鹿

クロキがクズな理由に「他人を陥れようとする」がありましたが、その企みがバレバレなのです。

また企んだ計画が上手くいくと思ったクロキは、表情に出てしまうため、逆に友一に誘導されカモにされてしまいます。

友情の檻ゲームでは自分が友一に試されているとは知らず、ドミノをわざと倒して一人だけ脱獄しようとしました。

結果クロキは助けてもらえず1人負けにされてしまい、他のメンバーに馬鹿さ加減を見せつけることになりました。

元カノである不動みなみからの再三の忠告を聞いていれば、助かったのかもしれませんね。

トモダチゲーム:クロキは最後どうなった?

クロキはトモダチゲームの運営を騙り、友一を傷つけたのですが、お咎めはなかったのでしょうか。

依頼人からのお金を友一に奪われる

クロキは何者かに依頼され、トモダチゲームの運営を騙りマナブのお面をつけて登場しました。

依頼者とは電話で話しただけのようで、素性を知っているわけではありません。

クロキのような不良グループの動向を把握しており、多額のお金が用意できる女だそうです。

友一を誘い出し依頼をクリアしたらお金を受け取る予定でしたが、友一に負けてしまい、運営に捕まってしまいました。

お金が必要だった友一は、捕まっているクロキに面会し「運営から解放されたあと安心できるように依頼主を捕まえてやる」と嘘をつき、クロキが受け取るはずだったお金を横取りします。

友一からするとクロキなんてチョロいもんなんですね!

大人のトモダチゲームへ強制参加

クロキは友一にお金を横取りされているとは全く思っていません。

依頼主からもらうはずの大金を使って、トモダチゲームの運営と身柄の解放をめぐって交渉しようと思っていたのでした。

ですが運営がクロキから指定されたお金の受け取り場所に行っても、お金は友一が横取りしたあとでしたので、クロキは交渉することも出来ず強制的に大人のトモダチゲームへ参加させられます。

またクロキは馬鹿なので、運営のマリアにお金の場所を誰かに話したんじゃないの?と聞かれるまで友一に話したことも忘れていました。

最後は借金4億円・刑期45年

結論から言いますと、クロキの最後は45億の負債を抱え、トモダチゲームの運営に連れていかれて終わり。

クロキは大人のトモダチゲームへ行っても相変わらず馬鹿でクズ。

「友情の檻ゲーム」で友一と紫宮京にまんまと踊らされ、1人負けで4億の借金を抱えることになります。

4億を運営に返済する期間はおよそ45年。

時給1000円で寝ずに働いてだいたい45年という計算になるそうです。

友一は元々クロキを許すつもりはありませんでしたが、不動みなみからのお願いもあって最後のチャンスとしてクロキの行動を見ていました。

ですがクロキは、鍵を手にしたことで強気になり、自分一人だけ助かればいいというような行動をしてしまいます。

ということで助かるチャンスを潰してしまったクロキの最後は、4億の負債を抱え運営に連れて行かれました。

まとめ:トモダチゲーム・クロキがクズすぎてヤバい!最後はどうなったのかについても!

  • クロキは最初から最後まで馬鹿でクズで良いところなし
  • クロキがクズだと言われるのは、すぐに暴力に走り、お金に汚くて他人を陥れようとするから
  • 指切りじゃんけんでクロキは、頭の悪さと度胸のなさ、仲間を売るという行動でメンバーから見放された
  • トモダチゲームの運営を騙った代償としてクロキは大人のトモダチゲームに強制参加させられる
  • クロキがもらうはずだった大金は友一が横取りした
  • クロキの最後は負債4億・刑期45年を抱え運営に連れて行かれた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。