シャドーハウスお披露目とは何?ケイトは合格できるのかについてネタバレ!

シャドーハウスの生活に慣れてきたエミリコは、生き人形の授業を受けるようになります。

生き人形の授業に呼ばれたエミリコは、シャドーハウスの広さや他の生き人形たちの存在を初めて知りました。

するとエミリコは「お披露目」という言葉をなんども聞くようになります。

シャドーハウスのお披露目とは何なのでしょうか。

エミリコの頑張りで、ケイトはお披露目に合格することができるのかについてまとめました。

シャドーハウス:お披露目とは何?

シャドーハウスのお披露目とは、新人が先輩シャドーに顔見せするというのとは少し違っているようです。

お披露目とは生き人形とシャドーの適正試験

シャドーハウスのお披露目とは、適正試験のようなもので、試験官は特別な生き人形が努めます。

お披露目はシャドーと生き人形が、シャドー家に有用な人材かどうかを見極める試験で、無能な人材はここで振り落とされ、処分されてしまうのです。

ケイトともっと一緒にいたいエミリコは、試験に合格したいと思っています。

ケイトの他にお披露目に参加するシャドーは4人。合計5組でお披露目に挑みます。

お披露目に合格すると成人となる

お披露目に合格すると、年齢に関係なく成人とみなされ「顔つき」となります。

顔つきになると、昼間に限り行動の自由が広がり、自室の外を出歩けるようになります。

自由を得たと思われますが、許可されているところは、どこに行っても他のシャドーたちがいるのでお互いが見張り役のような感じです。

成人となり他のシャドーと交流を持つようになるとシャドーハウスの秘密が少しずつ明らかになるので、自室にこもって反逆心を持たないよう、監視も厳しくなるようです。

お披露目で合格するために必要なこと

お披露目の試験の前に、ケイトはエミリコと一緒に勉強したかったのですが、エミリコは生き人形の仕事が忙しくてできませんでした。

お披露目で合格するために新人の生き人形たちは、生き人形としての務めの確認を怠りません。

  • 生き人形は余計なことを考えず、シャドーの事を一番に考えて行動する
  • シャドーが何を考えているのかを察知し、表情を作ること

ケイトはエミリコは一緒に勉強する時間がなかったので、合格は少し難しくなっているようです。

シャドーハウス:ケイトはお披露目で合格できる?

お披露目の試験内容とは

お披露目の試験はシャドー家の新人が集められ、立食形式の宴に招待されます。

そこでの振舞いや生き人形とシャドーの相性の良さが評価の対象となります。

どれだけ生き人形が主人であるシャドーを理解して表情を作れているか、ということですね!

そして宴の途中で、シャドーだけが試験官に庭に連れて行かれました。

生き人形たちは庭の地図と用意されたアイテムを持って制限時間内にシャドーを見つけなくてはなりません。

そしてシャドーは服を汚さないこと、生き人形は顔に傷を作らないことが合格条件です。

ケイトとエミリコの頑張りで合格

ケイトとエミリコは試験の前半で最下位だったため、ケイトは一番難関なところに隠されています。

制限時間も残り少なくなっていく中、仲良くなった他のシャドーや生き人形の協力を得てケイトを見つけることが出来ました。

ですが、ケイトは鳥かごのようなものに入れられており、ケイトのすすの量で鳥かごが吊ってある鎖が外れるようになっています。

鳥かごの鎖が残り1本になる中、エミリコは周りに生えている枝や草を刈っていき、ケイトが落ちても大丈夫なようにクッションを作っていました。

鳥かごから出られたケイトとエミリコは、時間内にゴールすることができ、無事お披露目に合格しました。

ケイトはすす能力を最後に使った

ケイトとエミリコが時間内にゴールできたのは、エミリコの頑張りもありましたが、最終的にはケイトのすす能力のおかげでした。

ケイトはお披露目前からすすを動かせる能力に目覚めており、すすを操れるようになっていたのです。

すすを操る能力は誰にも知られないよう、エミリコにも口止めしていましたが、合格するためにすす能力を使いました。

ケイトが使ったすす能力は、自分の背中にすすで羽を作りゴール地点までエミリコを抱いて飛んで行ったことです。

まとめ:シャドーハウスお披露目とは何?ケイトは合格できるのかネタバレ!

  • お披露目とはシャドー家で有用な人材化を見極めるための適性試験
  • お披露目に合格すると、年齢に関係なく成人とみなされ、顔つきとして行動できる
  • お披露目で合格するには、シャドーと生き人形の相性の良さがポイント
  • 生き人形がシャドーの気持ちを理解できているか、表情を作ることが出来ているかなどが評価される
  • ケイトとエミリコは頑張って制限時間内にゴールすることができ、お披露目に合格した
  • ケイトはゴールするときにすす能力を使い、すすで羽を作ってゴールまで飛んで行った

 

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です