映画「さんかく窓の外側は夜」岡田将生が演じる冷川理人の人物像まとめ!除霊師の能力や過去についても

1月22日に公開される映画「さんかく窓の外側は夜」の冷川理人は岡田将生さんが演じます。

冷川理人はすらっとした長身の端正な顔立ちの青年です。

岡田将生さんとイメージが重なってますよね。

岡田将生さんが演じる冷川理人という人はいったい何者なのか、どのような能力があるのかまとめてみました。

実は冷川理人という人物は、ただの除霊屋ではないのです。

さんかく窓の外側は夜:岡田将生演じる冷川理人の人物像

冷川理人は凄腕の霊能力者で、様々な依頼を受ける「特殊清掃COOLEAN」という看板をかかげて除霊屋の仕事をしています。

彼には親も友達も彼女もいません。

子供の頃から自分にとって「運命の人」という人物を探しています。

冷川理人は人との接し方や感情表現がうまくできない

冷川はいわゆる空気を読むとか、気を遣うということができません。

人が苦しんでいるとか、悲しんでいるとか、そういった気持ちを理解するのが冷川には難しいのです。

冷川は子どもの頃の一人ぼっちでいた時期があり「誰かと会話をする」などという事をしていませんでした。

ですから語彙も少なく、会話として成り立たないこともしばしばあります。

彼は苦しかった時期を一人で乗り越えてきたため、誰かをあてにしたり泣いたりすることが無意味だと思っています。

それは、冷川が封じ込めたい過去の記憶と関係がありました。

【運命の人】なる人物を探している

冷川は書店で働く三角康介を見たとき「運命の人」に出会ったと喜びます。

三角康介を介すると、今までボヤっと見えていた霊がハッキリみえ、除霊をしても体の疲れが軽いようです。

冷川は子どものころ、世間と隔離した生活をしていました。

隔離生活を終えたとき、冷川はこれから「運命の人」を探しながら生きていくと決めていました。

子どもの頃、自分の世話をしていた女性に「運命の人とは共鳴して惹きつける。出会えば直感でわかるもの」だと言われています。

康介を見たときに感じた直感は、冷川にとってまさに運命の人でした。

冷川理人の能力の数々

冷川にはたくさんの霊能力があります。

さんかく窓というのは結界のことで、結界の内側に冷川と康介がいる。そんな感じです。

結界が張れる

冷川は、霊の力が強いときや一般人に除霊作業を見られたくないときに結界を張ります。

結界は助手の康介を守るためでもあり、霊に引っ張られることなく元の場所に戻ってこれるようにするために張ります。

結界を張っていると、結界の外側にいる一般人から彼らの姿は見えません。

そして霊が結界のなかに入ってくることもありません。

霊の言葉が聞こえる

冷川は霊の姿も視えますが、視るより聞こえる方が得意です。

霊がいたずらをしている時や、話している言葉など、最後の言葉を聞くことができます。

バラバラ殺人事件の犯人の霊を祓うときに聞こえた「ヒウラエリカに騙された」という言葉が、犯人は誰かの呪いによって操られていただけだと理解しました。

警察の未解決事件に協力するときなど、冷川の霊能力が役に立ちます。

霊を祓う

冷川の除霊は「霊をつかまえてぶん投げる」というものです。

霊を呼んで近くに来させ、つかまえてぶん投げる。

とても疲れる作業だそうですが、助手の三角康介と同期すると霊の姿もハッキリ視えて、疲れも軽減するそうです。

同期することができる

除霊する時に、康介の体の一部に触れる事で魂同士が結び付き、見るモノ聞こえるモノが共有できるようになります。

冷川は霊の声が聞こえますが、見るのはぼんやりとしか見えません。

三角康介と同期することで、今までぼんやりとしか見えていなかった霊の姿形がハッキリみえるようになります。

契約を結び見えない紐で縛る

三角康介と運命の出会いをした冷川は、康介とバディを組みます。

康介には霊能力がありますが、彼は素人のため無防備なのです。

冷川は、康介が他の霊能力者に入り込まれないように契約をしました。

契約をすると、他の霊能力者が入り込もうとすることを阻止することが出来るのです。

そして遠くにいても康介に危険が迫ると察知し駆け付ける事も可能です。

冷川理人の過去

冷川には思い出したくない過去があります。

封じ込めているといったところでしょうか。特殊な生き方をしてきた影響が、冷川の性格を作り上げたとも言えます。

ヒウラエリカと出会ったことで、物語は冷川の過去と繋がっていきます。

宗教団体の教祖だった

冷川は子供の頃から霊能力があり、その霊能力に気づいた母親は冷川を大掌様として教祖にまつりあげ、宗教団体を運営していました。

教祖といっても、何もない部屋に閉じ込められ、毎日「面会」として信者についてるモノを祓っています。

大好きなお母さんとも離され、食べたいお肉も食べさせてもらえず、学校にも行かせてもらえません。

俗世間から隔離されていました。

接する人間は、食事を運び面会のスケジュールを組んでいる見張り役のような女だけです。

宗教団体の崩壊

俗世間から隔離されて除霊作業ばかりしている冷川の元に、ある男が目から黒い血を流した男を連れてきました。

男から「呪い」だと教えられ、冷川は「呪って殺してやる」と、世話役の女を見据えてつぶやきます。

すると、呪いをかけられている男の目から黒い血が止まり、代わりに女の目から血が流れ、心臓を押さえながら倒れました。

見張り役の女が倒れたことで自由になったと喜んだ冷川は、部屋の外に出ていきます。

ところが、部屋の外では信者たちが殺し合いを始めており、冷川のお母さんも死んでしまったのでした。

そして、近所から宗教団体の様子がおかしいと警察に通報があり、冷川は事件で一人生き残った子供として警察によって救い出されたのです。

まとめ:映画「さんかく窓の外側は夜」岡田将生が演じる冷川理人

  • 冷川理人は子どもの頃から非常に強い霊能力者だった
  • 人に対する接し方や、人間の感情について疎いところがある
  • 冷川の能力には結界を張る・霊を祓う・霊の声が聞こえるなどがある
  • 冷川は子どもの頃、宗教団体の教祖とされていた
  • 宗教団体は冷川の呪いによって崩壊した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です