メイドインアビスの卵(欲望の揺籃)とは?イルミューイやワズキャンの願いを考察!

メイドインアビスの成れ果て村編で気になるのが「卵」ですよね。

卵はアビスでは欲望の揺籃と言われヒトでいう「願いを叶える卵」なのだとか。

決死隊ガンジャはアビス六層で初めて卵を発見したのですが、どうやら全部で3つ使ったようです。

イルミューイが1つ目の卵を使い、残りの2つをワズキャンが使ったようですね。

3つの卵をどのように使ったのか、イルミューイとワズキャンの願いについても考察しました。

メイドインアビス:卵(欲望の揺籃)は3つある?

卵はワズキャンがリーダーを務める決死隊ガンジャの食糧調査隊が見つけてきたもの。

強力な力が働いているのか、複数名いた調査隊のうちキャンプまで戻れたのは3人だけでした。

卵はアビスの遺物欲望の揺籃

食糧調査隊はキャンプに到着後すぐに異形となり死亡してしまいます。ヴエコが初めてみた異形でした。

干渉器たちが言うには卵はアビスの遺物で「欲望の揺籃」と言われるもの。

何かをお願いする、というわけではなく直接触れるだけでささやかなものから強い願いが取り込まれるのだとか。

取り込まれて散ると異形になってしまうようです。

ヒトの大人は雑多で複雑なため適していないようで、使うのであれば子供が良いとのこと。

大人は胸に秘めている願い・思惑が多いから適さないということなのでしょうか。

欲望・・・不足を感じていることを満たそうと強く望むこと。

揺籃とは・・・ゆりかご、幼年期。 物事の発展する初期の段階、揺籃時代。

卵は全部で3つ使っている

食糧調査隊が見つけた卵は1つでしたが、最終的に3つ使っています。

ワズキャンは干渉器たちがが卵を知っていた=複数あるはずということから、探してもらっていたのです。

  1. 1つ目は、イルミューイが水もどきの病に感染したことで、卵を使って回復させようとヴエコがワズキャンに使用の許可を求めました。
  2. 2つ目は、ヴエコが水もどきの病に感染したあと、それに呼応するようにイルミューイも弱っていったため、今度はワズキャンがイルミューイに力を与えるため卵を託しました。
  3. 3つ目は、ワズキャンが自身で使いましたが失敗。イルミューイに体を吸収された(成れ果てた)際、卵も一緒に吸収されています。

卵を使ったあとの変化

欲望の揺籃を使ったあとの変化として、イルミューイは熱が下がり胸のあたりに卵が埋め込まれたようになっていました。

体の異形化が進み、しばらくすると赤ちゃんを産み始めたのです。

生まれた赤ちゃんは翌日には死亡してしまいますが、毎日産み続けています。

2つ目の卵を使ったあと、

イルミューイの異形化はどんどん進み、次第に言葉を失ってしまいました。

ワズキャンが卵を使ったことによって生じた変化は、腕に異形の症状が出たという程度。

イルミューイの中に入るときに体を卵ごと吸収されているので、死亡することはなかったのでしょう。

メイドインアビス:イルミューイやワズキャンの願いを考察!

卵に託す願いは、卵に直接触れるだけで取り込まれますので、イルミューイもワズキャンも何を願ったのかわかっていません。

1つ目イルミューイの願いは子供を産むこと?

イルミューイが1つ目の卵「欲望の揺籃」を使って回復したとき、何を願ったのかは覚えていませんでした。

ただ、イルミューイは決死隊ガンジャに入るまえ、子供が産めない体ということで家族に捨てられています。

欲望の揺籃を使ったあと、イルミューイは病から回復し赤ちゃんを産めるようになっています。

そして生まれてきた赤ちゃんの姿は、ペットとして可愛がっていたヤドネにそっくり。

ということは、イルミューイの願いは子供を産むことではないでしょうか。

2つ目の願いはヴエコを守る?

2つ目の卵はワズキャンがヴエコが倒れたときにイルミューイに与えています。

ワズキャンはイルミューイを「母」にして村にするつもりでいたのだと思います。

*「イルぶる」という村の名前の意味は「村・ゆりかご・母」

そのため、ヴエコが倒れたとか、ヴエコのためとかうまいことを言って、安心して暮らせる場所を願わせるよう仕向けたのではないでしょうか。

そのため、元気になったヴエコに反応したイルミューイは動き出し、決死隊のメンバーを吸収しながら村となったのだと思われます。

ワズキャンが言っていたイルミューイの本当の願いとは、「ヴエコとずっと一緒にいられる」ことだったのではないでしょうか。

3つ目の卵でワズキャンが願ったことを考察!

ワズキャンは「やるだけやるやつ」ということで、六層の入り口で満足する人物ではないようです。

ですが決死隊ガンジャのメンバーは水もどきの病によって次々と倒れていき、冒険を続けることができなくなりました。

ワズキャンの願いは「村の呪いを解いて再び冒険に出られるようにすること」ではないでしょうか。

村の呪いとは、イルミューイが土台となっている成れ果て村は、村を守るために膜が張られており、異形たちは成れ果て村から出ると消滅してしまいます。

そのため、次にやってくる子供の冒険者(リコ)に欲望の揺籃を使わせるよう仕向け、呪いを解いてもらおうとしたのだと思われます。

神がかりの預言者と言えど、やるだけのことはやらないとダメと言っていますから、願いを叶えるためにイルミューイやヴエコを誘導していたのでしょう。

まとめ:メイドインアビスの卵(欲望の揺籃)とは?イルミューイやワズキャンの願いを考察!

  • メイドインアビスに登場する卵はアビスの遺物で「欲望の揺籃」。
  • 欲望の揺籃はヒトの願いを叶えると言われていますが、潜在的な願いのため、何を願ったのかわからない
  • イルミューイは卵によって赤ちゃんが産まれてきたことで願いが叶ったと思われる
  • 2つ目の卵はヴエコと一緒にいられる場所(村)を作ることだと考察
  • 3つ目の卵はワズキャンが使っており、もう一度冒険に出られるように願ったと思われる

 

メイドインアビスが安く読める!

メイドインアビスを一番安く読むならAmebaマンガがおすすめ!

100冊まで使える40%オフクーポンや半額クーポンなどのサービスを紹介しています。是非ご利用ください!

メイドインアビスの漫画が電子書籍で安く読める!最大50%オフのおすすめサイトも紹介! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。