「呪術廻戦」夏油傑の過去と目的は?闇落ちの理由と偽者の正体についても

呪術廻戦に登場する夏油傑は、元呪術高専に在籍していた人物で五条悟の親友です。

夏油傑は日本に4人しかいない特級呪術師。

夏油傑はある事件をきっかけに、闇落ちしてしまい呪術師としての生き方がガラリと変わります。

夏油傑の過去や目的、闇落ちしてしまった理由と偽者夏油傑の正体についてもまとめました。

呪術廻戦:夏油傑の過去と目的は?

過去の夏油傑は一般人や弱者を守るという正義感がありました。ところが任務をこなすごとに違和感が積み重なっていったようです。

夏油傑は呪術高専で五条悟の親友だった

夏油傑は五条悟が呪術高専の2年生のときの同級生でした。

夏油傑は呪術高専時代から強かったため、術師は非術師を守るために存在すると思っていました。

いわゆる意識高い系の人物で、五条悟の言葉遣いや考え方に口出しすることもあります。

五条悟は自分のことを「俺」と言っていたのを夏油傑に何度も指摘され、「僕」を使うようになっています。

呪術師としての実力もあったことから、呪術界最強と言われている五条悟が夏油傑をたった1人に親友と言っています。

夏油傑の術式や強さ

夏油傑の術式は「呪霊操術」で降伏した呪霊を自身の体内に取り込みます。

取り込む呪霊は準1級以上で、手数が多ければ多いほど戦闘に有利になります。

戦闘で使役した呪霊が倒されても、次から次へと新しい呪霊を放てばいいだけ。

しかも放たれる呪霊は準1級以上ですので、弱い相手では夏油傑に勝つことは出来ません。

任務や戦いで強い呪霊を祓えば祓うほど、夏油傑の手持ちが増えるということですね。

夏油傑の目的は呪術師だけの世界をつくること

夏油傑はある事件をきっかけに非術師(一般人)を猿どもと呼ぶようになります。

呪術高専時代「呪術師は非術師を守る」と言っていたのが、今度は非術師を利用する側になってしまったのでした。

呪術高専を追放されたあとの夏油傑は、表向きは宗教団体のトップになります。

そして非術師をお金を集める目的の「猿」と、呪いを集める「猿」として見るようになります。

夏油傑の元に相談にやってくる信者(非術師)から、呪いを集め力を蓄えました。

夏油傑は、強者(呪術師)が弱者(非術師)に適応する社会に矛盾を感じ、非術師を皆殺しにして呪術師だけの世界を作ろうとしているのです。

呪術廻戦:夏油傑の闇落ちの理由

夏油傑が非術師を猿と呼び、皆殺しにしたくなったのは過去の事件がありました。

夏油傑の闇落ちの理由

夏油傑は、五条悟と天内理子という少女の護衛を任されます。

*天内理子は天元様の星將体になる少女

天内理子を狙っているのは呪詛師集団Qと盤星教という2つの集団でした。

天内理子が狙われる理由

呪詛師集団Q・・・天元様の暴走による現呪術界の転覆を目論んでいる

盤星教・・・・・非術師の宗教集団で天元様を崇拝している。純粋な天元様を崇拝しているため、星將体を不純物をみなし、天元様と混ざるのを阻止したい。

夏油傑は護衛をしていた2日間で、天内理子に情がわいてきました。

星將体との同化する儀式の直前、天内理子を連れて引き返そうとしたとき、自分の目の前で天内理子を伏黒甚爾に殺されてしまったのです。

天内理子が死亡したのを喜ぶ盤星教信者(非術師)の姿が脳裏に焼き付き、自分が掲げていた「呪術師が非術師を守る」という意味が分からなくなります。

そして任務で訪れた先の村の集落で、小さな女の子を虐げていた村人100人以上を殺害し、高専から追放されます。

百鬼夜行で最後は死亡

夏油は自分が目指す世界を作るため、呪術高専にいる乙骨の呪霊リカを狙います。

リカが手に入れば、非術師からコツコツと呪霊を集める必要がなくなります。

夏油は呪術高専に入り込み、百鬼夜行を行うと宣言しました。

場所は東京新宿と京都。

夏油が呪術高専相手に勝てる見込みは2~3割ほどでしたが、リカを手に入れれば勝てると思っています。

ですので夏油は百鬼夜行当日、新宿と京都には向かわず高専にいる乙骨の元に向いました。

乙骨を殺してリカを手に入れるつもりでしたが、乙骨が呪力の制限解除をし右腕を潰され瀕死の状態になります。

そこへ新宿から戻った五条悟が夏油にとどめを刺したことで死亡しました。

夏油傑の正体は誰?

夏油は乙骨たちが高専に入った年に死んでいます。

ところがその1年後、夏油は真人たち特級呪霊と一緒に姿を現しています。

夏油傑は復活したのか?

夏油傑は百鬼夜行では右腕が潰されていました。

ところが真人たちと行動する夏油の右腕は健在で、なぜか額に縫い目があります。

五条悟の六眼をもってしても肉体や呪力は親友の夏油傑でした。

ですが五条悟の魂が感じるのは夏油傑ではありません。

五条悟が誰なのか、と問い詰めると夏油は額の縫い目をほどき、自分が夏油傑の体を使っていることを明らかにします。

脳を入れ替えれば肉体を転々とできる術式で、肉体に刻まれている当人の術式も使えるのです。

五条悟は百鬼夜行で夏油傑を殺しましたが、遺体処理を家入硝子にさせていなかったため、ニセ夏油に使われてしまったのでした。

ニセ夏油傑の正体は加茂憲倫?

ニセ夏油の正体は脹相が見破り、加茂憲倫だと判明しました。

加茂憲倫は150年前の明治時代に活躍した呪術師。

加茂憲倫だとすると、肉体を乗り換える術式や、とんでもない結界術や術具を所持しているのも納得ができるようです。

加茂憲倫は明治時代に史上最悪の術師と呼ばれた男で、加茂家にとって最大の汚点と言われています。

加茂憲倫は好奇心が旺盛な呪術師だったようで、数々の禁断の呪術文化財を残しており、その多くは高専で封印されているようです。

ニセ夏油の正体は羂索(けんじゃく)

ところが、ニセ夏油は渋谷事変の最後で「自分が配った呪物は千年前からコツコツ契約した術師の成れの果て」と言っています。

加茂憲倫は150年前の呪術師ということで、ニセ夏油の正体は加茂憲倫ではないということになります。

夏油の体を乗っ取っているのは「羂索(けんじゃく)」という人物で、加茂憲倫は体を乗っ取られた1人に過ぎませんでした。

ニセ夏油の正体が羂索だったということがわかり、今後どのような展開になるのか楽しみです!

まとめ:「呪術廻戦」夏油傑の過去と目的は?百鬼夜行と闇落ちの理由についても

  • 夏油傑は呪術高専の元生徒で五条悟の親友だった
  • 夏油傑は過去に事件から非術師を嫌っており、呪術師だけの世界を作ろうとしていた
  • 夏油傑は特級呪霊リカを手に入れるため百鬼夜行を決行したが、最後は五条悟の手によって死亡
  • 特級呪霊の真人たちと手を組んでいる夏油は偽者で、脳を入れ替えれば肉体を使える術式によって動いている
  • 夏油傑の正体は羂索で加茂憲倫は体を乗っ取られた人物の1人

 

呪術廻戦が安く読める!

呪術廻戦を50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

呪術廻戦を安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です