映画「銀河鉄道999」メーテルの正体は何者?メーテルの母親や父親についても解説!

映画「銀河鉄道999」で鉄郎と一緒に宇宙の旅をする謎の美女メーテル

メーテルと言えば黒い服に身を包み、長い髪に長いまつ毛が特徴の美女です。

そんな美女がなぜ鉄郎にパスポートを渡し、一緒に旅をしているのでしょうか。

999号に詳しく、停車駅にも詳しい。

映画「銀河鉄道999」の謎だらけの美女メーテルの正体とは?ラストで登場するメーテルの両親についても解説します。

*メーテルの正体については諸説ありますが、ここでは劇場版1作目について解説させて頂きます。

映画「銀河鉄道999」メーテルと鉄郎の出会い

メーテルは警察に捕まった鉄郎を保護

機械の体を手に入れたい鉄郎は、乗客のパスを盗み999号に乗り込もうとします。

警察に追いかけられている途中、力尽きて意識を失います。

鉄郎は目が覚めるとホテルのベッドの上。

メーテルが鉄郎をかくまってくれたのでした。

メーテルは一緒に999号に乗ってくれる人を探していた

メーテルは鉄郎に機械の体をくれるアンドロメダ行きのパスを渡します。

条件は自分を一緒にアンドロメダまで連れていってくれること。

メーテルは理由を明らかにしていませんでしたが、鉄郎は女の一人旅は危険だからと解釈し、一緒に999号で旅をすることを快諾しました。

メーテルの正体が何者かと思わせるエピソード

メーテルのイヤリングは照明弾

メガロポリスの駅で警察に追われていた鉄郎。

警察が鉄郎を追ってメーテルの部屋までやってきました。

するとメーテルは鉄郎に列車に乗ったら地球には帰れないことを鉄郎に確認した後、イヤリングを警察に投げつけました。

眩しい光がメーテルと鉄郎を守り、逃げ出すことに成功しました。

999号に詳しい

鉄郎は999号に乗り込むとき、列車の見た目の普通さと古さに驚いていました。

メーテルは999号が耐エネルギー無限電磁バリアに守られた超近代的宇宙列車だと説明します。

二度と帰らない長い旅に出る人が少しでもくつろげるように、見た目は大昔の蒸気機関車に仕立ててあること。

メーテルは各停車駅についての滞在時間や特徴についても、車掌さんの説明を補足するほど999号に詳しいです。

時間城でメーテルに気を許すなと言われる

惑星タイタンで出会ったアンタレスは、時間城で機械伯爵を倒すときに応援に駆けつけてくれた人です。

アンタレスのところには、人間か機械かのるだけで判別できる機会がありました。

メーテルと鉄郎はアンタレスの機械に乗り、人間だと証明されています。

ですが、時間城で最後を迎えるとき、アンタレスが鉄郎に残した言葉は「メーテルに気を許すな」でした。

クイーンエメラルダスと知り合い

冥王星を出た後、クイーンエメラルダス号が999号の横を通っています。

鉄郎がクイーンエメラルダス号に銃を向けたことで、エメラルダスが999号に乗り込んできました。

鉄郎が持っていた戦士の銃に気づいたエメラルダスは、鉄郎を始末することをやめ鉄郎の後ろにいるメーテルに気が付きました。

お久しぶりね、と会話をするメーテルとエメラルダス。

鉄郎はメーテルがエメラルダスと友達だったから助かったと言っていますが、メーテルはエメラルダスについては何も語っていません。

ラストで登場:メーテルの父と母が明かすメーテルの正体

メーテルの母親は惑星メーテルの女王陛下

銀河鉄道999の旅が終わる終着駅に降りたとき、到着駅のアナウンスは「惑星メーテル」です。

メーテルは惑星メーテルの女王陛下プロメシュームの娘で、惑星の骨組みを支える部品になる人間を連れてきていたのです。

惑星メーテルは、あらゆる人間の部品で構成されています。

人間を機械の部品に変える惑星の女王陛下です。

メーテルの父親はドクターバン

ドクターバンはメーテルが付けているネックレスに魂を宿しており、姿形はありません。

ですが、ネックレスを通して会話ができるのです。

ドクターバンが入っているネックレスには強大なエネルギーが宿っており、惑星の中心部に入れると惑星メーテルを崩壊することができます。

メーテルの父親は、母親とは違って機械人間に反対している思想の持主です。

メーテルの体は機械の体だった

メーテルの体は、機械人間に人間狩りで殺された鉄郎の母親のものでした。

母親プロメシュームは、メーテルが自分を裏切ったとわかったとき、宇宙で一番美しい体を与えてやった、永遠の命を授けてやった、と言っています。

それに対してメーテルも「永遠の苦しみも下さった」と答えていることから、メーテルは機械人間だったことが明らかになります。

メーテルの表面的な体は鉄郎の母親の若い頃の姿の生き写し。

肉体が老化するとまた別の体をもらうといった感じで永遠を生きるのだそうです。

メーテルは惑星メーテルを滅ぼすための同士を集めていた

メーテルは鉄郎と最初に出会ったとき、鉄郎の額にドリームセンサーを付けて鉄郎の奥に潜んでいる夢を確認していました。

母親の仇を討つために時間城に行き、機械伯爵を倒すという目的です。

メーテルは、表向きは母親の指示に従って地球から人間を連れてきていましたが、実は父親に協力するために、「機械帝国を滅ぼす強い意思を持った人間」を連れてきていたのです。

その強い意思を持った人間が、惑星の主要部分に部品となって惑星を滅ぼすときに効力を発揮するのです。

メーテルの体は冥王星に眠っている

冥王星に着いたとき、メーテルは氷の墓に行きました。

氷に座り込み氷の底をのぞき込んでいました。

惑星メーテルを崩壊させたあと、メーテルは自分の体を取り戻すべく冥王星に向かうのです。

冥王星に眠っているメーテルの体は生身なのか機械の体なのか触れられていません。

メーテルは鉄郎に、自分が元の体に戻ってもきっと鉄郎は自分に気づかないと言います。

まとめ:映画「銀河鉄道999」メーテルの正体は何者?メーテルの父と母についても

映画「銀河鉄道999」謎の美女メーテルの正体についてまとめてみました。

  • メーテルは惑星メーテルの女王陛下とドクターバンの一人娘
  • メーテルの体は機械の体で鉄郎の母親の肉体を借りている
  • 何度も999号に乗っているから停車駅や999号に詳しい
  • メーテルの体は冥王星に眠っている
  • 惑星メーテルに人間を集めているのは、反機械化で惑星を崩壊させるため
  • 映画「銀河鉄道999」メーテルの正体は、機械帝国の娘で機械人間でした。

 

銀河鉄道999がフル視聴できる!

銀河鉄道999を無料でフル視聴できるサービスを紹介しています。

「銀河鉄道999」無料でアニメ動画をフル視聴する方法!

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です