「裏世界ピクニック」きさらぎ駅のモデル舞台は?聖地の場所についても

「裏世界ピクニック」に出てくる裏世界のきさらぎ駅。

電気も通っていないのに自販機に灯りがついていたり、電車が通過したりと不気味さを醸し出しています。

きさらぎ駅のホームにある駅名の看板をみた空魚が「きさらぎ駅・・・」と言葉を詰まらせる場面もありました。

裏世界ピクニックに出てくるきさらぎ駅とは?元ネタと言われている都市伝説についてまとめました。

裏世界ピクニック:裏世界のきさらぎ駅とは?

裏世界のきさらぎ駅は廃駅じゃない

無防備な状態で裏世界に行ってしまった鳥子たちを助けてくれたのは、同じく沖縄から裏世界に迷い込んでしまった米軍の人たちでした。

鳥子たちを保護するべく連れていってくれたのは、米軍が野営をしている近くにある駅。

駅には電灯がついていたり、自販機にも灯りがついています。

電線はどこにも繋がっていないのに。

駅にある駅名標にはきさらぎ駅と書いてあり、その下には進行方向の駅が「かたす」、前の駅名には「やみ」と書かれてありました。

空魚が廃駅だと思っていたきさらぎ駅は、1日に数本電車が通り過ぎていて廃駅ではありませんでした。

きさらぎ駅に入って来る電車はゲートだった

空魚の目は、グリッチやゲートを見ることが出来ます。

米軍から裏世界の化け物だと勘違いされ、追いかけられた空魚たちが駆け込んだのはきさらぎ駅でした。

きさらぎ駅に入ってきた電車にグリッチがないか見た空魚は、電車がゲートであることを確認しました。

きさらぎ駅に入ってきた電車は表世界と裏世界が交わっていたのです。

裏世界ピクニック「きさらぎ駅」のモデル舞台は聖地

きさらぎ駅はインターネットコミュニティで都市伝説として語られている架空の駅です。

きさらぎ駅のモデル舞台は静岡?

きさらぎ駅は2004年にインターネット掲示板2ちゃんねるに、投稿された怪奇体験談として登場しました。

きさらぎ駅のモデル舞台は静岡にあります。

遠州鉄道から乗った投稿者が、実況形式で掲示板に書き込みをしながらたどり着いたとされる駅です。

書き込みの内容は、新浜松駅から遠州鉄道に乗ったけれど、いつもとは違いなかなか停車しない。

ようやく停車したと思ったら聞いたこともないきさらぎ駅だった。

駅に降りたところ、不思議な出来事が次々に起こり、電話で助けを求めても誰にも取り合ってもらえませんでした。

たまたま通りがかった車に乗せてもらった途端にスレッドが途絶えたことから2ちゃんねるのオカルト版で注目を集めました。

元ネタとされる理由は?

きさらぎ駅の元ネタとされる理由は、空魚がオカルト好きであるという設定からも読み取れますが、

鳥子と空魚が米軍に駅に連れて行かれたとき、駅名標にきさらぎ駅と書かれているのを見た空魚と鳥子。

2人は思わず「聖地巡礼」という言葉を発しています。

空魚からすると、あのきさらぎ駅はこんなところにあったのか。。といった感じではないでしょうか。

まとめ:裏世界ピクニックきさらぎ駅のモデル舞台は?聖地の場所についても

  • 裏世界ピクニックで登場するきさらぎ駅は廃駅ではない
  • きさらぎ駅は表世界と裏世界が交わっているゲートだった
  • きさらぎ駅はのモデル舞台は静岡の遠州鉄道
  • きさらぎ駅はオカルト好きな空魚には聖地
  • 2ちゃんねるで過去にあったスレッドが元ネタとされているかも

 

裏世界ピクニックが安く読める!

裏世界ピクニックを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

裏世界ピクニックを安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

  • 関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です