「終末のワルキューレ」トーナメントの勝敗一覧!ワルキューレの能力についても

終末のワルキューレは人類の存亡をかけた神vs人間の戦いです。

ブリュンヒルデが神に提案したのは、神と人間による最終闘争でタイマン勝負でした。

勝負はトーナメント方式で行われ、出場者は神と人類で13組になります。

ルールは先に7勝した方が勝ちで、神が先に7勝したら人類の終末が決定し、人類が7勝したらこの先1000年の生存が許されるというものです。

終末のワルキューレ、最終闘争のトーナメント出場者の勝敗一覧と、死亡キャラについてまとめました。

終末のワルキューレ:最終闘争トーナメント勝敗一覧

神と戦うのはブリュンヒルデたちワルキューレが地上で見つけてきた人類最強の戦士たちです。

天界対人類のトーナメント勝敗一覧

トーナメントは原作漫画で5回戦、シヴァと雷電の戦いの途中までしか描かれていません。(2021.5月時点)

対戦天界人類勝者決まり手試合時間ワルキューレ
1回戦トール呂布トール(神)覚醒雷槌16分28秒ランドグリーズ
2回戦ゼウスアダムゼウス(神)拳骨7分13秒レギンレイブ
3回戦ポセイドン佐々木小次郎佐々木小次郎(人類)双燕斬虎万刀繚乱13分7秒フリスト
4回戦ヘラクレスジャック・ザ・リッパ-ジャック(人類)DearGOD(手刀)26分57秒フレック
5回戦シヴァ雷電為右衛門シヴァ(神)大切炎舞11分16秒スルーズ
6回戦零福(七福神の集合体)釈迦戦闘中

人類代表の戦士たち

人類代表の戦士たちは、強くて名前を残した偉人なので、聞いたことがある名前が多いです。

勝者を赤文字にしています。

人類代表戦士

  • 始皇帝・・・・・・・紀元前の人物で中国の初代皇帝。名前を嬴性。現代中国語では秦始皇帝と言われています。キングダムに登場する政のことですね。

 

  • レオニダス王・・・・紀元前のギリシャの人物。300人vs200万人以上という兵力の差があってm互角に戦ったという人物で、スパルタの英雄とされています。

 

  • ニコラ・テスラ・・・セルビア人。19世紀中期から20世紀中期にかけて活躍した発明家。電動機から発電機を作りあげた人物です。

 

  • 佐々木小次郎・・・・宮本武蔵と巌流島での決闘が有名な人物。生存中は戦いに負けるたびに、相手を超える方法を1人で追及する度に出て、その相手を超え続けたことで史上最強の敗者と呼ばれた人物。

 

  • ジャック・ザ・リッパー・・・19世紀のイギリスを震撼させ、切り裂きジャックという通り名で歴史に残っている人物。ジャックの持つ狂気や悪意がブリュンヒルデに評価されたのだとか。

 

  • アダム・・・・・・・全人類の始祖であり父。人類で最も神を憎んでいる人物と思われましたが、実際はそうではなく、トーナメントに参加したのは自身の子どもである人類を守るため。

 

  • 雷電為右衛門・・・・江戸時代に活躍した力士。相撲2000年の歴史の中でも最強といわれ、張り手など4つの技を禁じ手とされるも20年以上勝ち続けた土俵の帝王。

 

  • 沖田総司・・・・・幕末に活躍した新選組一番隊組であり剣術の師範です。沖田の剣技で有名なのが3段突き。突きのスピードが早く1回の突きと思わせているが、実は3既に3回突いている。

 

  • グレゴリー・ラスプーチン・・・・ロシア帝国の崩壊の原因を作った人物。歴史上の評価は低いけれど、悪役としての人気があり映画や小説に登場することが多い。

 

  • ミシェル・ノストラダムス・・・・フランスのルネサンス期の医師で占星術師でもありました。

 

  • 呂布奉先・・・・中国三国志に登場する人物。歴史上ではあまりに強い人物で、父殺しをするなど残虐であったことから処刑されている。

 

  • シモ・ヘイヘ・・・フィンランドの軍人。ソビエト軍との戦いでは白い死神と呼ばれ、スナイパーとして史上最多の542名を射殺している。

 

  • 坂田金時・・・・・幼い頃の名は金太郎。日本の昔話に出てくる人物。熊と相撲を取ったというのは有名。源頼光の家来になり、頼光四天王の1人になりました。

 

天界代表の戦士たち

天界を代表して人類を終末させるべく戦うのは以下の13人です。勝者は赤文字です。

 

  • ゼウス・・・・ギリシャ神話の最高神で、神々の中でもかなりの権力を持っている。

 

  • 釈迦・・・・・仏教の開祖。かつては人間として生まれたが、煩悩にあえぐ人間を救うために煩悩を捨て心理を追い求めた人物。

 

  • ロキ・・・・・北欧神話に登場するイタズラが好きな神。巨人なのにオーディンと義兄弟になり、アースガルズで暮らしている

 

  • アポロン・・・・ギリシャ神話に登場する男の神。ゼウスの息子。芸能・芸術の神として知られている

 

  • ポセイドン・・・・ゼウスの兄でオリュンポス12神に名を連ねる海洋神。

 

  • スサノオノミコト・・・日本神話に登場する神。ヤマタノオロチを倒し、手には草薙の剣を持っている

 

  • ヘラクレス・・・・ギリシャ神話に登場する神で半神半人。人類の終末には反対している。

 

  • トール・・・・・北欧最強神・雷神といわれる戦神。全力を出して戦うほど強い敵がほとんどない。

 

  • 毘沙門天・・・・七福神の1人。日本では江戸時代以降に勝負ごとに利益ありとして崇められている

 

  • アヌビス・・・・エジプト神話に登場する冥界の神。医学界の神ともいわれ、亡くなった人の魂を冥界に運ぶのが早い

 

  • オーディン・・・・北欧神話の神で、戦争と死の神。知識を得るのに貪欲で魔術に長けている

 

  • ベルゼブブ・・・・キリスト教の悪魔の1人とされ、ハエの王とされている。魔界ではサタンより強いらしい。

 

  • シヴァ・・・・・インド神話の破壊と創造の神。インド神界の頂点で、武器を使わずに戦う。

 

終末のワルキューレ:ワルキューレの能力についても

人類が神に挑むのにはワルキューレの能力が必要です。ワルキューレ13姉妹の能力とは?

ワルキューレの天界での仕事

ワルキューレの長女ブリュンヒルデは、人類が終末される決定寸前に神にラグナロクを提案します。

ワルキューレの本来の仕事は「魂の運び手」とされています。

ワルキューレは、来るかもしれない天界の危機に備え、地上へ降り「これは、と思う人物」を天上に連れて行き神兵にすることです。

ところが今回のラグナロクの提案は、ひと言でいうと神に対する謀反。

ワルキューレは自身の能力を、闘士にふさわしい武器に変態させることで、神々に匹敵する力を与えるのです。

ですので人類が神と対等に戦えるようになるのでした。

その代わり、変態させた武器が壊れる=自身も消滅という命がけの謀反です。

ワルキューレ13姉妹の能力

ワルキューレ13姉妹が変態させる能力(神木錬成)は、個人によって違うようです。

 

  • 次女フリスト・・・・2つの人格を持っており、佐々木小次郎戦では二本の刀に神木錬成をし、勝利に貢献

 

  • 四女ランドグリーズ・・・・名前は盾を壊す者を意味する。呂布の方天戟に神器錬成し、トールのミョルニルを破壊

 

  • 七女レギンレイブ・・・・名前の意味は「神々の残された者」。アダムのメリケンサックに錬成し、素手での戦いには勝ったも同然だった

 

  • 11女フレック・・・・・名前の意味は「武器をガチャつかせる者」。ジャック・ザ・リッパ-の手袋に錬成し、ジャックが触る物全てが神器となった

 

  • 三女スルーズ・・・・名前の意味は「強き者」。身長も高く、体格もかなり大きい。超筋外骨締廻に神器錬成し、雷電の制御不能な暴走筋肉を抑え、自身で自在にコントロールできる。

 

 

まとめ:「終末のワルキューレ」トーナメントの勝敗一覧!ワルキューレの能力についても

  • 人類側と神側の出場者は13人ずつで先に7勝した方が勝ち
  • トーナメントは現在5回戦の真っ最中で、2勝2敗で引き分け中。
  • ワルキューレ13姉妹の能力は名前が持っている意味の力で闘志の武器に錬成する

 

終末のワルキューレが安く読める!

終末のワルキューレを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

終末のワルキューレの安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です