「終末のワルキューレ」ヘラクレスは弱い?技と最後は死亡するのかについても

終末のワルキューレのラグナロクの第4戦、神側代表はヘラクレスです。

ヘラクレスは正義感が強く、強靭な心を持っている神。

ヘラクレスは元々は人間だったのですが、あることがきっかけで神になった半神半人です。

第4戦の相手は人類史上最悪の極悪人と言われるジャック・ザ・リッパ-。

ヘラクレスの正義とジャック・ザ・リッパ-の悪はどちらが強いのでしょうか。

ヘラクレスは弱いのか、またジャック・ザ・リッパ-との戦いで最後は死亡するのかについてまとめました。

終末のワルキューレ:ヘラクレスは弱い?技についても

4000年前、神になる前のヘラクレスは誰よりも貧弱な体をし、誰よりも弱い少年でしたが、正義感だけは強かった。

弱い者を助けようとしても、返り討ちにあってしまうという少年でした。

正義感が強いだけで神になれたのでしょうか。

ヘラクレスは弱い少年だった

ヘラクレスは、人間の少年だった頃の名前をアルケイデスと言いました。

アルケイデスの信条は常に「正しい者の味方でいたい」」ということ。

誰かがいじめられていると真っ先に駆け付けるのですが、少年アルケイデスは非常に弱かったため返り討ちに遭います。

狩りのときなども先頭にたって向かっていくのですが、まったく役に立ちませんでした。

アルケイデスが強くなりたいと思っていることを知った村の人は、神殿にあるゼウスの血を飲んだらどうかと言います。

  • ゼウスの血とは

ゼウスの血は別名アムブロシアと言い、真の勇者が飲めば不死の肉体を得るが、偽りの者が飲めば即死するという伝説の血。

アキレウスという勇者もアムブロシアを飲んで無敵の肉体を手に入れたと言われています。

ヘラクレスが神になった理由

少年時代のヘラクレスは、弱いながらも一生懸命体を鍛え、大人になる頃には立派な体つきの青年になっていました。

そんなとき、現在から4000年前に行われた人類存亡会議で、少年ヘラクレスがいる街テーパイを潰すという判決が出ました。

そして神アレスがテーパイの街に降りてきて、制裁を加えようとしたとき、神アレスの前に立ちはだかったのが少年ヘラクレスでした。

神の理不尽さに我慢が出来ず、立ち向かうためにゼウスの血を飲み干したのです。

すると少年ヘラクレスの体は大きく変化し、神アレスと互角に戦えるようになったのです。

神アレスと互角に戦っているところにゼウスが、仲裁に入り、正しい者の味方でいたいなら神になれと言います。

ヘラクレスはゼウスの血を飲んだことで心身ともに強くなり、今度は天界で人類を導く神になりました。

ヘラクレスがジャック戦で使った技は?

神代表としてラグナロクに出場しているヘラクレスの相手はジャック・ザ・リッパ-でした。

人類側の闘士を選ぶブリュンヒルデは、ヘラクレスのことを良く知る人物で、ヘラクレスの相手は最初からジャック・ザ・リッパ-を決めていました。

人間が神に唯一勝てるのは悪意しかないと思っているからです。

戦ってみるとジャック・ザ・リッパ-は、卑怯な手法だけでなく体術も相当なもので、ヘラクレスの攻撃を受けても何度も立ち上がります。

気が付くとヘラクレスは、第十二の御業ケルベロスまで使わされていました。

ヘラクレスの十二の神技:十二の災禍と罪過(エルキュール・エグゾダス)

1:ネメアの獅子(大地を喰らう咆哮)

6:飄風を呼ぶ鳥(ステュムバリデスの怪鳥)

7:クレタの牡牛(怒れる奔牛の蹄)

12:地獄の番犬ケルベロス(冥界より出でし厄災)

 

十二の御業はヘラクレスが神になる直前に体得していたもので、1つ使うと全身に入れ墨が広がります。

その入れ墨は1ミリ広がるだけでもかなりの激痛を伴い、普通の神でも失神するほど激痛なのだとか。

御業を使って戦う場合、入れ墨が全身に広がる前に相手を倒さないと死んでしまい、完全に消滅することになります。

終末のワルキューレ:ヘラクレスの最後は死亡する?

ヘラクレスとジャック・ザ・リッパ-の戦いは、最初から最後までヘラクレスがジャックに翻弄されていたように思えました。

そしてヘラクレスの十二の御業をことごとく耐えたジャックに軍配があがります。

ヘラクレスの最後はジャックに敗北して死亡

ヘラクレスは十二の御業を使い、全身に入れ墨がまわってしまい崖っぷちの状態。

一方でジャック・ザ・リッパ-も脇腹に重傷を負っており、2人とも戦いを長引かせるわけにはいかない状況です。

最後はこの試合初めての接近戦となり、はた目から見てもヘラクレスに分があるようでした。

ヘラクレスはジャックにとどめを刺すつもりで、最後の一撃を出しましたが、ジャックが自らの手を神器に変態させ、ヘラクレスの体を貫いたのです。

ヘラクレスはジャックの最期の手刀により死亡、完全消滅しました。

ヘラクレスは弱いのか考察

ヘラクレスはジャックに翻弄されっぱなしの戦いでした。

破壊力がある攻撃も、結局のところジャックを倒すことはできず、カウンターを喰らったりしています。

ヘラクレスは本当に強いのでしょうか?

神器でない武器は神を傷つけることは出来ない、ということからジャックの攻撃に余裕の表情を見せていましたが、結局ジャックの作戦に引っかかり深手を負います。

闘技会場がジャックが用意した場所であることや、ジャックが悪意に満ちた人間であることなどを計算に入れておくと、また違った結果になったのではないでしょうか。

ですが、ヘラクレスは最後まで自分の正義を貫き、真っ向勝負で敗北しました。

ヘラクレスは正義を貫く心は強いが、戦闘や人を疑うことに関しては弱いのかな、と思えます。

まとめ:「終末のワルキューレ」ヘラクレスは弱い?技と最後は死亡するのかについても

  • ヘラクレスの少年時代は、貧弱な体で力もなく弱かった
  • ヘラクレスはテーパイの街を神から守るためにゼウスの血を飲んで強くなった
  • ヘラクレスは神になる前に十二の御業を会得していた
  • ジャックとの戦いで使った十二の御業は4つ
  • ヘラクレスはジャックに敗れ、最後は死亡する

 

終末のワルキューレが安く読める!

終末のワルキューレを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

終末のワルキューレの安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です