世界最高の暗殺者勇者エポナ・リアンノンの性別は女?強さやルーグとの関係性についても

世界最高の暗殺者に登場する勇者エポナ・リアンノンは、自分自身のことを「僕」だと言います。

周囲もエポナが男だと思っているのですが、ルーグや友人のノイシュはエポナは女だろうと言っています。

勇者エポナ・リアンノンの性別は女なのでしょうか。

ルーグの暗殺対象であるエポナの強さと、ルーグとの関係性についてまとめました。

世界最高の暗殺者:エポナの性別は女なのか

エポナの特徴は背が低く小柄でオドオドしているように見え、勇者には見えません。

エポナが勇者になったのはつい最近

エポナが勇者になったのはつい最近のこと。

エポナはアルヴァン王国の片田舎の貧乏な男爵家に生まれ、1人息子として農作業をしながら生計を立てていました。

ある日突然勇者として覚醒し、王宮に召し抱えられ勇者として生きることになったのです。

ですのでエポナは勇者にふさわしい高水準な教育を受けておらず、今のところ並外れた能力を持っているだけにすぎません。

ノイシュはエポナを女性として扱っている

ノイシュは騎士学園で知り合ったルーグの同級生で、公爵の息子です。

エポナは公式には男となっていますが、ノイシュはエポナを女性として扱っているようです。

公爵家というのは、ルーグの男爵家より上ですので、エポナに関する詳しい情報が手に入るかもしれません。

またノイシュは女性の扱いに長けていることから、エポナの体つきや仕草などで男ではないと見抜いているのかもしれませんね。

貴族の爵位とは?

上から公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵となっています。

エポナが女だと確定するのは魔族との戦い

ルーグがエポナの性別が女だと確信できたのは、騎士学園に魔物が襲ってきたときです。

魔物を操り出していた魔族のオーク・ジェネラルとの戦闘時、エポナはSランクスキル「ベルセルク」を使いました。

ベルセルクはスオイグル王国の内乱でセタンタが使ったスキルで、使用者が男であれば角が生え、筋肉が膨れ上がります。

女性がベルセルクを使った場合、赤い陽炎が体をまとうのです。

ベルセルクを使ったとき、エポナの体を赤い陽炎が身を包んでいましたので、エポナの性別は女だと確定しました。

世界最高の暗殺者:エポナの強さとルーグの関係性

騎士学園に入学したルーグはエポナの強さを目の当たりにして、驚きを隠せませんでした。

エポナの強さは圧倒的

エポナの強さは圧倒的で、モタモタした魔法の詠唱で出した火炎球でも騎士団長がまとっている鉄の鎧を溶かします。

そして騎士団長にあたった拳の威力は魔法金属を粉々にしてしまいます。

また拳を繰り出す踏み込みなど、ルーグのトウアハーデの眼をもってしても動きを捉えることができないほどです。

エポナはあまりにも強すぎるため、修練の相手をする人がいません。

ですのでちゃんとした戦闘訓練ができていません。

それなのに実技試験の相手だった騎士団長ですら殺してしまいそうになるほど。

勇者は化け物並の身体能力と魔力を持ちながら、Sランクスキルを5つも持ちAランクスキルと合わせて30個もっているのです。

訓練などせずとも普通の人間なら指先だけで殺せてしまうかもしれませんね。

ルーグはエポナの暴走を止める人

騎士学園で優秀な成績を出したルーグは学園長に呼び出され、エポナと友人になり仲間となるよう命令を出されます。

ルーグにとっては、暗殺対象を身近に観察できるため願ってもないチャンス。

学園長の狙いは、エポナが自分の力に溺れ王国に牙を剥けたとき、誰も勇者を止めることができません。

ですがその王国にエポナの大切な友人や仲間がいるとしたら、暴走を食い止められるのではないかということ。

エポナ自身も自分が魔物との戦いで暴走してしまい、仲間を傷つけたり殺してしまったトラウマがあります。

暴走した自分を止められる人が欲しいのです。

ルーグは自身が強いことをエポナに見せつけ、エポナの信頼を得たことで友人になります。

エポナが暴走したら殺してでも止めてやる、と約束を交わしました。

エポナにとってルーグは心のよりどころになりましたね。

まとめ:世界最高の暗殺者勇者エポナ・リアンノンの性別は女?強さやルーグとの関係性についても

  • エポナは生まれつきの勇者ではなく途中で覚醒した
  • 貧乏な男爵家に生まれ勇者としての教育を受けていない
  • 勇者の力は規格外で、技を仕掛けるときのスピードはトウアハーデの眼を使っても見切れない
  • エポナは魔族との戦いでベルセルクを使い女だと確定した
  • エポナの強さは圧倒的で暴走を止められるのはルーグだけ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です