ガリレオ献身のホームレスが消えたのは殺されたから?アリバイトリックについても

映画ガリレオ容疑者Xの献身で石神哲哉が毎日通っている通勤コースでホームレスが消えているシーンがありました。

石神は湯川に「いつもと同じ光景。彼らは時計のように正確に生きてる」と言いましたが、ベンチに座っていたホームレスがいませんでしたね。

ホームレスがいないベンチがフォーカスされていたので何かあるとしか思えません。

実は消えたホームレスは今回の殺人事件と深く関係があり殺されたと思われます。

ホームレスが消えた理由とアリバイトリックについてまとめました。

容疑者Xの献身の主な登場人物
  • 湯川学 :福山雅治・・・・帝都大学理工学部物理学科の准教授で別名ガリレオ
  • 内海薫 -:柴咲コウ・・・・貝塚北署の刑事
  • 草薙俊平 -:北村一輝・・・警視庁捜査一課の刑事で主人公湯川とは大学時代の同期
  • 富樫慎二 : 長塚圭史・・・花岡靖子の元夫で被害者
  • 石神哲哉:堤真一・・・・高校の数学教師で湯川の友人。花岡靖子に好意を抱いている
  • 花岡靖子:松雪泰子・・・石神の隣人で弁当屋の店長
  • 花岡美里:金澤美穂・・・花岡靖子の娘で高校生

 

ガリレオ容疑者Xの献身:ホームレスが消えた理由は殺されたから?アリバイトリックを解説!

石神哲哉は毎日規則正しいリズムで通勤しています。

石神の通勤コースにいるホームレス

石神の毎日は、朝アパートを出て橋の上でジョギングの男性と橋から川を眺めている小学生の男の子とすれ違う。

その後ホームレスのたまり場を横切り、浜町公園の近くにある花岡靖子がいる弁当屋でおまかせ弁当を買います。

ホームレスのたまり場には以下のような男たちがおり、消えたのはベンチに座っている男でした。

  • アルミ缶を潰している
  • 洗面器に水を入れて歩いている
  • 歯磨きをしている
  • 洗濯物を干している
  • アルミ缶を自転車で運んでる
  • ベンチに座っている男(消えたホームレス)

ベンチにはホームレスの荷物だけが残っていたので、荷物を置いたままどこかへ行ったのかなと思われましたが、どうやら違うようです。

富樫慎二殺害事件の概要

被害者の富樫慎二は花岡靖子の元夫で無職。

お金が無くなった富樫は花岡靖子の自宅を突き止め現れました。

娘の美里を殴り始めたため、咄嗟にこたつのコードで首を絞めて殺害します。

騒動を壁越しに聞いていた石神哲哉が事件を察し、花岡靖子宅を訪れます。

石神は花岡靖子と美里が警察に捕まらないように事件の隠蔽工作を始めました。

死体はすぐに発見され死亡推定時刻は12月2日の午後6時から午後10時とされました。

消えたホームレスは殺されていた!

石神はアリバイ工作として花岡靖子と美里に死亡推定時刻に映画と食事、カラオケに行かせました。

映画チケットのパンフレットと半券と、美里の同級生にも映画館で目撃させています。

富樫の身元が判明し生前の行動を突き止めた警察は、元妻の花岡靖子にも事情聴取を行います。

花岡靖子のアリバイが完璧すぎて逆に怪しいのですが、美里の同級生の証言によって花岡靖子は容疑者候補から外れました。

花岡靖子のアリバイが成立したのは消えたホームレスのおかげです。

発見された死体は富樫本人ではなくベンチに座っているホームレスだったのです。

ホームレスはアリバイトリックに利用された

石神はベンチに座っているホームレスにお金を渡し仕事を与えました。

富樫が持っていた旅館の部屋の鍵を渡し、1日過ごさせたのです。

その後盗難自転車で死体発見現場まで行き、富樫を殺したこたつのコードで同じように殺害します。

顔を潰し指紋を焼き、服も処分しました。

盗難自転車についていたホームレスの指紋と顔を潰された死体の毛髪が、旅館から出て来たモノと一致したため死体は富樫と断定されたのです。

1日旅館で過ごさせたのは死体とDNAを一致させるためでした。

死体を富樫からホームレスにすり替えることで花岡靖子のアリバイは成立、容疑者から外れたということになります。

石神のアリバイトリックを解説!

死亡推定時刻をずらすトリック

警察は死亡推定時刻の「12月2日」に焦点を置き捜査を進めていました。

実際に死体のホームレスが殺されたのは12月2日です。

殺したのは石神哲哉で、花岡靖子はホームレス殺害に全く関係していないどころか石神がまさか殺人を犯しているなど想像もしていないのです。

富樫が殺されたのは12月1日でしたので、12月2日の花岡靖子のアリバイは本物でした。

花岡靖子からすると、12月1日に富樫を殺したのになぜ警察が12月2日のアリバイばかり聞いてくるのか不思議だったでしょうね。

12月1日に富樫が死亡したあとホームレスに旅館で過ごさせ殺していますので、死亡推定時刻も1日ずれてくるのです。

そして石神は花岡靖子のストーカーを装い、脅迫状めいた手紙を出し自分1人が勝手に富樫を殺したように見せかけ自首したのでした。

なぜホームレスを殺さなくてはならないのか

石神は花岡靖子を守るためにホームレスを利用し殺害しました。

富樫の死体をそのまま使うと死亡推定時刻や、富樫の生前の足取りで花岡靖子は自白するまでずっと容疑者のままだったと思われます。

花岡靖子が安心して過ごせるには「完璧なアリバイが必要になる」と考えた石神は、自分が殺したことにして自首しようとしたのだと思われます。

事件に信憑性を持たせるのと、死亡推定時刻を操作することとして実際に殺人を犯し自首すれば事件は解決します。

そこでいなくなっても誰も探さないホームレスを利用したということです。

まとめ:ガリレオ献身のホームレスが消えたのは殺されたから?アリバイトリックについても

  • 消えたホームレスは石神哲哉の通勤コースのたまり場でベンチに座っていた
  • 花岡靖子のアリバイを成立させるため石神がホームレスを利用し殺した
  • 富樫本人だと思われた死体はホームレスの死体だった
  • 死体をすり替えたことで死亡推定時刻が1日ずれて花岡靖子のアリバイが成立している
容疑者Xの献身の原作が安く読める!

東野圭吾の小説容疑者Xの献身が安く読めるクーポン情報を紹介しています。

東野圭吾ガリレオ容疑者Xの献身を電子書籍で安く読む!おすすめのクーポンも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。