「青天を衝け」五代友厚の登場はいつごろで何話? ディーンフジオカの演技力も

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の五代友厚役のキャストが発表されました!

朝ドラ「あさが来た」で五代友厚を演じたディーンフジオカさんが再演。

あさが来たでの五代友厚は「熱い男」というイメージでしたが、大河ドラマ青天を衝けではどのような五代友厚を見せてくれるのか楽しみです。

ディーンフジオカ演じる五代友厚とはどんな人物なのか、いつ頃登場するのかまとめてみました。

青天を衝け:五代友厚を演じるのはディーンフジオカ

五代友厚役はディーンフジオカというイメージが定着しそうですね。

五代友厚とはどんな人

ディーンフジオカさんが演じる五代友厚は薩摩藩士から政府の要人になり、参与職外国事務局判事になり大阪在勤になりました。

大阪在任になってから五代友厚は、大阪商工会議所や共同運輸会社、商船や銀行を作り大阪の発展に欠かせない人になります。

その後大阪が発展途中に横浜に転勤を命じられますが、大阪に愛着があるということもあり、数か月で大阪に戻ってきます。

大阪商人からも絶大な人気と信頼がありました。

残念ながら、五代友厚は49歳の若さで志半ばで他界してしまいますが、その功績は今も大阪の恩人として、大阪商工会議所前と大阪証券取引所の前には銅像が建立されています。

あさが来たでの五代友厚とは

あさが来たでの五代友厚は、これからの日本、これからの大阪に熱心に動いている人物でした。

ときおり英語を交えて話すのは、五代友厚が大阪に来る前にイギリスやベルギー、フランスなど海外に行っていた名残りを残しています。

五代友厚は、大阪が発展するために商人たちと会社というものを作るため、あさの嫁ぎ先の両替商を銀行にするために、奔走していました。

あさが来たでの五代友厚は大阪発展に全力で働きかけ、あさを後押しし、商売人としての知恵を授けてくれる人でした。

いつ頃登場するのか?

ディーンフジオカさんの五代友厚が見られるのは5年ぶりです。

ついついあさが来たの五代友厚を期待してしまいますが、きっと想像以上の五代友厚がみられるのではないでしょうか。

五代友厚が登場するのは幕末から明治元年だと推測

青天を衝けで五代友厚のキャストが発表されて、気になるのはいつ頃登場するのか?です。

現在はキャストが発表されただけで、登場の時期や詳細はまだ発表されていません。

青天を衝けの主人公渋沢栄一とは、年齢が1歳しか違いませんので、活躍するのも同じころではないかと思います。

五代友厚が新政府入りし、会社を作り出したのは明治元年のころ。

渋沢栄一も明治2年のころに、静岡で会社を作ることに尽力し、新政府にも出仕することになります。

ですので、五代友厚が青天を衝けで登場するのは30歳ぐらいなのかな、と思っています。

西の五代、東の渋沢がどのように絡んでいくのかが楽しみです。

ディーンフジオカの演技力にも期待

あさが来たの五代友厚役が爽やかで、大阪発展のために一生懸命だった姿が好感を呼び、一気に人気者になったディーンフジオカ。

ディーンフジオカはあさが来た以降の5年間で様々な役柄を演じてきました。

経験に加えて、年齢的にも落ち着きや渋みが出てきた40代となり、あさが来たの頃より大人な感じの五代友厚が見られるような期待があります。

まとめ:「青天を衝け」五代友厚の登場はいつごろで何話? ディーンフジオカの演技力も

  • NHK大河ドラマ「青天を衝け」の五代友厚はディーンフジオカ
  • 五代友厚は大阪の恩人と言われ、大阪の発展に欠かせない人物
  • あさが来たでの五代友厚は、大阪発展のため、あさを一人前の商人にするために尽力した
  • 五代友厚は青天を衝けでいつ頃登場するのかは明かされていませんが、30歳ごろかなと思っている
  • 西の五代、東の渋沢と言われた日本の経済の立役者がどんな風に絡むのか楽しみです
関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です