最果てのパラディンブラッドが不死者(アンデッド)になった理由は?強さや過去についても

最果てのパラディンの主人公ウィルを育てているのは不死者(アンデッド)の3人です。

今回はウィルに武術を教えているブラッドにフォーカスを当てて行きたいと思います。

ブラッドは口は悪いけれどウィルを息子のように大事に育て、剣術や武術を教えてくれます。

とても強いためウィルはブラッドになかなか勝てません。

ウィルはブラッドがなぜ不死者なのか気になっていますが、まだ子供であるため教えてもらえません。

ブラッドが何故不死者なのか、200年もの間廃墟にいるのは何故なのか、ブラッドの強さや過去についてもまとめました。

最果てのパラディン:ブラッドが不死者(アンデッド)になった理由は?

ブラッドは人間時代かなり強い剣士だったようです。なぜ不死者になってしまったのでしょうか。

上王(ハイキング)が現れた

200年前、平和だった大陸に突如として現れたのは王級・将軍級の悪魔たちが湧き出てきました。

悪魔たちは莫大な量の血肉を集め、悪魔の神である次元神に対して儀式を何度も行ったそうです。

儀式に応えるように、暴虐の神や不死神スタグネイトの眷属も活性化し各地は混乱します。

ブラッドが知っているのはサウスマーク大陸にで暴れていた上王。

上王は見た目は子供でしたが、残酷で薄情そうな目をしていたのだとか。

上王は自分の流した血から兵士級、削がれた肉から隊長級のデーモンを無制限に生成可能という化け物です。

そして上王には、刃物以外で傷をつけることは出来ません。

愛剣は「喰らい尽くすもの」で、相手を切るたびに自身の力が回復するという魔剣です。

あまりの強さに「王の中の王」ということで上王と名付けられました。

マリーやガスと上王討伐に挑む

世界が混乱しているとき、ガスが上王討伐を提言します。

ブラッドはマリーやガスと上王を倒すため、力を合わせました。

作戦は地下街から精鋭部隊を潜入させ、ガスの魔術で上王の居場所を特定。

上王が持っている魔剣をブラッドが奪う、ブラッドが傷ついてもマリーが祝祷術で回復させるというものでした。

ところが上王の強さは3人の想像を超えるもので、剣術の腕もブラッド以上でした。

魔剣は奪えたもののブラッドは実力が及ばず上王を殺しきれなかったのです。

マリーとガスは上王をその地の深くに封印しましたが、強力な力を持ったデーモンが封印を解くためやってくるのも目に見えています。

そんなとき、不死スタグネイトの木霊が降臨してきました。

不死神との契約で不死者になる

不死神スタグネイトは3人に対して「不死者となってこっちの陣営に参加しろ、その代わりこの街のデーモンどもは打ち払ってやる。不死の体で好きなだけ封印を守り続ければいい」と取引を持ちかけました。

ブラッドたちは、条件を飲むしか方法がありませんでしたので、スタグネイトの手をとり最上位の不死者になったのです。

上王に肉を刻まれていたブラッドは骨ばかりのスケルトンになってしまいます。

街を守るため、封印を守るために不死者になったのですね。

不死者でいられる条件

ブラッドが不死者でいられるのには条件がありました。

不死神との契約は、ブラッドが上王に対する執着がなくなったとき、スタグネイトの完全なる下僕になることです。

ウィルがブラッドの元へ来て、可愛がり育てるようになったことでいつしか上王への執着が薄れ、15歳の成人の時には完全に失ってしまったのです。

ブラッドは不死神スタグネイトに魂を捧げることになります。

最果てのパラディン:ブラッドの強さや過去について

ブラッドの人間時代の強さや過去はどのようなものだったのでしょうか。

戦鬼と言われる戦士だった

人間時代のブラッドは体格も大きく体重が100㎏ほどあったそうです。

剣術が効かない場合、常に身に着けている筋肉が役に立つと言っているので、かなりの筋肉があったのだと思われます。

肋骨で相手の剣をはさんで固定し、剣を繰り出すという大技もやってのけたことがあるようです。

様々な争いに首を突っ込み日銭を稼ぐ旅をしていたブラッドは、その後マリーとガスに出会い英雄となったのです。

語り継がれている

ブラッドやマリー、ガスは現在も語り継がれている英雄です。

ウィルはブラッドと別れ、廃墟の街を出るとビィとアントニオに出会います。

ビィは吟遊詩人で、昔のことや英雄たちの歴史を語り継いでいました。

ビィの歌でウィルは自分が知らなかったブラッドの過去を知ります。

ブラッドは蛮土の集落で星降る夜に生まれ、大きく丈夫に育ち剣術が秀でたことで雄獅子・星剣・傭兵剣士・戦の申し子・戦鬼という通り名がつけられていたようです。

まとめ:最果てのパラディンブラッドが不死者になった理由は?強さや過去についても

  • ブラッドが不死者になったのは街に上王が現れ、殺しきれなかったことで不死神と契約を交わした
  • 不死者となって封印を守り続けること。
  • 上王への執着が薄れた場合魂をスタグネイトに渡す
  • ブラッドの過去は戦鬼と呼ばれる凄腕の戦士だった
  • ブラッドは英雄として現在も語り継がれている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です