NHKアニメ「アーヤと魔女」は面白いか面白くないか?感想や評価まとめ

NHKアニメ「アーヤと魔女」、放送前からジブリ作品の新作として話題になっています。

今回の作品「アーヤと魔女」は、ジブリ作品としては初の全編3DCGとしても注目されています。

放送後の感想としても賛否両論があり、ジブリ作品に対する関心の高さがうかがえますね。

余計なお世話だとは思いますが、「アーヤと魔女」の感想や評価をまとめていきます。

NHKアニメ「アーヤと魔女」の感想・評価:面白くない派の意見

登場人物の目的や監督の意図が伝わらない

ポスターのアーヤがロックを歌っていることから、アーヤが歌うシーンを期待したが、なかったのでガッカリした。

その他にも

  • 赤い髪の魔女がなぜ12人の魔女に追われているのか、そこから描いてほしかった。
  • ジブリのアニメというよりは、NHKのアニメという感じ。
  • ストーリーに盛り上がるところがなかった
  • ジブリなのか、ピクサーなのかディズニーなのかわからない

中盤から終盤にかけてバタバタしていた

アーヤと魔女の感想で多かったのが、後半バタバタと詰め込まれた感じがしていた。

という言葉が多かったです。

  • アーヤが魔女たちをあやつっていく過程がなく、いきなり1年後になっているので、その省略した部分を描いてほしかった。
  • 終わり方を筆頭にストーリーの完成度が低いので、映画館上映にしなかったのは正解。
  • 盛り上がりがないのに、ラスト15分で強引に終わらせた感がある

「アーヤと魔女」の感想:面白い派の意見

素直に面白い

NHKアニメ「アーヤと魔女」をみて面白いという意見も数多くあります。

  • アーヤ本人の賢さで、魔女たちを手玉にとりながらそこを快適な場所に変えていく爽快さが面白い
  • 声優さんの声もピッタリで、3DCGの表情も豊かで面白い
  • アーヤのたくましい性格が面白かった
  • ハッピーエンドで終わり、エンドロールで本編の後物語が描かれるのは良い作品だと思う
  • 短くて物足りなく感じた。面白かった。
  • 今までのジブリとは違うタイプの女の子だった。予想を裏切る展開が多い

CGに対する評価は?

アーヤと魔女が発表されたときに、反響が大きかった3DCGに関しての感想や評価も様々でした。

CGでがっかりという意見や、CGでもしっかりジブリ味があるなど、見た人の受け止め方それぞれです。

  • いつの間にかCGであることを忘れて見入ってた
  • CGのせいか会話がロボットっぽい
  • CG技術が低レベル
  • CGで絵が綺麗で映画にしていないのがもったいない
  • CGアニメが新鮮で面白かった

まとめ:NHKアニメ「アーヤと魔女」は面白いか面白くないか?感想や評価

全編3DCGのアニメ「アーヤと魔女」の感想をまとめました。

面白くないと感じた人の感想は

  • 監督の意図がわからない
  • ラストが一気に終わっているのが残念
  • ストーリーに盛り上がりがない

面白かったと感じた人の感想

  • アーヤのたくましさが面白かった
  • ハッピーエンドで終わって良かった
  • 今までのジブリの女の子とは違う新鮮さがあった
  • 全編3DCGに関する評価は
  • CGのせいか会話がロボットみたい
  • CG技術が低レベル
  • CGの絵が綺麗で映画じゃないのがもったいない
  • いつの間にかCGであることを忘れて見入っていた

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です