モンスターズインクの社長はなぜ逮捕された?怖がらせ会社はどうなった?

モンスターズインクに登場する怖がらせ会社の社長ウォーターヌースはラストで逮捕されてしまいました。

「会社を救うためなら、千人だって誘拐してやる」のセリフが決めてとなってCDAに連れて行かれました。

ウォーターヌースはなぜ逮捕されてしまったのでしょうか。

また社長が逮捕されたことによって怖がらせ会社はその後どうなったのか気になります。

モンスターズインクの社長はなぜ逮捕されたのか、その後怖がらせ会社はどうなったのかについてまとめました。

モンスターズインク:社長はなぜ逮捕された?

ウォーターヌースは会社と従業員を大事に思っており、逮捕されるような悪事を働く人には見えませんでしたね。でも!一連の事件の黒幕がウォーターヌースだったのです。

社長のウォーターヌースは3代目

ウォーターヌースは怖がらせ会社「モンスターズインク」の3代目の社長です。

モンスターズインク社は、モンスターワールドを豊かにするエネルギー源として人間の子供の悲鳴を集めています。

怖がらせ屋と言われる社員たちが子供を怖がらせて悲鳴を集め、モンスターワールドに供給しています。

ただ、最近の人間の子供たちはゲームや映画などの影響で簡単に怖がらなくなっているため、業績が悪化しているようでした。

ウォーターヌースは自分の代で会社を潰すわけにはいかない、と考えているようです。

ランドールと共謀して悲鳴吸引機を開発していた

ウォーターヌースは「人間の子供の悲鳴」が回収できなくなっていることや、新人のモンスターたちの教育が進んでいないことに焦りを感じていました。

そこで怖がらせ屋№2のランドールと共謀して「悲鳴吸引機」を作っていたのです。

ランドールがうっかり「マシン」と言ってしまったのが悲鳴吸引機ですね。

悲鳴吸引機は人間の子供を固定し座らせ、恐怖を与えて悲鳴をマシンに吸い込ませるというもの。

今までのやり方より簡単に効率よくエネルギーが回収できるのです。

ウォーターヌースとランドールは人間の子供が「汚染物質」ではないと知っているので、普通に抱き上げて座らせることが出来るんです。

*悲鳴吸引機を使った際、人間の子供がどうなってしまうのかは不明です。

人間の子供を誘拐していた

モンスターインク社は、2年半も前からCDAに目をつけられており潜入捜査をされていました。

CDAは人間の子供からモンスターワールドを守っている存在であり、人間の子供との接点が多いモンスターズインク社を監視しているのです。

  • 人間の子供をモンスターワールド入れているのではないか
  • 不正にエネルギーを回収しているのではないか

こういった点が怪しまれていたのだと思われます。

そして遂にサリーとマイクがマシンの存在と、ブーが危険にさらされていることを知り、ウォーターヌースに告発しに行きました。

CDAが2年半前から潜入していたとなると、その前から悪事を働いていたことになりますね。

ウォーターヌースが黒幕で逮捕!

ウォーターヌースにランドールの悪事を告発したサリーたちですが、実は社長のウォーターヌースが黒幕でした。

社長はサリーに勝ちたいという野望を持つランドールと組んでいたのですね。

ウォーターヌースからすると、会社を守るため、社員の生活を守るため必死だったのでしょう。

ですが「会社を救うためなら、千人だって誘拐してやる」という言葉をCDAに聞かれてしまい現行犯逮捕ということになってしまったのです。

モンスターズインク:怖がらせ会社はどうなったのか

社長が逮捕されてしまい、会社はどうなってしまったのでしょうか。

モンスターズインク社倒産

社長が逮捕されてしまったのでモンスターズインク社は倒産してしまいました。

ウォーターヌースが最後に「会社が潰れるのはお前のせいだ」と暴言を吐きながら連行されました。

残された社員たちは不安そうなので、サリーもたまらなくなってしまいました。

そんなとき、マイクが「結構笑えた」と言ったことから、人間の子供の笑いは悲鳴よりもパワーがあることを思い出しました。

ブーが笑ったことで建物の電気が一斉についたシーンがありましたね。

サリーが4代目社長に就任し笑わせ屋になった

人間の子供の笑い声がエネルギーになると分かったサリーは、4代目の社長に就任し会社を再始動しました。

なんと笑い声は悲鳴の10倍のパワーがあるようです。

ですので怖がらせ屋から笑わせ屋にシフト転換し、業績やエネルギーの問題も解決!元の活気ある会社に回復しています。

まとめ:モンスターズインクの社長はなぜ逮捕された?怖がらせ会社はどうなった?

  • モンスターズインク社の社長ウォーターヌースは悪事がバレてしCDAに逮捕された
  • 人間の子供を誘拐しモンスターワールドに入れ、マシンを使って悲鳴を集めるなど反則行為をしていた
  • CDAは2年半前からモンスターズインク社に潜入捜査し監視していた
  • 社長が逮捕されたことで会社は倒産したが、サリーが4代目となり怖がらせ屋から笑わせ屋に変えて会社を存続させている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。