「カイジファイナルゲーム」東郷とは何者?カイジとの関係性についても

カイジファイナルゲームに登場する東郷滋という人物は、カイジを再度帝愛との戦いに巻き込んだ人物です。

お金を持て余している大金持ちが何の目的で「若者救済ゲーム」を行っているのか、また、東郷という人物は何者なのでしょうか。

そして東郷の目的は達成できたのか?

カイジファイナルゲームの東郷という人物についてまとめてみました。

カイジファイナルゲームに登場する東郷とは何者?

若者救済ゲームの主催者

カイジファイナルゲームに登場する東郷滋は不動産王と呼ばれる大富豪です。

年齢は70歳ぐらい。

バベルの塔という若者救済ゲームを主催しています。

優勝者には約10億か、富を得る極秘情報を手に入れることができるカードが渡されます。

東郷は体調を崩して余命わずかの状態。

だったら最後は国のために何か尽くしたいと考えていました。

それは政府が企んでいる預金封鎖を止めることです。

最期に国のために預金封鎖を止めたい

預金封鎖が行われ新札が発行されると、今までのお札は使えなくなります。

政府は国民の財産を使って国の借金を相殺しようとしていたのです。

余命わずかになった今、自分ができることは預金封鎖を解除して、国が少しでも良くなるように貢献したいと考えているのでした。

そのためには預金封鎖の決定権のある政治家に賄賂を贈るのが有効と考えています。

賄賂を配るのに必要な金額は1000億。

カイジとの関係性

預金封鎖を止めるために強運の持ち主を探していた

預金封鎖を止めるために帝愛が主催する人間秤というゲームに勝利し、資産を増やそうとしていました。

それには協力者が必要であり、東郷は強運と野心を持った若者を探していました。

カイジは若者救済ゲームで勝利しましたが、お金(10億)ではなく極秘情報を選びました。

預金封鎖を止めるには現在の資産を短期間で倍に増やさなければならず、それには運と野心のあるカイジが必要だったのです。

人間秤で敗北後は望みをカイジに託す

東郷の秘書廣瀬は、東郷に恨みを抱いていました。

人間秤が始まる前に、東郷の情報を黒崎に渡していたのです。

ですから、東郷は人間秤でことごとく黒崎に敗れており、結果は会場にいる観客の金貨にゆだねられました。

ゲーム開始当初100億近い差があったのにもかかわらず、逆転されてしまいます。

ショックが重なったせいか東郷は倒れてしまい、カイジに後を託したまま亡くなってしまいました

預金封鎖解除に成功

預金封鎖解除を見ることなく亡くなってしまった東郷でしたが、秘書の廣瀬が考えを改め、カイジに協力することになります。

カイジたちはバンジーゲームを攻略し、資金を増やすことに成功。

会場の雰囲気もカイジ側に流れ、観客の金貨もカイジ側の台座に投げ入れられた結果、僅差で勝利することができました。

そして東郷が生前に賄賂を贈ろうとしていたのは政治家ではありませんでした。

新紙幣を印刷する印刷局の人たちです。

1000億を手に入れたとき、買収していた印刷局の人たちが動き出します。

 

  1. お金があるコンテナのパスワードをロック
  2. 政治家たちが受け取る新紙幣の入ったトランクを旧紙幣のものにすり替える

 

新紙幣発行になってしまえば、政治家たちが受け取ったトランクの旧紙幣も使えません。

となると、預金封鎖を解除するしかないのてす。

東郷は「1000億の賄賂を効果的に使う」ことで、預金封鎖を解除することに成功しました。

まとめ:「カイジファイナルゲーム」東郷とは何者?カイジとの関係性についても

  • カイジファイナルゲームの大富豪東郷滋は若者救済ゲームの主催者
  • 余命わずかとなり国のために預金封鎖を止めようとしている
  • 強運の持ち主と野心を持ち合わせているカイジを協力者として帝愛のゲームに挑む
  • ゲームの前に黒崎に自身の情報を握られ、人間秤で資産を逆転される
  • 最後の望みをカイジに託したまま亡くなってしまった
  • 東郷は、賄賂で紙幣印刷局の人を買収し、政治家たちが受け取る紙幣を旧紙幣にすり替えた

 

カイジが無料で見れる!

カイジが無料動画で見れるサービスを紹介しています

「カイジ」無料で映画やアニメ動画をフル視聴する方法!

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です