「ハウルの動く城」ソフィーの呪いをかけられた理由と正体は?いつ解けたか若返るのはなぜか考察!

ハウルの動く城のヒロインソフィーは物語の冒頭で呪いをかけられて90歳のおばあさんに変えられてしまいます。

呪いを解く方法は、呪いをかけた本人すらわからないのです。

ですが、ソフィーは物語の終盤までの間に元の姿に戻ったり、おばあさんになったりと、若返りを何度も繰り返しています。

ソフィーにかけられた呪いはいつ解けたのでしょうか。

またソフィーが若返る理由について考察してみました。

ハウルの動く城:ソフィに呪いがかけられた理由と正体は?

ソフィに呪いをかけたのは荒れ地の魔女

ソフィーがおばあさんになる呪いをかけたのは荒れ地の魔女。

ある日ソフィーのお店が閉店した後に、勝手に入ってきた荒れ地の魔女はお店の帽子に難癖をつけます。

ソフィーを挑発しているのです。

お店の帽子にケチをつけられたソフィーは、怒ってしまい荒れ地の魔女をお店から追い返そうとしました。

荒れ地の魔女は、私にたてつくなんて、とか言ってソフィーに魔法をかけて去ってしまいます。

去り際に「ハウルによろしく」という言葉を残して。

魔女が去ったあと、異変に気付いたソフィーは鏡を見て驚きました。

90歳のおばあさんに変身していたのです。

ソフィーにかけられた呪いの正体とは?

ソフィーにかけられた呪いは90歳のおばあさんに変身したこと。

ソフィーは呪いについて誰にも喋れないのです。呪いについて誰かに喋ろうとすると、口が勝手に閉じてしまいます。

自力でなんとかするしか方法がありません。

荒れ地の魔女はソフィーを使ってハウルに接触したいと思っているので、呪いを解くためにソフィーがハウルの元に行くだろうと計算してのことだと思います。

呪いをかけたのは荒れ地の魔女がハウルの心臓を狙っていたから

荒れ地の魔女がソフィーを狙ったのには理由がありました。

ソフィーは昼間、妹のところへ行く途中兵隊たちに絡まれます。

兵隊たちからソフィーを助けたのが、ハウルです。

荒れ地の魔女はずっとハウルを追いかけていたので、ハウルと一緒にいるソフィーを使えば、ハウルが捕まるかもしれないと考えたのです。

ですのでソフィーのスカートのポケットには、ハウルあてのメッセージが入っていました。

「汝流れ星を捕えし心なき者。お前の心臓は私がもらう」

荒れ地の魔女はハウルの心臓を狙っていたのでした。

ソフィの呪いが解けたのはカルシファーとの約束

ソフィーが荒れ地の魔女にかけられた呪いが解けたのは、カルシファーを自由にしたとき。

最初に出会ったとき、カルシファーとソフィーは約束をしていました。

カルシファーとハウルの契約の秘密を解いて、僕を自由にしてくれたら、僕もソフィーにかけられている呪いを簡単に解いてあげると。

ソフィーは、ハウルとカルシファーとの契約の秘密を知り、契約を解除することでカルシファーに自由を与えました。

ですのでカルシファーは約束通り、ソフィーにかけられている呪いも簡単に解除したのだと思われます。

ただ、カルシファーがソフィーの呪いを解除したシーンは描かれていません。

ハウルの動く城:ソフィが若返る理由と呪いがいつ解けたかを考察!

ソフィが若返るのは心を反映している

ソフィーの姿は劇中で何度も若返っています。

ハウルの師匠であるサリマン先生に会いに行った時も、サリマン先生は随分若いお母さんね、と言っています。

サリマンのところへ行くソフィーは間違いなく90歳のおばあさんでしたが、サリマンに強く意見を言うときなどは元の姿のソフィーに変化しました。

ひょっとするとソフィーの心の強さや、ハウルに対する気持ちの自信の現れで変化するのではないでしょうか。

荒れ地の魔女の呪いは中途半端だった?

ソフィーに呪いをかけた荒れ地の魔女は、ソフィーの呪いについて、呪いをかけることはできるけど、解除する方法はない、と言っていました。

そしてカルシファーからも、こんがらがった呪いがかかってるね、と言っていることから、荒れ地の魔女の呪いも不安定なのではないでしょうか。

ですので、その時々の気持ちの強さや、サリマンなどの強い魔法使いなど、見る人が見れば素の状態が見えるのかもしれません。

そもそも荒れ地の魔女はサリマンに魔力を抜かれていますから、ソフィーの呪いもそのときに解けているとも考えられます。

ソフィーの呪いはサリマン先生が解いていた?

ソフィーはハウルの代わりにサリマン先生に会いに行きました。

そのとき一緒になった荒れ地の魔女は、あまりの素行の悪さにサリマン先生に魔力を奪い取られていました。

魔力を失ったことで荒れ地の魔女は、年齢相応のおばあさんになってしまいます。

荒れ地の魔女の魔力が失ったことでソフィーにかけられていた呪いも解けたのではないか、とも思えます。

演出上90歳ではひっ迫した状況を描けない

ソフィーが若返っていくのは、ハウルに危機が迫っているときが多いようです。

ソフィーはハウルを助けるのに、頭をフル回転させ素早く動く必要がありました。

その状況で、90歳のおばあさんでは緊急事態的なひっ迫した状況を描けないのではないでしょうか。

ソフィーが90歳のおばあさんになったばかりの頃の動きでは、ハウルの家が崩れたり、魔物?から逃げたりできないと思います。

そしてソフィーの声もおばあさんのままでは、声が小さくてハウルには届かないでしょう。

ですので、演出上ひっ迫した状況(急いでいる)を共感できるように、髪だけを白く残したまま走れる体に戻したのではないかと思いました。

ソフィーの帽子のリボンが黒に変わっている!

ラストシーンでソフィーの帽子のリボンが赤から黒に変わっていました。

元々ソフィーには自分でも気づいていないけれど、言霊を操る魔力があると言われています。

ラストでカカシのカブを人間の姿に戻したり、カルシファーを解放させたりと、不思議な現象が起こっていました。

黒いリボンというのは、ジブリの世界では魔女という暗黙の了解的な表現のようです。

ですので、ラストシーンでソフィーの帽子のリボンを黒に変えることで、ソフィーも魔女になった、とか、呪いは解けているんだよ、との表現方法だったのではないかと思いました。

なのでソフィーの気持ちとともに呪いも完全に溶けたと考えます。

まとめ:「ハウルの動く城」ソフィーの呪いをかけられた理由と正体は?いつ解けたか若返るのはなぜか考察!

  • ソフィーに呪いをかけたのは荒れ地の魔女
  • 荒れ地の魔女はハウルの心臓を狙っていたため、ハウルと一緒にいたソフィーに目をつけた
  • ソフィーの呪いが解けたのはカルシファーとの約束を果たしたから
  • ソフィーが劇中で度々若返るのはソフィーの気持ちの強さが描かれている
  • ソフィーにかけられた荒れ地の魔女の呪いが元々不安定だった
  • 90歳のおばあさんではひっ迫した状況が伝わらないのでは?という演出上も考えられる
  • ソフィーの帽子のリボンがラストシーンで黒になっていたため、ソフィーも魔女になった
  • ソフィーが魔女になったことで不安定だった呪いも完全に解けたと考えます。

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です