ガンダム「逆襲のシャア」クェス・パラヤがうざい?セリフについても

ガンダムシリーズの「逆襲のシャア」の主人公的ヒロインのクエス・パラヤがうざいらしい。

父親の愛情に飢えているらしく、アムロやシャアを独り占めしたいようです。

感受性が強く、はっきりと自分が思ったことを口に出してしまうため、クエス・パラヤのうざさが目立つ作品になっているようです。

ガンダム「逆襲のシャア」のクエス・パラヤがうざいところと、セリフについてまとめました。

ガンダム逆襲のシャア:クェス・パラヤがうざいのはどういうところ?

クエス・パラヤは連邦軍でも、ネオ・ジオン軍に行っても「あの女が嫌い」という人物ができます。

アムロやシャアに対して父親を求めているのかもしれませんが、戦場でのクエス・パラヤのワガママぷりにはついていけないようです。

クエスが我儘すぎてうざい

クエス・パラヤは多感な年頃の13歳。

その上地球連邦政府の参謀次官で多忙なうえ、愛人まで堂々とウロチョロしている家庭環境にあり、少し不良じみたところがあります。

お金持ちのお嬢様によくある設定ということで、かなりワガママなキャラに設定されています。

連邦軍の戦艦内の立ち入り禁止区域でもお構いなしにやりたい放題でしたね。

しかもハサウェイを呼び出すときの手段として、艦長であるブライトを呼び出すというのもワガママすぎて引いてしまいます。

13歳で反抗期、しかも父の参謀長官としての後ろ盾があれば、クエス・パラヤの振舞いもうなずけるかもしれません。

初対面のチェーンに船を降りろがうざい

クエス・パラヤはかつてインドでニュータイプになるための修行をしていました。

ですのでクエス・パラヤはアムロに興味を持っています。

アムロに近づきたくても、アムロの傍にはいつもチェーンがいます。

チェーンに民間人の立ち入り区域でないことを指摘されたクエス・パラヤは、いきなりチェーンにアムロとの関係を聞きます。

そしてアムロの近くにいたい自分にとって、チェーンは邪魔だから船から降りろと言いました。

いきなり初対面の、しかも参謀次官の娘から理不尽なことを言われても困るだけですね。

連邦軍なのにネオ・ジオン軍に行ってしまった

クエス・パラヤはアムロに近づきたい気持ちはあるけれど、チェーンの存在が気に入らずネオ・ジオン軍に行ってしまいました!

シャアとアムロのやり取りを聞いたクエスは、シャアの考えに共感してしまったのです。

クエス・パラヤはネオ・ジオン軍の元で、ニュータイプとして戦闘能力を見出され、連邦軍との戦いに利用されます。

最終的にはクエス・パラヤは連邦軍の敵となり、父親が乗っている艦隊を撃沈してしまいました。

ネオ・ジオン軍に行ってもクエス・パラヤのうざさは変化なしです。

ガンダムによくある「父殺し」は、逆襲のシャアではクエス・パラヤでしたね。

クエス・パラヤのうざいセリフ

クエス・パラヤは思ったこと、感じたことを口に出さないとすまない性格のようです。

  • 「大佐!私ララアの身代わりなんですか?」

シャアに対してララアのことを口にするのはタブーです。

クエス・パラヤは空気を読んで行動すると言うことができず、周囲に人がいるにもかかわらず、シャアに上記のセリフを言っています。

シャアにとってクエス・パラヤは、ただ戦争に利用するだけの存在。

クエスがララアの身代わりになれるはずもなく、シャアにとってもクエス・パラヤはうざい存在のようです。

  • 「子どもは嫌いだ。図々しいから」

クエス・パラヤのためを思って、ハサウェイが注意したり、話しかけたりしているシーンがあります。

クエス・パラヤは自分のこれまでの行動に気づいておらず、自分が一番図々しいということにも気づいていない子どもです。

反抗期とはいえ13歳となれば、もう少し他人に対して気遣う言動ができても良かったのではないでしょうか。

ガンダム「逆襲のシャア」:クエス・パラヤがうざい?ネットユーザーの声

ガンダム「逆襲のシャア」を見たガンダムファンからも、クエス・パラヤがうざいとの声も多いようです。

クエス・パラヤがうざい、嫌いという声が多かったですが、見た目は好きとか、何度も見返せば可愛くなってきたという声もありました。

ですが、自分の感情だけで言いたい放題・やりたい放題という印象のクエス・パラヤは、やはり一言でいうとうざい存在だと言えます。

クエス・パラヤのセリフに「気持ち悪い」がある?

クエス・パラヤのセリフで、VHSの完全版のラストに「気持ち悪い」ってセリフがあったと言われています。

逆襲のシャアのエンディング曲が流れる直前に、クエス・パラヤのセリフがあったらしいのですが、VHSの完全版にだけ聞き取れる?入っている?セリフなのでしょうか。

残念ながら聞き取ることは出来ませんでしたが、気になります。

1970年代や1980年代のレコードやビデオには、意図せず入っている音声が「セリフ」や「声」に聞こえるというようなことが話題になったことが多く見られたので、その類だったのでしょうか?

まとめ:ガンダム「逆襲のシャア」クェス・パラヤがうざい?セリフについても

  • クエス・パラヤがうざいのはワガママすぎるところがある
  • クエス・パラヤは家庭環境が複雑なのと、父親が権力者ということもあってワガママ
  • クエス・パラヤはシャアの考えに共感しネオ・ジオン軍に行ってしまった
  • ネオ・ジオン軍でモビルスーツに乗り、父親の艦隊を撃沈してしまい父殺しになった
  • クエス・パラヤは空気が読めないところがあり、思ったことを口にだしてしまう

 

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です