「不滅のあなたへ」少年の死因は何?フシが器を獲得するまでについて

不滅のあなたへの主人公フシの人間の姿でいるときは少年の姿をしていることが多いです。

フシが少年の姿になっているということは、少年は死んでいるということになります。

少年はどこでどのように亡くなったのでしょうか。

フシの基本形態である少年の死因についてまとめました。

不滅のあなたへ:少年の死因は何?フシが器を獲得するまで

フシが主に器を使っている少年の名前はわかっていません。少年に出会ったころのフシは狼の姿になったばかりで少年の言葉の意味もほとんど理解していないときです。

少年は1人で雪原地帯で暮らしていた

少年は雪原地帯に住んでいました。

元々は家族と一緒に暮らしていましたが、雪原地帯から暖かい南方へ移住するため大人は下見に出かけた状態です。

少年は老人と残って留守番をしていたのですが、老人も死んでしまったので1人で生活するようになりました。

少年は待っているだけの生活をやめて、自分も南方へ行こうと決意します。

ペットである狼のジョアンと、食料とテントを持って暖かい地域にあるという甘いクダモノを夢見て家を出るのでした。

焚火をしていた木が足に刺さる

家を出てしばらくすると、石に矢印が書いてあり、先に南方へ向かった人の合図を確認し安心しました。

そのまま矢印通りに進み、夜になるとテントを張り、という旅が続きました。

あるとき少年はテントの傍で焚火をし、片付けをしていると、地面の氷が割れてしまい、水の中に落ちてしまいました。

その時に焚火で使っていた木が足に刺さり太ももにケガを負ってしまいます。

手持ちの包帯で手当てをしますが、日に日に腫れるのがわかります。

家に戻って死んでしまう

少年は仕方なく家に戻りました。

それでも足の怪我は治ることなく、どんどん弱っていきます。

少年は、何度も何度も足の傷を見ては不安そうな顔をしています。

次第にベッドに横になり起き上がれなくなってしまいました。

少年は家族が戻ってきたときに、ベッドで横たわって死んでいるのを見られるのはカッコ悪い、と言う最後の意地で椅子に腰かけました。

そしてジョアンに僕のことを忘れないで、と言い残し死んでしまいました。

少年の死因は太ももに木が刺さって、化膿し菌が体中にまわってしまったのではないかと思われます。

少年の死で刺激を受けたフシが器をもらう

その後少年の死によって刺激を受けたフシは、少年の器を獲得し狼であるジョアンから人間の姿で動けるようになります。

少年の姿になったフシは歩き続け、暖かいところにたどり着き、森の中で少年が食べたかった「甘いクダモノ」を食べることができました。

まとめ:「不滅のあなたへ」少年の死因はなんだったった?フシが器を獲得するまでについて

  • フシが人間でいるときの姿である少年は雪原地帯で1人で暮らしていた
  • 少年は家族と合流するため狼ジョアンと南方へ向かう
  • 南方へ向かう途中で木が刺さって怪我を負う
  • 怪我は治らず、少年は南方へ行くのを諦めて家に戻る
  • 家に戻った少年の足の怪我はどんどん悪化し、寝込むようになった
  • 最期の力を振り絞り、ベッドから椅子へ移動しそのまま力尽きて死んでしまった
  • 少年の死因は足の怪我が治らずに悪化したから

 

不滅のあなたへが安く読める!

不滅のあなたへを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

不滅のあなたへを安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です