不滅のあなたへハヤセの子孫一族まとめ!継承者や夫(旦那)についても

不滅のあなたへに登場するハヤセはフシに対して異常ともいえる執念です。

気持ち悪いの一言では済みませんね。

ハヤセはジャナンダ島で漂流したときノッカーに襲われています。

死亡したと思われたのですが、なんと生き延びて子孫を残していたのです。

代々フシの前に現れるハヤセの子孫・一族と、そもそもの原因となる夫(旦那)についてもまとめました。

不滅のあなたへ:ハヤセの継承者子孫一族まとめ!

ハヤセの意志を継いだ継承者である子孫は9代目まで続いています。フシ守護団団長もしくは副団長として活躍します。

 子孫の名前特徴
初代ヒサメサールナイン島編で登場
9歳の少女で左腕にノッカーを寄生させている
ヒサメの娘オウミヒサメが17歳のときに産んだ娘。副団長としてフシの前に登場した。
2代目ウシオヒサメと同じぐらいの少女。髪型に特徴あり。
不明不明こんにちは、のセリフのみで登場。さっぱりした性格ではあいかと思える顔をしている
3代目チスイロングの髪でハヤセやヒサメに似ている。
不明不明ショートカットの女性。順当に行くと継承者ではない。
5代目?不明ショートカットの少女で遠慮がちに見えるがフシにくっついている。
6代目カハク初めて男の継承者。パロナ姿のフシを好きになる
ミズハの母イズミ守護団を放棄したいと実家から離れていたが、出会ったと思っていた旦那は守護団の者だった
18代目ミズハノッカーのことは知らないが、やはりフシに惹かれていくようで、ハヤセの気持ち悪さも持ち合わせている

ハヤセの子孫フシ守護団の特徴

フシ守護団はハヤセがジャナンダ島で結成しました。

フシの不死身の能力に魅せられたようです。近寄ってくる女はハヤセによって排除される対象となりパロナが殺されています。

トナリも命を狙われましたが、フシが救出して無事でした。

子孫に守護団を維持するべくフシとの出来事を伝記として残しています。

ハヤセの目的はフシとの間に子供を作ること。これは表だって継承されておらず親子間で口伝されています。

ですので子孫は「女」が尊重され、フシを見つけるとベタベタとくっつくように教えられているのでした。

初代継承者:ヒサメ

ヒサメはフシがサールナイン島で潜んでいたときに警護の者を連れて現れます。

ハヤセの生まれ変わりとも言われ、9歳にしてハヤセの意思を受け継ぎ初代継承者となります。

ニシアサガオやブスレンゲの毒を持ち歩くなど、邪魔者を排除するところも継承しているようですね。

守護団副団長:オウミ

オウミは妊娠中に副団長としてフシの前に登場します。

ハヤセの生まれ変わりがヒサメで、次にハヤセの意思を継ぐ継承者は腹の中の子、と言っていますので、隔世で生まれる子が継承者となると言っていました。

ですのでハヤセが宿っていないオウミは副団長なのですね。

2代目:ウシオ

オウミの娘でハヤセの意思を継ぐ2代目の継承者。

親子間の言い伝え通りフシにピッタリくっつくように教えられているようです。

不明:名前不明

ウシオの次に登場した女性は継承者ではありませんし名前も与えられていません。

フシに挨拶をしに来たことからオウミ同様守護団に在籍、副団長だと思われます。

3代目:チスイ

3代目のチスイは、ハヤセやヒサメによく似ている少女です。

ウシオの孫になりハヤセの意思を継ぐ継承者です。

4代目5代目は不明

チスイのあと2人の少女がフシの前に現れますが、名前も継承者かも明らかにされていません。

代々「女」を生み続けており、フシにピッタリくっつく様子が描かれていますので、フシとの子供を作るという伝承も生き続けているようです。

6代目:カハク

6代目の伝承者はカハクで「男」です。

女を生む前に母親が死んでしまったのでカハクが継いでいるようです。

左腕に寄生しているノッカーは健在ですが、ヒサメの頃より小さくなっているようです。

ハヤセのストーカー気質は遺伝していない?とおもわれましたが、パロナ姿のフシに恋をしているようで、次第にフシのことが大好きになっていきます。

現世編:イズミ(ミズハの母親)

イズミは現世編に登場するミズハの母親です。

ミズハの母親はフシ守護団の存在を嫌っていました。

親とは絶縁した状態でミズハを育てましたが、束縛する育て方にストレスがたまったミズハとノッカーに殺されてしまいます。

18代目:ミズハ

フシがハヤセの子孫だと一目で気付くほどハヤセと顔がよく似ています。

スポーツ万能で頭もよく顔がかわいいことからモテモテの女の子。

その一方で友達が少なく女子からは反感を買っているようです。

不滅のあなたへ:ハヤセの夫(旦那)を考察!

そもそも海で漂流したハヤセと結婚した夫(旦那)とは誰なのでしょうか。

漂流した先で助けてくれた男がハヤセの夫?

ジャナンダ編の最後で、フシにつきまとっていたハヤセは手を縛られ海の真ん中で放棄されます。

ノッカーに襲われ死んでしまったと思われたのですが、漂流した先で助けられていました。

ハヤセがいるだろうと思われる小屋に食べ物を持って訪れる男性がいました。

すると小屋からハヤセの腕がその男性を掴んで引っ張り込むシーンがあります。

ハヤセの夫として存在したのか、子供の父親というだけの存在なのかはわかりませんが、ハヤセの世話をしていた男性が夫ということになるのだと思われます。

夫は守護団の中から与えられる?

フシ守護団の継承者は、ハヤセの一族で代々受け継がれてきました。

現世編のイズミで明らかになったことは、ハヤセ一族の娘は守護団から結婚相手が選ばれているようです。

イズミは守護団から逃げ出し、自分で結婚相手を見つけミズハを生んだと思っていましたが、実は守護団の人間だったことが明らかになります。

偶然を装ってイズミに近づいたということです。

ハヤセの意思を継ぐことからは逃げられないということなのでしょう。

まとめ:不滅のあなたへハヤセの子孫一族まとめ!夫(旦那)についても

  • ハヤセの守護団の継承者である子孫は18代目まで続いている。
  • 6代目のカハクだけが男で他は女が継承している
  • ハヤセは隔世で子孫の腹に宿り生まれ変わっていると思われる。
  • ハヤセの夫は漂流先でハヤセの世話をしてくれた人だと思われる。
  • ハヤセの子孫たちの夫は守護団から選ばれていると思われる

 

関連記事はこちら

不滅のあなたへの漫画を安く買うならAmebaマンガがオススメ!

下記記事では100冊まで使える40%オフクーポンや半額クーポンなどのサービスを紹介しています。

不滅のあなたへの漫画が電子書籍で安く読める!最大50%オフのおすすめサイトも紹介! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。