「不滅のあなたへ」ボン王子は死亡する?特殊な能力と復活するのかについて

不滅のあなたへの主人公フシが成長するのに欠かせない人物の一人に、ウラリス王国のボン王子がいます。

ボンはフシの理解者でフシの能力を発見し、ノッカーとの戦いに有効に活用します。

ボンは世界平和を考えているため、自分のことよりもフシを守るという行動をするようになります。

ボンはノッカーとの戦いで死亡するのでしょうか。ボンがフシの能力を発見できた能力とは何なのでしょうか。

不滅のあなたへのボンが死亡するのか、能力や復活するのかについてまとめました。

不滅のあなたへ:ボン王子は死亡する?

フシは不死身ですから、長い間生きている間にちょっとした有名人になっています。

フシが森を歩いて移動しているとき、フシを捕えようとしていたボン王子と出会います。

ボンは国王になりたいため、フシを捕まえて手柄にしようとしていたのでした。

ボン王子の最初の死はベネット教で処刑

ボンはフシのことが気に入り、城を出てフシと一緒に行動を共にすることにしました。

フシは悪魔の使いとしてベネット教のサイリーラが狙っています。

ベネット教はフシを異端者として見ており、擁護しているボンやウラリス王国にも異端容疑をかけています。

ボンたちはベネット教に捕まってしまい、牢獄に閉じ込められてしまいました。

ボンはフシを悪魔として認めれば、牢獄から出してもらえるのですが、フシのことが大好きだと言って悪魔と認めませんでした。

ですので、ボンはベネット教により、処刑されてしまいました。

ボンの死体はフシが作った複製だった

ボンと同じく鉄の牢獄に閉じ込められていたフシ。

フシはグーグーを使って鉄を溶かし、自分の死体を作り出し、脱出することに成功しました。

そして、トナリの日記からヒントを得て眠り薬を作り出し、リガードになって眠り薬を上空から撒いたのです。

そして処刑寸前にボンを救い、ボンの死体を作り出したことでベネット教の人たちを欺きました。

ですので、ボンは表向きには死亡したことになっています。

ボンは死んでファイになる

ボンは第二の人生として、フシと一緒に行動を共にします。

ノッカーとの戦いに向けて、フシの能力を知ったうえで作戦を考えたのもボンです。

ノッカーとの戦いは長くて、終わりが見えない辛い戦いでした。

そんなとき、カハクがフシから記憶を全部奪ってしまい、フシは元の球に戻ってしまったのです。

ですが、フシがレンリルの地に這わせていた根っこがまだ生きていることを知ったボン。

フシが死者を生き返らせる条件の逆をすれば、フシが蘇るのではないかと考えます。

そして、ボンは自らの体を剣で貫くことでフシに刺激を与えました。

フシは生き返り、ボンは死亡してファイになり現実にとどまっている状態です。

ボン王子の特殊能力と復活するのかについて

レンリルの戦いで、ボンはフシのために命を落としました。ボンはファイとなってフシのそばにいることにします。復活するのはいつなのでしょうか。

ボンの能力はファイが見える

ボンの特殊な能力は、死んだ霊(ファイ)が見えること、話が出来ることです。

ボンのファイが見える能力のおかげで、フシが死者を生き返らせる能力を発見出来ました。

そして、死者を生き返らせる力を戦いに使うことで、ノッカーから人々を守る事もできました。

ボンは死んだ直後のファイを見ることができるので、ファイがとどまっているのか、ラクエンに行ったのかもわかります。

フシは死者が見えませんから、フシが死者を生き返らせるにはボンの能力は必要なのです。

ボンが復活するのはフシが器を取り戻してから

レンリルの戦いで命を落としたボンは、自分が復活するのはフシが失った人たちを取り戻してからでいいと言います。

フシはリーンと酒じじいとピオランをカハクに取られたままです。

レンリルの戦いのあと、しばらくしてカハクは死亡します。

そこでフシの元にカハクに奪われた器が戻りました。

同時にボンはウラリス王国で復活することが出来ました。

まとめ:「不滅のあなたへ」ボン王子は死亡する?能力と復活するのかについて

  • ボン王子はフシをかばったことでベネット教から処刑される
  • ボンの処刑寸前でフシが現れ、ボンを助けた
  • ボンは世間的に死んだことになっている
  • ボンはレンリルの戦いでフシを救うために死亡する
  • ボンの能力はファイが見え、会話ができること
  • ボンの復活はカハクが死んでフシに器が戻ったとき

 

不滅のあなたへが安く読める!

不滅のあなたへを50%オフで安く読めるサービスを紹介しています。

不滅のあなたへを安く読めるオススメ電子書籍サービス!全巻50%オフの最安値サイトも

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です