ザ・ファブルのペダイヨチャの意味は?洋子と河合のテキーラは何巻で読めるのかも

ザ・ファブルで洋子と言えば河合ユウキくんですよね!洋子はお酒に強いのでテキーラを飲んでも酔いつぶれません。

洋子を酔わせてどうにかしたい河合はいつもべろんべろんで急アル寸前です。

そんな河合には「ペダイヨチャ」というあだ名がつけられてしまいました。

「ペダイヨチャ」ってどんな意味があるんだっけ?

ザ・ファブルの「ペダイヨチャ」の意味と、洋子と河合のテキーラのシーンは何巻で読めるのかについてまとめました。

ザ・ファブル:ペダイヨチャの意味は?

ペダイヨチャは河合がテキーラを飲み過ぎてロレツが回らなくなって生まれた言葉です。

ペダイヨチャは大丈夫洋子ちゃんという意味

ペダイヨチャは河合ユウキが洋子にテキーラを飲まされ、酔いつぶれてしまってトイレで吐いていた時に出た言葉です。

あくまでも洋子の前ではスマートな男を演じたかったのでしょう。

ぺッ 大丈夫 洋子ちゃん

ぺッ ダイジョウブ ウコチャ

ロレツも回っていませんし、吐きながらしゃべっているので、言葉にならなかったのです。

「ぺッ ダイジョウブ ヨウコチャン」が、途切れて聞こえたのを洋子が韓国俳優風の名前に仕立て上げ「ペ・ダイヨチャ」にしたということです。

「ぺッ」は吐き出している音ですね。

ペダイヨチャとは、河合ユウキが洋子に大丈夫と言いたかったという意味でした。

河合ユウキとは

河合ユウキは洋子がバーで居合わせた男で、イケメンキャラです。

年齢25歳ぐらいで、堂々と自身たっぷりの素振りから女に振られたことがなく、泣かせてきただろうと思われるオーラが出ている人物。

趣味はスノボにジェットスキー、週に3回はジムに行って筋トレするなど、女性にモテるための努力は惜しみません。

時計や車も女性に自慢できるものを持っているようです。

ペダイヨチャが飛び出すまでの経緯

河合が酔いつぶれたのは、アウトドアの話からバーベキューの話になり、お肉にレモンをかけて食べるのが美味しいという流れになったからです。

洋子はテキーラを飲むように仕向けるため、「私はレモンが好き」と言います。

すると河合はマスターにレモンに合うお酒を注文するのですが、洋子はマスターにテキーラを出すようアイコンタクトするのでした。

テキーラを一気に飲み、レモンをかじる、というのを繰り返し20杯目を飲んだ時、とうとう河合はダウンとなります。

洋子は河合がトイレに行って吐いているところに寄り添い「河合さん大丈夫?」と心配そうなフリをして聞いています。

限界ギリギリの状態で出た言葉が「ぺッ だい・・・ ヨ・・・ ちゃ・・」でした。

ザ・ファブル:洋子と河合のテキーラは何巻で読める?

河合ユウキの初登場は4巻です。

河合ユウキ初登場は4巻37話

河合ユウキはモテ男キャラで登場しています。

友人とバーに飲みに来ており、女性に振られた友人に「わかってないわ~」とモテ男談義をしていました。

トイレに行った際、洋子とぶつかって恋に落ちてしまいます。

この出会いを逃す手はないとして河合は洋子に1杯おごると言い近寄ります。

洋子は「今日はこの男でヒマつぶそう~」と、河合の好みであろうタイプの女の子を演じ始めました。

河合と初めて出会ったときは、洋子はカルアミルクを飲んでいます。

あくまでも可愛い女の子像を演じていました。

1回目は引き際も大切ということで、河合ユウキの連絡先をもらって洋子はバーを後にします。

河合がテキーラで潰れるのは8巻

河合ユウキがテキーラでつぶれるのは8巻84話です。

洋子が河合に電話をかけて呼び出しています。

84話ではお互いを探り合っている状態で、アウトドアの話に持っていったまででした。

85話になるとアウトドア→バーベキュー焼肉にレモンという流れから、テキーラを飲み始めるようになります。

ペダイヨチャのラストでは、河合がトイレから出て洋子のところまでフラフラで歩くとなり、洋子とマスターのお決まりの掛け合いとなります。

「タクシー!」

「いや!救急車やッ!」が面白いですね!

8巻86話で救急車

河合はフラフラしながらも洋子の元へ戻ろうと思い、テーブルづたいにどうにか歩いて行こうとします。

やっとのことで席へたどり着き、洋子に飛びつこうとしましたが、洋子の軽い手刀でかわされカウンターにもたれかかってしまいました。

そこへ洋子が「お水よ」と言って差し出したのはテキーラでした。

お水だと思って飲んだテキーラがトドメとなり、河合は口から泡を吹いて倒れてしまいます。

洋子が「どうやらカニみそ」がと言ったところでマスターが救急車を呼んでいます。

最後は洋子が脈と呼吸を確認し、河合の無事を確認してからお店を去って終わりです。

16巻で再登場

河合ユウキは16巻でも再登場します。

この回は洋子は自宅、明がバーにいるというシーンです。

スマホで顔を見ながらの飲み会となり、洋子は上手にテキーラを誘導します。

前回の失態を覚えているため、河合はマスターにテキーラを出すフリをしてお水をくれというジェスチャーをしますが、マスターが河合に出したのはテキーラでした。

20杯目を超えたとき、またもや河合に吐き気が訪れます。

洋子は明のスマホから河合が吐いている姿を確認すると、席に戻り河合がどのルートを通って席まで戻るのかを楽しむのでした。

最後はやはり途中で倒れてしまい、お漏らしをして終わりです。

まとめ:ザ・ファブルのペダイヨチャの意味は?洋子と河合のテキーラは何巻で読めるのかも

  • ペダイヨチャは酔いつぶれた河合が心配する洋子に言った言葉
  • 「大丈夫 洋子ちゃん」が酔っていたため上手く言えなかった
  • 河合の初登場は4巻37話
  • 河合は8巻でテキーラで潰れる
  • 16巻で再登場し、家で飲んでいる洋子に遠隔で飲まされ再び倒れている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。