「バケモノの子」熊徹は最後は死ぬ?神になったその後どうなったのかも

バケモノの子に登場する熊徹は、乱暴な言葉遣いや粗暴な性格から弟子や嫁がいません。

熊徹は師匠もいないため剣術は自己流ですが強さは本物で、渋天街の次期宗師候補なのです。

宗師になる条件には「弟子を取っていること」とあり、熊徹は弟子を探しに人間界の渋谷へ多々良と一緒に出かけました。

そこで出会ったのが九太です。

九太との出会いで熊徹には良い変化がありますが、その変化を快く思っていない人物が現れます。

熊徹は最後は死ぬのでしょうか。また、熊徹が神になりその後どうなったのかについてまとめました。

バケモノの子:熊徹は最後は死ぬのか?

次期宗師候補には、熊鉄の他に猪王山がいます。猪王山には慕ってくる弟子や仲間が沢山いるようです。

次期宗師候補は熊徹と猪王山

次期宗師候補は熊徹と猪王山で、最有力候補は強さや品格からして猪王山だろうと言われています。

猪王山は結婚をして子供が2人おり、慕ってくる弟子も沢山いました。

住んでいるところも熊徹とは違って、竹林に囲まれた広い屋敷で、裕福に暮らしています。

熊徹は宗師になる条件の弟子を取っていないということから、猪王山からは余裕が感じられます。

猪王山は、熊徹が人間の弟子(九太)を取ろうとしたとき、人間には心に闇が宿るということで、すぐに九太を人間界に返してこい、と言うのです。

実は猪王山の長男一郎彦は人間界から連れてきた子供であったため、何かしら闇について心当たりがあったのではないでしょうか。

熊徹の変化に苛立つ一郎彦

猪王山の長男一郎彦は、昔猪王山が人間界の渋谷に赴いたときに、道端で捨てられていた赤ん坊でした。

猪王山は一郎彦を見た時、この子の親も何か理由があって捨てたのだろう、とバケモノ界に連れて帰ったのでした。

バケモノ界に人間を連れてくるのは禁忌とされていましたが、猪王山は自分なら上手く育てられると思い込んでしまったのです。

熊徹は九太を弟子に取った後、九太に修行を付けようとしますが、自分の感覚による自己流で強くなったため上手く教えることができません。

最初は喧嘩しながら修行をしていた2人でしたが、次第に息が合うようになり熊徹にも変化が訪れます。

九太の「負けるな」という応援が、土壇場の熊徹に勇気と強さを与えるようになるのでした。

熊徹が弟子を取り、今までとは違う強さを持ったことで宗師になるのが1歩近づいているのではないか、と疑心しているのは猪王山の長男一郎彦です。

一郎彦は、次期宗師になるのは自分の父親猪王山で、熊徹ではないと信じています。

また、人間を毛嫌いしているため、熊徹と九太の存在が目障りなのです。

一郎彦が人間を嫌う理由

一郎彦は人間界で捨てられていた人間の子供です。

猪王山は一郎彦が人間だという事実を、一郎彦にも誰にも打ち明けていません。

一郎彦は成長するにつれ、尊敬する父親と顔かたちが似ていない事や、いつまで経ってもバケモノ特有の牙が生えてこないことに悩んでいました。

そんな時に、人間の九太が目の前に現れ、その姿から自分も人間なのではないかと心の中に不安を宿すようになります。

その不安や苛立ちが、元々根底にあった悩みと重なり大きな闇を抱えるようになりました。

一郎彦は九太さえいなければ、猪王山が次期宗師で決まりだったし、自身の姿が人間だと確信することもなかったのです。

一郎彦が顔半分隠すようになったのは、自分が人間だと認めたくないのと、人間であることが恥だと思っているからなのでしょうね。

一郎彦の闇で熊徹は死ぬ?

&

;

熊徹と猪王山が、次期宗師を決めるための闘技会当日、九太は人間界に出かけており熊徹は1人で戦うことになります。

闘技会の前に九太と熊徹は喧嘩をしてしまい、九太が出ていってしまったのです。

闘技会で猪王山にやられっぱなしで、勝負ありか、と思われたとき、九太が闘技場に現れます。

九太は猪王山に打ちのめされて、ダウンしているとき、「負けるな」と大きな声で叫びました。

九太の声に闘志が奮い立った熊徹は、立ち上がり今度は猪王山を倒しました。

猪王山は立ち上がることが出来ず、熊徹が勝利し次期宗師に決まったのでした。

ところがそのとき、一郎彦の闇が爆発し心の闇が暴走したことによって「念動力」で、熊徹の胸を剣で突き刺したのです!

熊徹は刺されたことで倒れてしまい、意識を失います。

瀕死の状態になりましたが、一命は取り留めています。

熊徹は九太を助けるために神になる

一郎彦の闇の暴走は止まらず、人間界で暴れることになります。

人間界で暴れる一郎彦を止めるため、九太は渋谷で鯨の姿になった一郎彦と対決します。

剣の達人になったとはいえ、目の前にいる大きな鯨を倒す術もない九太。

そのとき、バケモノ界で目を覚ました熊徹が九太を助けるために、俺が九太の胸の中の剣になるんだ!と言い転生を願い出ます。

バケモノ界の宗師は、神になることが許されている存在。

熊鉄は先の戦いで宗師になったわけですから、神化(転生)するのが許されているのです。

熊徹は神(剣)になり、九太のところへ炎の太刀となって現れます。

一郎彦の心の闇を切るには、胸の中の剣が必要だったのでした。

バケモノの子:熊徹が神になったその後について

熊徹は神になり、転生して剣となってしまいましたが、その後どうなったのでしょうか。

熊徹はその後どうなったのか

熊徹は瀕死の状態で、神化し心の剣となって九太の胸の中に吸い込まれてしました。

その後もずっと九太と一緒にいることになるのですが、残念ながら会話をするということは出来ていません。

九太は一郎彦との戦いのあと、一旦渋天街に戻りますが、人間界で暮らすことを選択しています。

剣を持つのもやめ、実の父親と暮らしています。

熊徹がその後九太の前に現れることはありませんが、常に九太の心の中にいるため、何かの時には熊徹を感じるのだと思います。

九太が最初に熊徹に剣術を教えてもらった時に、何度も言われた「あるだろうが、心の剣が」ということですね。

まとめ:「バケモノの子」熊徹は最後は死ぬ?神になったその後どうなったのかも

  • 次期宗師を決める決戦で勝ったのは熊徹
  • 熊徹は最後は一郎彦の念動力で刺され瀕死の状態になる
  • 一郎彦は猪王山が熊鉄に負けるのが許せなかった
  • 九太と一郎彦の戦いで熊徹は神化を希望し、転生して九太の心の剣になった
  • 熊徹は肉体的には死んだことになるが、九太の心の中で生きている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です