虚構推理雪女のジレンマの犯人をネタバレ!何話で読めるのかについても

虚構推理に登場する雪女、かわいいですよね。アニメ化になればさらに人気が出るのではないでしょうか。

雪女が主役となる回は「雪女のジレンマ」と「雪女を斬る」があります。

今回は雪女のジレンマについてのあらすじや犯人のネタバレと、「雪女のジレンマ」が漫画の何巻何話で読めるのかについてまとめました。

雪女のジレンマの登場人物
  • 雪女:11年前に山岳で重傷を負った室井昌幸を助けている
  • 室井昌幸:離婚した妻が何者かに殺されてしまい容疑者になってしまう
  • 昌幸の元妻原田美春:愛人を作ったあげく室井を殺そうとして離婚。今回の被害者。
  • 岩永琴子:雪女に室井昌幸を助けてもらうよう依頼される
  • 飯塚渚:室井昌幸の妻を殺害した犯人

虚構推理:雪女のジレンマの犯人をネタバレ!

「雪女のジレンマ」では室井昌幸が元妻を殺害した容疑者として警察に事情聴取されます。

雪女のジレンマのあらすじ

室井昌幸は11年前、友人と一緒に登山をしていました。

ところが友人に崖から突き落とされ重傷を負って動けなくなりました。

動けなくなったところに雪女が現れ、昌幸を助けたのが2人の出会いです。

11年後、昌幸は妻に愛人を作られたあげく殺されそうになり離婚しました。

そのうえ、大学卒業後に興した会社を仲間の裏切りによって大会社に吸収されるなど不運が重なり、雪女に助けられた山の近くに引きこもってしまいました。

雪女と再会したのち、元妻が何者かに殺されたことが判明します。

元妻の死体はあたかも昌幸が犯人かのように仕立て上げられた状態で発見されていたのです

昌幸は犯行時刻に雪女と一緒に天ぷらを食べており、アリバイを証明したくても出来ない状況にありました。

無実を証明したい雪女は知恵の神である琴子に助けを求めた、となります。

犯人は元部下の飯塚渚

結論から言いますと昌幸の元妻を殺したのは、昌幸の元部下である「飯塚渚」です。

飯塚渚は、昌幸が興した会社の社員で吸収合併時に味方をしてくれた部下。

また、昌幸が会社を辞める前には、昌幸が手掛けていた仕事を引き継ぐなど信頼していた有能な女性です。

そしてその後も、昌幸を気遣ってか唯一連絡をしてくれていたため、飯塚渚が犯人だとは想像できませんでした。

飯塚渚の犯行動機は歪んだ愛

飯塚渚が昌幸の元妻美春を殺害した動機は、昌幸に好意を持っていたから。

歪んだ愛情ですね。

元々飯塚渚は昌幸が会社を去って行くときについて行きたかったのですが、迷惑にならないように我慢したのです。

ところが昌幸は何か月経過しても引きこもったままで動きません。

そんな現状を打開するために、殺人という方法を取ったのです。

美春が殺される⇒昌幸の逆恨みによる犯行⇒自分だけが昌幸を信じて支える⇒昌幸が自分を頼ってくれる⇒昌幸が自分を愛してくれるかもしれない

という計画を考え実行したのです。

管理人
管理人

細かく連絡を取っていたのは好意があるからと、昌幸のアリバイをなくすための確認ですね。恐ろしい女性です。

琴子によると、警察は状況証拠から室井昌幸を容疑者として扱っていましたが、矛盾点が生じているため真犯人がそのうち捕まるだろうとのこと。

その後雪女と昌幸は琴子公認の仲になってハッピーエンド?です。

虚構推理:雪女のジレンマは漫画の何話で読めるのか

雪女のジレンマは漫画の12巻30話から13巻33話で読めます。

12巻収録話

虚構推理の12巻は29話から31話で構成されています。

  • 29話:「死者の不確かな伝言」・・・琴子の高校時代の同級生と桜川六花登場
  • 30話:「雪女のジレンマ①」・・・雪女と昌幸の出会いから警察が昌幸を訪ねるまで
  • 31話:「雪女のジレンマ②」・・・原田美晴死亡の詳細から琴子登場まで

29話では琴子の高校時代の同級生と六花の会話が楽しめますし、30・31話では雪女と昌幸のほのぼのとした関係が楽しめます。

13巻収録話

13巻は32話から35話で構成されています。

  • 32話:「雪女のジレンマ③」・・・琴子と昌幸の対面から雪女と昌幸の関係が1歩進むまで
  • 33話:「雪女のジレンマ④」・・・琴子が昌幸に真犯人を解く。犯人の動機が解説される
  • 34話:「よく考えると怖くないでもない話」・・・九郎の能力を活かしたバイト風景が見れます
  • 35話:「見たのは何か①」・・・琴子と六花が組んでとある事件を解決するストーリー。六花が大食いと激辛がOKである体質になっていることが判明します。

13巻では雪女のジレンマの解決編と、九郎・六花の活躍が見られます。

九郎があやかしたちから恐れられている能力を活かしたバイトが「なるほど!」で楽しめました。

まとめ:虚構推理雪女のジレンマの犯人をネタバレ!何話で読めるのかについても

  • 虚構推理「雪女のジレンマ」の犯人は室井昌幸の元部下の飯塚渚
  • 飯塚渚は室井昌幸に好意を持っており長期に引きこもっている昌幸を動かすために元妻を殺害
  • 容疑を昌幸に仕立てることで自分を頼るだろう、あわよくば振り向いてくれるかもしれないという歪んだ愛情が動機
  • 雪女のジレンマは漫画12巻30話から13巻33話で読める
虚構推理の漫画が安く読める!

虚構推理の漫画が安く読めるクーポンを紹介しています。

虚構推理の漫画が電子書籍で安く読める!全巻まとめ買いのおすすめクーポンも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です