名探偵コナン緋色の弾丸メアリーは赤井に気付いた?ラストのセリフ小僧の考察も

名探偵コナンの緋色の弾丸は赤井ファミリーが終結しています。

赤井秀一が生存していて沖矢昴に変装していることを知っているのは羽田秀吉だけ。

メアリーと真純は赤井秀一が任務中に死亡したと思っています。

緋色の弾丸では沖矢昴に扮した赤井秀一と、メアリー&真純がジークンドーで対決するシーンがあります。

ひょっとするとメアリー世良は沖矢昴の正体が赤井秀一だと気付いたのではないでしょうか。

緋色の弾丸のラストでメアリーが言った「小僧」というセリフも気になるところです。

メアリー世良は赤井秀一に気付いたのでしょうか。またラストのセリフについても考察しました。

コナン緋色の弾丸:メアリー世良は赤井秀一に気付いた?

メアリー世良は赤井秀一が死亡していると思っていますが、今回の対決で生存を確信したのではないでしょうか。

赤井ファミリーの現在

赤井ファミリーは複雑すぎる家族でややこしい状態ですよね。

  • 父親赤井務武:MI6に所属しており、17年前の羽田浩司殺人事件を追って失踪中。遺体が発見されていないためどこかで生存していると思われる。

 

  • 母親メアリー世良:MI6に所属しており、ベルモットにアポトキシン4869を飲まされ幼児化。元に戻る薬を求めて真純と日本に滞在中。

 

  • 長男赤井秀一:黒の組織に潜入捜査中、身元がバレてしまいFBIに戻る。来葉峠で死亡したことになっているため沖矢昴として任務遂行中。弟の羽田秀吉とだけ素性を明かし連絡を取っている。

 

  • 次男羽田秀吉:将棋の太閤名人。羽田家に養子入りしているため名字が違う。

 

  • 末っ子世良真純:母親のメアリー世良と一緒に日本に滞在中。コナンから元に戻る薬を聞き出そうとしている。

父親の生存も不明なうえに長男赤井秀一の生存を知っているのは羽田秀吉だけ。

そしてメアリー世良が幼児化しているのを知っているのは真純だけ、ということですれ赤井ファミリーは違い家族です。

危険な任務をしている以上、家族にも本当のことを言えない状況です。

赤井秀一はメアリーの幼児化に気付いている

赤井秀一は97巻・98巻に収録されていた骨董盆の回で、メアリー世良が生存していることを真純に探りを入れ確認済です。

*97巻は2019年発売ですので、2020年の緋色の弾丸よりも前に赤井秀一はメアリーの幼児化に気付いたことになりますね。

骨董盆での真純との会話の端々からメアリーが生存しているが幼児化している、とまでこぎつけるのです。

赤井秀一からすると、身近なところで幼児化している人物(コナン)を知っていますので、幼児化について疑問を感じていません。

実際に自分の目で見たわけではないですが、メアリー世良が幼児化していることに間違いないと思っているようです。

緋色の弾丸でメアリーと赤井のシーン

緋色の弾丸でメアリーが沖矢昴の前に現れたのは、イギリス人の要人(ジョン・ボイド)警護のためでした。

犯人の3番目の標的であるジョン社長の警護をイギリスMI6から要請されていたようです。

2人はジョン社長が東海コンビナートに連れて行かれたとき対決することになります。

ジョン社長を救出するため、沖矢昴は真純が相手をしていたのですが、秀一の実力は真純の3倍上。

手こずる真純を見てメアリーは沖矢昴との戦いに加わりますがかなり強い!

赤井秀一は攻撃してきた子供があまりにも強いため、「この子供、もしや」と言っていました。

子供は幼児化したメアリーではないかと気付いたようでした。

メアリーも赤井秀一に気付いたのか考察

メアリー世良がジークンドーの使い手かはわかっていませんが、格闘技に長けているのは間違いないと思われます。

92巻収録のさざ波シリーズでは、大学生の赤井秀一に手刀を当て、秀一もメアリーに2.3発食らわせたと言っていました。

ということは、メアリーと秀一は過去にも何度か格闘技で手合わせをしているのだと思われます。

沖矢昴を知らないとしても、何度かやりあえば相手が自分の息子だということに気付くのではないでしょうか。

また骨董盆の回で秀一が「50:50」という口癖を使っており、真純はその事をメアリーに話していました。

ひょっとして長男ではないか?ということがメアリーの頭の片隅にあったのなら、今回の戦いで秀一生存が確信に変わったのではないかと考察します。

コナン緋色の弾丸:メアリー世良のラストのセリフを考察!

メアリーはラストで沖矢昴の車に乗り込み、「おい小僧」と言ってピストルを突き付けています。

そのセリフにはどんな意味があったのでしょうか。

メアリー世良のラストのセリフとは?

メアリー世良のラストのセリフは、やはり赤井秀一だと知って話していると思いますね。

おいFBIの小僧。どこの誰だか知らんが貴様らのせいで我が国の要人に危害が及ぶところだった。

今回は幸運にも大事に至らなかったから見逃してやる。次はないと思え。

どこの誰か知らないのに沖矢昴がFBIだと知っているって、なにか不自然ですよね。

小僧の意味は息子へのメッセージだと考察

沖矢昴がFBIだとわかっている、ということは沖矢昴に戻る前の姿「赤井秀一」を見ているはず。

メアリーはジョン社長が救出されてから出番はありませんでした。

東海コンビナートで一戦交えたあと、沖矢昴が赤井秀一だと確信し様子を伺っていたとしか思えません。

どう見ても大人な沖矢昴に「小僧」と言ったのは、息子だと気付いてるよ、というメッセージだったのではないでしょうか。

ジョン社長を我が国の要人と言い、自分がMI6だと知らせることで、秀一なら母親だと気付くはず、と考えたのでしょう。

メアリーが立ち去ったあと、「小僧か」と言って笑ったシーンがありましたので、秀一はさっきまでいた人物がメアリーだと気付いたと思われます。

メアリーのラストのセリフは身元を明かせない家族のコミュニケーションだったのだと考察しました。

まとめ:コナン緋色の弾丸でメアリーは赤井に気付いた?ラストのセリフについても考察!

  • 赤井ファミリーはMI6やFBIという職業上、秘密が多い家族
  • 赤井秀一は骨董盆の回でメアリーが幼児化していることを予想した
  • メアリーは秀一は死亡していると思っていたが、戦ったことで沖矢昴が秀一だと気付いたと思われる
  • 緋色の弾丸のラストのセリフ「小僧」は母親から息子に対するメッセージだったと考察

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。