チャーリーとチョコレート工場子供たちの順番と末路は?最後についても解説!

チャーリーとチョコレート工場の主人公ウィリー・ウォンカは、今年5人の子供たちを工場に招待することを決めました。

世界中で販売されているウォンカのチョコレートの中に入っている金の招待状を引いたラッキーな子供が5人選ばれるのです。

5人の子どもたちは個性的な性格で問題児ばかり。

特別賞をもらう子供は誰なのか、他の子供の末路や最後はどうなったのか順番についても解説します。

チャーリーとチョコレート工場:子供たちの順番と末路は?

子供たちは驚くほどの問題児で、工場から帰る際には最初とは姿形が変わっている子供もいました。

順番は下記の通り。

順番名前特徴末路最後
1オーガスタス・グループ肉屋の息子でお菓子ばかり食べている。太った男の子。チョコレートの川に落ち、パイプに吸い上げられて脱落。全身チョコまみれになって出てくる。体についたチョコを舐めており懲りていない。
2バイオレット・ボーレガードママと一緒のジャージを着て一番や優勝にこだわっている。ガムを噛んでいる女の子。デザート味のところで鼻から紫色になり始める。体がどんどん膨らみジュース室行きになる。全身紫色になり、体が驚異的に柔らかくなるが気にしていない様子。
3ベル―カ・ソルト社長令嬢でわがまま。気に入った物は何でも手に入れようとする。リスに襲われ頭の中身がカラっぽだと選別され、ダストシュートに落とされる。父親と一緒に全身ゴミだらけで出てくるが、懲りずにガラスのエレベーターを欲しがっている。
4マイク・ティービー教師の息子で優秀な頭脳を持っている。計算で金の招待状を1回で当てた。テレビ室の転送機に自分が入り込み、体が小さくなって脱落。飴を伸ばす機械で体を伸ばされペラペラになって工場から出てくる。
5
チャーリー・バケット主人公の男の子。一番普通で優しい性格工場を継いでくれと言われるが、家族を選択し断る。ウィリーと家族同然の付き合いになり、共同で工場を経営するようになる。

1:オーガスタス・グループの末路

オーガスタスは最初にウィリー・ウォンカのいう事を聞かなかったぽっちゃり系の男の子です。

常に何かを食べていたい子で、人間の手が触れてはいけないというチョコの川を手ですくってしまいます。

誤って足をすべらせパイプで吸われることになってしまいました。

ところが、体の太さでパイプが詰まってしまい、フレーバー室へ連れて行かれます。

2:バイオレット・ボーレガードの末路

バイオレットは発明室で開発途中の不思議なガムを食べて、体に変化が起こってしまいます。

ウィリーが早く吐き出せと言うのに食べ続けてしまい、体が紫色になってしまいました。

それでも噛み続けたバイオレットは、ブルーベリーのように体が大きく丸く膨らんでしまいます。

試作品のガムは、1枚でフルコースが味わえるというガムで、デザートのブルーベリー味になると、体に変化を起こすのでした。

最初に注意されたときに止めていれば、青く、丸くならずに済んだのでした。

その後、ジュース室に連れていかれ、体内からジュースを抜き取る作業しています。

3:ベルーカ・ソルトの末路

ベル―カ・ソルトもわがまま放題な女の子。欲しいと思ったものがすぐに口に出てしまいます。

ベル―カが目を付けたのがナッツの選別作業用に訓練されたリス。

リスをペットに欲しいと言い出しました。もちろんリスは売り物ではありません。

ウィリーからリスを怒らせたらダメだよ、と言われるも作業場へ降りていき強引に連れて帰ろうとしますが、リスを怒らせてしまいます。

リスたちはベル―カを襲い、その中の1匹に頭を叩かれ「中身は空だ」と選別されます。

ウィリーの忠告を無視したベル―カの末路はリスたちに引きずられるようにダストシュートの中に放り込まれました。

4:マイク・ティービーの末路

マイク・ティービーは、父親が地理の教師をしている頭が良い男の子。

金の招待状をゲットしたのも、製造年月日や天候などから換算して当たりを引いたと言っているほどの頭脳が自慢で、ウィリーの言うことにいちいち口を挟んでいました。

マイクは最後の2人になったとき、ガラスのエレベーターでテレビ室を選択します。

テレビ室は実験室で、チョコレートをテレビの中に転送する実験を行っています。

世界中を驚かせるような実験にもかかわらず、公表しないウィリーをバカにして、マイクはついに自分が転送機に入ってしまいました。

転送機の影響でマイクは体が小さくなり元の体に戻れなくなり脱落。

そのまま父親と一緒に体を大きく出来るかもしれない飴伸ばし機のところへ行っています。

5:チャーリー・バケットが特別賞!

チャーリーとおじいちゃんは、最初からチョコレート工場の見学を楽しみにしていたこともあり、何事も問題を起こしていません。

他の子どもたちが次々と脱落したことで、最後の1人に残ったチャーリーは、豪華賞品として工場を継ぐ権利を与えられます。

ところが工場を継ぐには家族を捨てて1人で来いとのこと。

チャーリーは家族は捨てられないとして、ウィリーの申し出を断りました。

チャーリーとチョコレート工場:子供たちは最後どうなったのか

いろいろ問題があった子供たちですが、彼らは最後どうなったのでしょうか。

脱落組の子どもたちの最後

工場でトラブルを起こした子供たち4人は、それぞれ帰路につくことになります。

  • オーガスタス

全身チョコレートまみれになりながら、自分の体についたチョコを美味しいと言って舐めながら出てきます。

甘やかしていたお母さんも呆れていましたが、本人は懲りていないようでした。

  • バイオレット

バイオレットはジュース室で体の中からジュースを抜かれたこともあって、体の大きさは元にもどりました。

戻ったのは体の大きさだけで、全身の青色はそのまま。それに加えて体が柔らかくなっており、軟体動物のようになってしまったかのようでした。

バイオレットは柔らかくなった体を気に入っています。

  • ベル―カ

リスたちに放り込まれたダストシュートの先は、当日稼働していなかったため怪我はしませんでしたが、ゴミだらけの中に落ちたとあって親子とも全身ゴミだらけで出てきます。

ベル―カは全く懲りていない様子で、チャーリーが乗っているガラスのエレベーターが欲しいと父親にねだりますが、父親の様子からは今後何も買ってもらえないような感じです。

  • マイク

転送機で小さくなったマイクは体を元に戻すため飴伸ばし機に行きましたが、ただ伸ばしただけで、お父さんより大きな長身のペラペラな体になりました。

本人のセリフはなくただ歩いている様子が描かれているだけ。

チャーリーの最後

ウィリー・ウォンカの誘いを断ったチャーリーの前に、再びウィリーが現れます。

気分が沈んだときの対処方法を教えてもらいに来たのです。

チャーリーと一緒に父親のところへ行くことになったウィリーは、再会した父親の愛情を確認し和解しました。

チャーリーはウィリーからもう一度チョコレート工場を継いで欲しいと言われます。

家族も一緒なら、という条件付きで承諾したチャーリーは、その後ウィリーと一緒に新作の開発に取り組んでおり、仕事も家族も順調で幸せになっています。

まとめ:チャーリーとチョコレート工場子供たちの順番と末路は?最後についても解説!

チャーリーとチョコレート工場の子供たちの末路は、わがまま放題で散々な結果でした。

  • オーガスタス・・・・チョコレートまみれ
  • バイオレット・・・・体中が青くブルーベリーのようになる
  • ベル―カ・・・・リスを怒らせダストシュート行きでゴミまみれ
  • マイク・・・・転送機に勝手に入り体が小さくなる。飴伸ばし機で体を伸ばすがペラペラになってしまう
  • チャーリー・・・家族ごとウィリーに受け入れられてチョコレート工場を継ぐことになった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。