漫画オリエント魂の色や種類とは?刀気や能力についても解説!

漫画オリエントは人間界に突如現れた鬼を討伐するというストーリー。

討伐には武士が鬼殺刀という刀を使うのですが、鬼殺刀を使うには刀の試しに合格する必要があります。

刀の試しに合格すると、武士の体からは輝石の羽が出現します。

光り輝く石は「魂の色」といって武士によって違いバラバラです。

オリエントの魂の色や刀気、種類や能力についてまとめました。

オリエント:魂の色や種類とは?刀気や能力についても解説!

魂の色は刀の試しに合格すると武士の全身から輝石の羽が出現します。

刀の試しで魂の色がわかる

刀の試しに合格するというのは、鬼殺刀が主と認めた証。

沢山ある鬼殺刀から、自分でこれだと思う鬼殺刀を選びます。

人間が鬼殺刀を握ると鬼殺刀が中に入ってくる不思議な現象が起こり、何かが体中を駆け巡る感覚があるようです。

その際過去の出来事を見せられた、という体験者が多いようですね。

その後鬼殺刀は光り、武士の体からは輝石の羽が出現=合格となります。

鬼殺刀がその人間を持ち主と認めたということになります。

輝石から出た光がその人の魂の色になります。

魂の色は5色

武士の体から出ている輝石には、それぞれ色がついています。

魂の色は白・赤・緑・黄・青の5色あり、個人によって違います。

ちなみに小次郎は青で、武蔵は赤。

魂の色は生まれ持ったもので、努力どうこうで変えることは出来ません。小次郎の場合は一生魂の色は青となります。

黒の鉱石は忌人?

武蔵は刀の試しで黒の鉱石が出ました。

黒の鉱石が出る人は「忌人」という言い伝えがあり、ほとんどの人が見たことがありません。

忌人と言われる人間はどんな鬼殺刀にも嫌われ拒絶されてしまうと言われていました。

ですが!実は黒い鉱石を持つ者は、刀気の流れの支配者。

協力な磁石のように刀気を引き寄せたり、引き離すことができます。

この能力は特異であるため、使い方を知らない者は磁力の渦に翻弄され、鬼殺刀を使うことができないのです。

武蔵の場合、最初は鬼殺刀についても全くなんの知識もありませんでした。

黒の鉱石の扱い方など知るわけもなく、当然鬼殺刀を扱えなかったのでした。

オリエント:刀気や能力について

武士たちは鬼神を倒すため、団結して戦います。そのために必要なのが刀気です。

刀気は武士が生まれながらにして持つ「気」のこと。

刀気を繋いで鬼を倒す

鬼神を倒すために武士団で刀気をつなぎ、攻撃力の高い赤刀武士のところまで持っていきます。

攻撃力や破壊力が高いとはいえ、赤刀武士1人の力だけでは鬼神を倒すのはちょっとキビシイ。

5色にはそれぞれの役割や特徴があり、それぞれの能力を生かして鬼神退治ということになります。

魂の色特徴・能力主な武士
最強の色で日ノ本全土に2人しかいない。犬飼四郎の場合、空間移動を操るなど人知を超える技を使う。犬飼四郎・北条獅氏門
最強の破壊力を持つ。仲間達が集めた刀気を一気に放出できるため、鬼神にトドメを刺す役割が多い。武蔵・直江兼竜・島津秋弘
刀気をムチのように使い捕縛したり、盾のように使う。支援や防御。つぐみ・宇佐美黒子
刀気を使って支援を行う。刀気をまとわせることで身体強化が行える。サポート的な役割。上杉竜臣・犬川静六
武士団の約4割は青。
刀気の連携を担う事が多い。極めると森羅万象を操ることが出来る。
武田尚虎・鐘巻小次郎

例えば! 赤に刀気を渡すまでの経緯として

青が刀気を繋ぐ、鬼神からの攻撃を緑が捕縛、黄色が青をサポート、という形が一般的です。

赤の能力

赤の能力は攻撃力や破壊力が高いこと。

黄色や緑の支援があって、青が刀気を赤につなぎます。

赤は彼らから受け取った刀気を一気に放出させ、鬼の角を折ることができるのです。

攻撃力が高いということで、武士団に1人は欲しい人材になりますね。

青の能力

武士団に4割はいると言われる青の能力は、主に赤に刀気をつなぐこと。

刀気の扱いに長けており、刀気を細くすることで敵に気づかれないように攻撃を出すことができます。

熟練すれば鬼神のように炎や水を操ることができるようになります。

普通と言われる青刀武士に武田尚虎がいると、強くなれるかも、と励まされますね。

緑の能力

緑の能力は刀気をムチやロープのように使うことができます。

戦闘には向いておらず、サポート役のような感じですね。

ロープのように相手を捕まえたり、技が大きくなると鳥かごのようなのを作り、不審者や敵を捕獲します。

また障壁を作ってバリアのようなもので城内を守ることも可能。

黄の能力

刀気を変質させ、雷のように対象物を焼き尽くすような破壊力もあれば、上杉武士団の竜臣のように軍神闘衣で、戦場にいる仲間を守ることができます。

軍神闘衣をまとった武士は普通の人間の強さではなくなり、無敵の軍隊となるのです。

身体強化などは人体の自然治癒力を高め、戦場で死亡するのが防げる場合もあります。

白の能力

白の能力は日ノ本全土に2人しかいないと言われている希少な存在。

現在明らかになっているのは黒曜の八人からは犬飼四郎、武士からは北条獅氏門。

犬飼四郎の技を見ても、どこからか溶岩を呼びだしたり天地を逆にしたりと、人間とは思えない技です。

人知を超える技が白は使えるんだよ、と言われれば納得ですね。

5色の力を使いこなす黒刀

白刀武士の北条獅氏門は白以外の力を使いこなせます。

北条獅氏門が使っている刀は「黒刀」が鍵となっています。

黒刀の素材は最強の鬼神と言われている「黒鬼神」の身から削りだした鬼鉄から出来ています。

黒鬼神の鬼鉄は潜在能力を引き出してくれるらしく、北条獅氏門の場合は他の色の力が使えるということでした。

青刀武士にとっては相性が良いのだとか。

最強の鬼神から身を削るというのは、なかなか出来ることではないでしょうけど、強くなるためには刀もレベルアップしていかなければなりませんね!

まとめ:漫画オリエント魂の色や種類とは?刀気や能力についても解説!

  • 魂の色は鬼殺刀の柄を握った瞬間に、刀の試しが行われ合格すると武士の体から出る輝石の色
  • 魂の色は5色あり、それぞれに役割がある
  • 黒は忌人と言われていたが、特異な能力のため扱い方を知らないと黒い渦に翻弄されるだけ
  • 刀気は武士が生まれながらにして持つ気のことで、刀気をつないで鬼神を倒す

 

オリエントが安く読める!

漫画オリエントを最大50%オフで読めるサービスを紹介しています

オリエントの漫画が電子書籍で安く読める!最大50%オフのおすすめサイトも紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です